またしてもメディアの予報に振り回されて…

寝苦しい夜が明けて、朝まで雨が続くと言われていたから、7時近くまで床に入っていた亭主が起き出せば、もう女将がpekoの散歩に出掛けていたのです。暑くなったから椅子に敷いてあった敷物を外した居間の椅子に座って、今朝の段取りを考える亭主。東にそれた台風の影響もたいしたことがなくて好かったけれど、テレビのニュースではそういう報道はない。伝えなかったからと文句を言われるよりもと、より激しい状況を報道するのが最近の傾向なのです。

小さなお蕎麦屋さんは、そうした予報の影響をもろに受けるから怖いのです。雨が酷いとか風か強いとか、朝の段階で伝えられる情報で、近所に住む年老いたお客たちは、お袋様をはじめとして、今日は出掛けるのをよそうと考えるものらしい。玄関脇にある団扇サボテンは次々と新しいつぼみが開いて、今年はやけに元気が好い。蕎麦屋に出掛けて、ミニ菜園の野菜たちの様子を見れば、この雨風の中をしっかりと育っているから、殊更、頼もしく感じるのでした。

幟を立てて、チェーンポールを降ろしたら、蕎麦打ち室に入って今朝打つ蕎麦粉を計量する。室温は27℃、湿度は70%。今朝も加水率は39%で、蕎麦粉を捏ねていくのでした。少し柔らかくても、打ち粉をけちらずに力を抜いて伸していけば、十分に対応の出来る柔らかさなのです。水回しの時に「蕎麦粉が玉になって纏まったららいい具合」などと、よく言われるけれど、亭主の打つ蕎麦粉では、それは柔らかすぎて水が多すぎる。湿ってさらさらの状態が好い。

二十年も前の昔は、そんな蕎麦打ち教本の記事を読んで打っていたけれど、どうも水分が多すぎて上手くいかなかったのをよく覚えている。玄蕎麦の交じった黒い蕎麦粉は、少し水分が少ないような気がしたから、そんなこともあるのかと思っていたのですが、それ以来、綠がかった丸抜きの蕎麦粉のほうが喉越しが好いと感じて、他の蕎麦粉を使わなくなったのです。値段は高いけれど、やはり、好い蕎麦粉の方が打ちやすいし、食べて美味しい気がするのです。

今朝も切りべら28本で130g 越えの束に仕上げて、まずまずの出来栄え。どうして「まずまず」なのかと言うと、また細かな話になるけれど、どうしても少しは伸しむらが出来るから、薄い生地の部分では、もう一回包丁を入れているのです。39%の加水で、生地が柔らかければ柔らかいなりに、まんべんなく伸しているつもりでも、生地の真ん中の部分が薄くなる傾向があるようなのです。目で見ても判らない程度の違いでも、切りべらは正直だから、本数が違ってくる。

野菜サラダの具材を刻んで、葱切りを済ませたら、デザートは昨日作った黒豆大福が残っているし、蕎麦豆腐もあるから、時間に余裕ができた。写真入りでメニューの更新をしたので、豚のハラミを解凍して切り分けたら、串に刺して容器に入れて真空フリージング。酒類には、普段、家で亭主が寝酒に飲んでいる芋焼酎のライム炭酸割りを加えて、夏場に備える。蕎麦焼酎の炭酸割りは、癖が強くて飲めたものではないから、蕎麦湯割りかロックで提供することに。

台風一過の外は蒸し風呂のような暑さで、時折、陽が差す陽気でした。今日は荒れた天気だという朝の天気予報の影響が心配されたけれど、昼を過ぎたら、ぼちぼちとお客がご来店なのでした。カウンターに座ってせいろの大盛りを注文する男性や、歩いていらっしゃったご近所の小母さん連中が、賑やかに話をしている店内に、流れるBGMはシャンソンだったけれど、皆さん常連の方ばかり。今週は天候のせいか、いつもの週の平日の半分のお客様なのでした。

風もなく、ただ蒸し暑いだけの一日で、午後には晴れ間が戻った台風一過。女将がスポーツクラブに出掛けた後で、亭主もプールで泳ぐ遅い午後なのでした。子どもたちのスイミング教室の隣で、どういうわけか「ゆっくりと泳ぐコース」は初心者らしい人たちが泳いでいたけれど、本来の初心者コースには誰も泳いでいないので、のんびりと四種目を泳ぎ続ける亭主なのでした。家に戻って買い物を置いたら、蕎麦屋に行って、明日の仕込みをしておくことを忘れない。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.