台風前夜の空模様…

暑くて目が覚めた朝でした。朝食後に女将の入れてくれた珈琲を飲み終えたら、洗面を済ませて蕎麦屋に出掛ける亭主。曇り空と天気予報では言っていたのに、青空が覗いて陽が差しているのです。気象庁の台風情報の図では、熱帯低気圧a が、近づいていると言うから、これが風速17m を越えて、台風3号になるのかも知れない。実の大きくなってきたミニ菜園の茄子や胡瓜に被害がなければ好いけれど。今日一日の天候が、もつのかどうかも心配なのでした。

木曜日は、例によって定休日明けの蕎麦の二回打ち。蕎麦打ち室の温度は朝から28℃もあるから、店のエアコンを強めにして入れておくのでした。湿度は50%と感じているよりは湿っていないから不思議なのです。それでも昨日からの反省で、加水率は39%以下には下げないことにして、しっとりとした生地を捏ねて、菊練りを済ませたら蕎麦玉を作ってビーニール袋に入れて、これをもう一回繰り返し、二玉ともしばらく寝かせておくのです。その間に葱切りをする。

胡瓜の蔓が伸びた奥の座敷の窓からは、青空を雲が速い速度で通りすぎていくから、この晴れ間も、そういつまでもはもたないかも知れない。このまま暖かければお客は来るだろうけれど、風が強くなればそれも判らないのです。どちらにしても、開店前の仕込みはしっかりとしておかなければならないからと、蕎麦打ち室に戻って伸しに入るのでした。39%の加水だと、伸し棒にそれほど力を入れる必要もないけれど、いつの間にか汗だくなっている亭主なのです。

切りべらは29本で130g 越え。二箱の生舟に打ち終えた蕎麦の束を並べて、打ち台の掃除にかかる。エプロンは玄関から外に出て、粉を払っておく。外は思ったよりも暑く、湿気もあるのでした。やはり、台風の前日とあって、生暖かい風が強くなってきたのです。黒豆大福を包んだら、野菜サラダの具材を刻んで、糠床に漬けてあった茄子と胡瓜を取り出して、小鉢に盛り付けておく。大根とイカの煮物に絹さやを添えて、涼し気にしてみたが、出す機会があるのか。

心配をよそに、暖簾を出すと直ぐに常連さんが歩いていらっした。続けて隣町の常連さんも車でやって来て、皆さんいつもと同じ注文です。いつも辛味大根のおろし蕎麦を食べるお客が、また、額から汗を吹き出して、「これは辛い」と、真っ赤な顔をして蕎麦を啜っている。自家製の辛味大根は先月で終わったので、今月は蕎麦を頼んでいる農場のものを幾つか注文してみたのですが、さすがに辛いからどうかと思っていたら、次のお客も単品で注文なさったのです。

カウンターの先のお客は、テーブル席のお客が辛味大根を食べる様子をひと目見ようと、振り返って見ているから面白い。ところが、親子丼セットを頼まれたリピーターさんは、ご飯に辛味大根を添えて食べている。「辛くないですか」と言えば、「美味しいですよ」と返事が返ってくる。やはり、辛さを感じる感覚には個人差があるのだろうか。冬の寒い時期ならいざ知らず、この暑さの中で火の出るような辛さはちょっと。「あまり辛いと胃がひっくり返るよ」と、他のお客様。

時計が1時を回った頃に、女性のリピーターさんが一人でいらっして、親子丼セットののご注文。定休日の間に親子丼の具材を煮ておいて好かった。そう言えば、珍しく、今日初めての女性客だったのです。ヘルシーランチセットも出たし、野菜サラダの単品での注文もあったりで、用意した食材が売れていくのは嬉しいもの。ご飯も味噌汁も幾つか出て、作った甲斐があるというものです。片付けを終えたらスタッフを帰して、亭主は業者が食材を持ってくるのを待つ。

あまり遅いから電話をして見ようかと思っているところに連絡が入って、4時前になると言うから一度家に戻って一休み。時間に遅れないようにと再び蕎麦屋に出掛ければ、4時を過ぎても姿を現さない。珈琲を入れて飲みながら、冷凍庫に残り少なくなった焼売の仕込みにかかる亭主。豚の挽肉400g に玉葱一個と生姜30g 、卵、酒、醤油、砂糖、胡麻油、オイスターソースをを出して玉葱を刻み始めたら、業者の車が到着。時計を見たら4時半を回っていたのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.