昨日よりも空が青く、気温も高いから…

昨日、女将に、明日は朝顔の誘引の麻縄を張ってやるよと言ったものだから、今朝は朝食後に8本の麻縄をウッドデッキの軒下に垂らしたのです。ポット一つに苗を二つずつ植えたから、これで夏場に涼しい風景が出来るのかと思うと、わずか15分ぐらいの手間は何でもないのです。毎年、飽きもせずに朝顔の種を採って、次の年にまた植えて芽を出させる女将の根気にも敬意を表さなければ。今年はどんな花を咲かせてくれるのか、今からとても楽しみなのです。

天気予報の通りに、今朝は昨日の朝よりは暖かかったのです。梅雨を忘れさせるような青空の広がるみずき通りを渡ったら、蕎麦屋はもう目と鼻の先。営業日ではないのが残念でならない亭主。今朝の段取りは昨日の夜からシュミレーションしていたから、午前中に厨房の床の掃除とグリストラップの掃除をすると決めていました。珈琲を一杯飲みながら床のクリーナーの注意書きを読んで、今度は実際の準備に取りかかるのです。説明書き通りでは上手くいかない。

胡麻油の缶と漉し器と消化器をどかしたら、まずは、油の缶の上下に被せてある段ボールの箱を付け替える。蕎麦粉の配送に使っている薄めの箱を取っておいて、カッターで油の缶の大きさにしたら、ガムテープで四方を固定する。布巾類の古くなったものをかき集めて、床に敷いて膝を就く場所を確保。一応、ゴム手袋ははめて、クリーナーの液を100倍に薄めてと書いてあるけれど、それでは頑固な油汚れは落ちないのです。原液を撒いてタワシで擦ること30分。

ピカピカになった床に感激。もっと頻繁に掃除できれば完璧だけれど、何時も女将が口癖のように言っているように、完璧を目指すと疲れすぎるのです。次は、厨房のドアの外にあるグリストラップの掃除。確か春先に一度掃除しただけだから、どれだけ汚れているかと思ったら、徹底して油を拭き取ってから洗っているせいか、ほとんど汚れていないから嬉しかった。それでも、壁に付いた油の塊を洗剤で落として、ビニール袋に回収し、沢山のお湯を流して終わり。

女将がスポーツクラブから帰るまでにはまだ時間があったから、ミニ菜園の野菜たちに水遣りをして、病気や虫に食われた葉っぱを切り取っておく。ナスがもう収穫できそうで、胡瓜はまだ成長の途中。瓜葉虫の被害も乗り越えた様子。今年初めて植えた大型の品種のピーマンだけが、葉に虫食いの跡が沢山あった。こうした原因と対策の研究がまだ足りていないから、時間のある今夜は、少し調べて見ようと思うのでした。昼になるに従って次第に暑くなる陽気です。

ご近所のノウゼンガスラが夏の前に花を沢山付けていました。それだけ暖かいと言うことなのでしょうか。一度スイッチが入ったら、どうにも止めようがないのが自然の流れです。女将の帰る時間に合わせて、亭主は大鍋に湯を沸かし、大根をおろしてタンパク質にと豚肉を茹でておくのです。昼は二人でぶっかけ蕎麦を食べる。これで月曜日に残った蕎麦が全部なくなったのです。洗い物が少ないからか、女将も文句を言わずに食べてくれたので、申し訳ないと思う。

朝は早くか起きるけれども、食後に昼寝をするのが定休日の亭主の日常だから、今日も ゆっくりと横になって一休み。女将は「行って来ます」と美容院に出掛けて行く。誰も起こしてくれる人がいないけれど、昼の仮眠は1時間で目が覚める。まだ早いからと居間でテレビ映画を見始めたら、前にも見たことのある中国映画なのに、テンポの速い映像と単純なストーリーとについ惹かれてしまったのです。結局、最後まで見終えて、3時過ぎにプールに行く準備をする。

蕎麦屋に寄って明日の仕込みを始めたら、次々と思ったよりも沢山の仕事があったから、今日はプールは断念するしかないのでした。パイナップルと焼売を作るワンタンの皮を買っていなかったので、駅前のスーパーに出掛けて仕入れてくる。ついでに家で食べる魚類と、酒や煙草を買って、夕食の支度を始めた女将の元に戻るのでした。夕飯は、月曜日に残った蕎麦屋の食材を、今日になってやっと食べ終えました。文句の一つも言わずに付き合う女将に感謝…。

This entry was posted in ミニ菜園, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.