雲の多い空から真夏の陽射しが…

昨日は夕刻にプールに出掛けて、いつものように四種目を100m単位で泳ぎ切る。速く泳ぐセンターコースに他に人がいなかったから、つい力を入れて速く泳いでしまったけれど、やはり途中で息が苦しくなって、最後のクロールでは左右交互の呼吸がちょっと乱れた。ラスト25m はスカーリングで、その後は、フォーム矯正のために、ドルフィンキックで左右交互のストローク。お蔭で、夜はぐっすりと眠れたから、今朝は4時半起床で、蕎麦屋に出汁を取りに出掛ける。

出汁取りの釜に火を入れたら、珈琲を沸かして北の森から朝日が昇るのを眺めながら一服。今日の段取りを考えながら、1時間かけて、天つゆを仕込み、蕎麦汁を徳利に詰め、容器に入れた水で冷やして置いたストック用の一番出汁と二番出汁を冷蔵庫に入れて、鍋類を洗い始めるのです。要領よく動いても、この時間は縮まらないから、寝起きの隙間時間を有効に利用したのです。家に戻って今度はpekoの散歩に出掛け、朝食は蕎麦を茹でて一人で食べます。

早く起きても、今朝は二度寝をせずに蕎麦屋に出掛け、お袋様に届ける蕎麦と賞味期限の近づいたビールを持ってマンションの階段を登る。店頭に並ぶ品物が新鮮なものでないと、製造年月日が古いから、当然、賞味期限は早くなるのですが、今日は夏に向けて、冷蔵庫の古いビールや酒や焼酎などの酒類を一新しようと、ひと踏ん張りなのです。何時もの仕入れの時間よりも少し早かったので、今朝は農産物直売所から先に回って、新鮮な野菜を仕入れてくる。

ナスや胡瓜やピーマンもスーパーよりは少し値が張るけれど、この間、スーパーで買った茄子は古くて、一週間も経たないうちに腐ってきたから、その反省です。農産物直売所ならば、その日の朝に農家の人たちが運んで来るから、古くても昨日採った野菜なのです。今朝は蕎麦屋の常連さんの農家の奥さんも野菜を運んで来ていて、「この間のインゲンは、美味しかったとお客にも好評でした」と言えば、「今日は持って来なかったんだよ」と、他の農家の物を勧める。

お互いの顔を見合って野菜の美味しさを伝え合えるのは、地元ならではの好さなのです。開店直後のスーパーに向かって、お袋様と二人でそれぞれ食材を仕入れるのでした。蕎麦屋に戻って野菜を冷蔵庫に収納したら、亭主は月末の予定通り、隣町の床屋で頭を刈ってもらいに出掛ける。昼は女将と二人で蕎麦を茹でて食べ、午後はスタッフの給与を引き出しに、月に一度の銀行通い。帰りに新しい酒屋でビールをケースで仕入れ、蕎麦屋に運んでおくのです。

雲の多い空からは、真夏の太陽がぎらぎらと熱い陽射しを投げかけるのでした。車外温度は29℃と、昨日までの雨と涼しさが嘘のようなのです。家で少しだけ休憩をしたら、夕刻の今日四度目の蕎麦屋に、今度は歩いて出掛けて行く亭主。朝から車での移動ばかりだったから、少しは身体を動かさないと夜が眠れないといけない。スポーツクラブもお稽古も休みだった女将も、外耳炎のpekoの通院やら買い物などで、いつもながら結構歩いているから大したもの。

朝のうちに仕入れた鶏肉を切り分けて、このところコンスタントに出ている親子丼の具材を煮込んでおきます。一度に仕込めるのは、鶏肉のもも肉ひとパックで約5人分。玉葱と煮込んで出汁醤油で味付けをします。その間に、米粒を入れて大根を下茹でして、十分に煮えるまでに、今朝買ったスルメイカを捌いておくのです。大きめのイカだから、足と頭は切り取って茹でたら、今夜の酒の肴。皮を剥いて隠し包丁を入れて、大根と一緒に出汁醤油で煮込みます。

昨日の洗濯物を干して、洗い物を終えたところで時計は5時半を回っていました。夕刻になるに従って青空が広がってきたから、明日は今日よりも暑くなりそうなのでした。晴れた夕べは暗くなるのも遅い。5時半には家に戻ると言ってあったから、女将が台所で今夜の酒の肴にと、豚のハラミの串焼きを焼いていてくれました。店で古くなった酒をワイングラスに注いだら、蕎麦屋の新しいメニュー作りのために、また串焼きのワンショットの撮影。今夜も仕事です。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.