涼しい梅雨の一日…

チュルルーチュルルーと鳴き声が聞こえるのは、どうやらこの時期、ホトトギスらしいのです。鳩よりは小さいけれど、椋鳥やヒヨドリに比べると大型の鳥。今朝も蕎麦屋の前の電線に止まってしきりに鳴いていました。家の近所などでは、つがいでいるときもあるけれど、なかなか近くで写真には撮れない。今朝は寝不足のまま蕎麦屋に出掛けて、日曜日だからととにかく蕎麦を打つ亭主。寝付かれぬpekoに付き合って、居間と寝室を行き来した夕べなのでした。

眠たいから吠えるのだろうけれど、居間でテレビを見てから、ゆっくりと眠りに就きたい亭主の気持ちを、判れと言っても難しいのが、どちらも老境を彷徨う犬と人間の生活。一度一緒に床に入ってやると瞬く間に爆睡し始めるから、やれやれなのですが、今度はこちらが眠れなくなるのです。今朝の生活も蕎麦打ち室の気温は23℃と、最近にしてはやけに涼しかったのですが、それでも湿度が70%だから、加水率は昨日と同じ37%で蕎麦粉を捏ね始めるのでした。

水加減は絶妙の塩梅で、切りべ27本で130g とイメージ通りの出来でした。首尾好く蕎麦打ちをこなして、ひと束130g オーバーを8束仕上げ、昨日の残りと合わせて16食分が今日の昼の蕎麦。朝から曇って涼しいこの陽気では、温かい汁の蕎麦は出ても、15食は到底出る見込みがない。丼物が出たら…、鴨せいろが出たら…と様々なメニューの注文に応じるシュミレーションをして、何は何処にあるのか確認しながら、糠漬けを取り出して小鉢に盛り付けるのです。

今週は、用意した小鉢が多すぎて、最後には余るという先週の反省を踏まえて、小鉢をあまり多く作らなかったのですが、定番の料理ばかりではやはり面白くないのが、老調理師の悩み。予約制で、お任せメニューの店ならば、今日はこんな食材が手に入ったからと、毎日、違った作る楽しみ方を味わえるのでしょうが、今は出来るだけ多くの常連さんを作る時期だから、まだまだ、そんな我が儘も言っていられない。でも、ひとつの方向性として残しておいてもいい。

野菜サラダの具材を刻み始める前に、今朝は黒豆大福を包んでおくことにしました。35gの漉し餡に対して、100g の白玉粉を110g の氷糖蜜と100g の水を入れて、白玉粉が水分に馴染むまで、奥の座敷で休憩するのです。蕎麦打ちが一回だけだから、このゆとりがあるのが嬉しい。女性のお客が多いと、意外とよく出るデザートだから、今朝も熱々の求肥で6個の黒豆大福を包むのでした。店の中はエアコンをドライに設定して、爽やかな空気を作るよう心がける。

BGMに流している音楽は、古い時代のシャンソンのセレクション。どうも、最近の亭主は、アップテンポのボサノバの曲や、小野リサの日本語のカバー曲よりも、このスローモードが好きなのです。こればかりは、来店するお客とのマッチングが難しいだろうけれど、音量を下げて静かに流れるようにしているのです。野菜サラダを盛り付けて、暖簾を出したら、今日は日曜日なのに随分と早くから、駐車場に車が入ってくるのでした。女性のお客が多いのが特徴か。

ヘルシーランチセットが随分と早くから売り切れて、サラダも蕎麦豆腐もデザートも、どんどんなくなっていくから嬉しい限り。お客がデザートを食べた処で、「黒豆大福、甘すぎませんか」と亭主が尋ねれば、「甘くなくてはね」と、やはり甘党の女性陣なのでした。「随分と柔らかいわね」と言われて、「昼に作ったばかりです」と言えば、「えっ、ご自分で作るんですか」と言われて、また会話が弾むのです。常連さんとリピーターさんとご新規のお客さんが入り交じる午後。

お客の来ない間を縫って、亭主はぶっかけで賄い蕎麦を食べておく。閉店時間までに、上手い具合にお客もいなくなって、女将と二人で昼の片付けを終えるのでした。早めに家に戻れたから、今日はゆっくりと昼寝を決め込む亭主なのでした。ゆっくりと目覚めて紅茶を一杯飲んだところで、再び蕎麦屋へ出掛けていくのです。夜も、インゲンの胡麻和えを仕込み、蕎麦徳利に蕎麦汁を詰めて、明日の仕込みをしながら客を待てば、通りかがりの男性客がいらっしゃる。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.