やはりまた梅雨に逆戻り…

今年は玄関脇の団扇サボテンがやけに沢山の花を咲かせている。「棘ばかりで嫌だったけれど」とは女将の言葉で、自分の稽古場から、黄色い花が陽を浴びるのを見るのが楽しみの様子なのでした。今朝も上手く起きられなかった亭主は、女将の朝ドラが始まる前に、やっと朝食を食べ終えて、蕎麦屋へ出掛けて珈琲を飲む。西の空から青空が垣間見えたけれど、日中はやはり雨が降り続いていました。これが梅雨の本性かというくらい激しく振ったり、止んだり。

陽が出ている日よりも、今日のような雨の日の方が、蕎麦屋の玄関脇の紫陽花も色が鮮やかなのでした。なぜ、この青さに惹かれるのでしょうか、遠い昔の記憶なのか、それとも、こよなく愛した海の青さなのだろうか。時折とても強くなる雨と、その上、風まで出て来て、天気予報も何時の間にか変わっているらしかったのです。亭主が蕎麦を打っていたら、女将がちょうど雨が酷くなったときに手伝いにやって来た。予報を信じて干した洗濯物を干し直したらしかった。

蕎麦打ち室の気温は26℃、湿度は70%と、昨日の朝と同じだったから、今朝は、思い切って37%前半まで加水率を下げてみました。最初は少し硬いけれど、捏ねていくうちに段々と生地に粘りが出てくる。生地の柔らかさ加減がちょうど好い時には、丸出しをした後の四つ出しをする時にも角が潰れないから嬉しい。角が潰れないと生地の厚さを均等にする本伸しでも、かなり楽なのです。切りべら28本で130gオーバーの束にして、今朝も8束仕上げたら終わりです。

昨日の蕎麦がまだ生舟に一箱残っていたから、16食分の蕎麦は用意できた計算。万が一、昼で蕎麦が足りなくなれば、追い打ちを掛ける覚悟だったけれど、今日のこの天気では、お客は多くなりそうになかったのです。葱切りを済ませ、野菜サラダの具材を刻んで、11時前には開店の準備が終わるのでした。早お昼を食べに帰った女将が戻って、大根を卸してくれたから、亭主は山葵と大根でぶっかけ蕎麦を食べておく。毎日食べても蕎麦は飽きないから不思議。

暖簾を出しても、昼過ぎまではひとっこ一人お客は来ない。この雨と風だから当然と言えば当然で、女将と二人で世間話をしている亭主なのです。二人の知っている世間は狭いから、話の種は直ぐに尽きてしまう。「暇だねえ~」と言っているところに、お客の車が駐車場に入ってくるのでした。亭主は油鍋に火を入れて、大釜の火を沸騰させる。女将は客の人数を確認してお茶を出す準備を始める。どうやらご新規のご夫婦らしく、天せいろとせいろの大盛りのご注文。

雨模様の天気もさることながら、やはり休日だから、お客の出足も遅いと見えて、それからぽつりぽつりとお客はいらっしたのです。とっくに1時を過ぎた時分だったから、小鉢のお新香はサービスで皆さんにお出しする。漬けものも三日目は出さないというのが店の信条だから、何時もサービスできるわけではないけれど、皆さん、残さずに食べてくださったから好かった。常連さんの髭の親爺様もみえて、カウンターの何時もの席で何時もの天せいろをご注文でした。

女性二人連れのお客は蕎麦を食べ終えてから、デザートのご注文。フルーツの寒天寄せを食べたかったらしいけれど、「日替わりなので今日は黒豆大福なのですよ」と言えば、お二人で召し上がる。「お店で作っているのですか?」と尋ねるものだから、またしても亭主が長々と余計な説明をするのでした。調理師学校の先生に習ったと言う言葉に反応して、娘さんが高校卒業後の進路に考えているという話になったら、いろいろな説明をして、入学を勧めるのでした。

結局、土砂降りの雨が収まる閉店間際までいらっして、満足そうにお帰りになったから好かった。女将と二人で家に帰る頃にはもう雨も上がって、夕刻には陽も差す有様。夜の営業までしばらく横になってひと眠りする亭主。雨が酷かったから、車で蕎麦屋まで出掛けて、来そうにない客を待ちながら、明日の仕込みをしておくのです。豚のハラミを串刺しにして、糠味噌に胡瓜と蕪を漬けておく。「消した消した、絶対に消した」と火元の確認をして、残り物を持って帰宅。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.