今日は暑すぎて…

あまり疲れすぎても眠れないということがあるのでしょうか。朝の5時に目覚めて、5時半にはpekoを連れて蕎麦屋に出掛ける亭主。昨日は昼の片付け物が終わらないうちに、夜までまたお客があったので、大鍋も洗っていなかったし、やることが沢山あったのでした。6時半になったら早朝の仕事を切り上げてやっと家に戻るのです。女将の炊く炊飯器のタイマーが7時にセットされていたから、まだ朝食にはありつけないと、珈琲を入れて居間で寛ぐひとときです。

お客が多ければ売り上げも伸びるし、夜もお客が来てくれるのなら、営業的には言うことなしの筈ですが、すべて一人で準備をする亭主にとっては、週末の二日間だけが限度なのです。昨日も朝晩と三回も蕎麦を打ったから、蕎麦がどんどんなくなるのは嬉しいのだけれど、年老いた亭主の元気も少しずつ萎えてくる。食欲のない朝食時も無理矢理口に入れて、昼に備えようとするだけで、やはり若さが足りない。夜の寝酒がいけないのだろうかと考えることも…。

梅雨の晴れ間が続くものだから、今朝も清々しい青空が広がっていました。しかし、再び蕎麦屋に向かう亭主の足取りは重く、幟を立ててチェーンポールを降ろしたら、とにかく蕎麦を打たなくてはと、蕎麦粉を計量して捏ね始める。蕎麦玉をでっち上げたら、夕べ漬けておいた糠味床からキュウリとカブを取り出して、小鉢に盛り付けておく。湿気がなさそうな陽気だから、奥の座敷の窓を開け放って風を入れておくのです。蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めて今日は15食分。

天麩羅の具材はあと六人分。とろろ芋は昨日の夜でなくなっていた。夜中に仕入れに出掛けようかと思ったけれど、月曜日はお客も少ないだろうと、無駄な買い物はしないことにする。定休日前日に沢山用意しても、お客が来なければ食材が古くなるばかりで、リスクが大きすぎるのです。蕎麦打ちは38%の加水できっちりと好い仕上がり。これが今週一週間の一番の成果かも知れない。切りべら27本で、夕べ追い打ちを掛けた蕎麦の残りと合わせて14食を用意。

週末を休んでいたスタッフが、元気に「お早うございます」とやって来る。週末をこなした家の女将も、随分と疲れただろうという思いが頭をよぎるのでした。今朝は野菜サラダの具材を刻んで、黒豆大福を包んだら開店前の仕込みは終わり。11時過ぎにはすべての準備が整ったけれど、この天気だから、どれだけお客が来るか判らないので、ここで賄い蕎麦を食べてしまうわけにはいかないのでした。果たして、定刻に暖簾を出したら次々ともうお客がいらっしゃる。

カウンターに座った墨染め姿の男性の一人客は、いきなり「とろろ蕎麦と野菜サラダ」のご注文だったけれど、とろろが切れているからと丁重にお詫びをして、おろし蕎麦に替えて頂いた。次の男性客は、ご新規のお客のようでしたが、やはりカウンターに座ってぶっかけ蕎麦のご注文なのでした。結局、具材の不足を心配していた天せいろは一つも出ずに、作ったばかりの黒豆大福も空振り。お客の来ない時間帯を見計らって、スタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べる。

エアコンを効かせてあっても店の中は相当な暑さで、外はかなりの気温だろうと思った。ラストオーダーの時間を過ぎたら、幟を降ろして、暖簾をしまう。暑すぎてもやはりお客は少ない。混みすぎた昨日の反動で、今日は暇すぎて困った。天麩羅の具材をすべて揚げて、仕入れると出なくなる稚鮎やメゴチも混ぜて、豪華な夜のおかずが出来上がる。スポーツクラブから帰った女将が、今日の残り物を取りに来てくれて、「もう暑くて大変だ」と言うから相当な暑さです。

2時半過ぎに片付け物を終えてスタッフと店を出る。ジリジリと照りつける陽射しは、まるで真夏のそれなのでした。書斎でパソコンに今日のデータを入力したら、なぜかまたひと眠りしてしまう。これではいけないと、5時前に起き出してプールへ出掛ける。今日はセンターコースで、マスターズの選手らしい中年の女性と一緒になって二人で四種目を泳いだ。帰りがけに駐車場への道で、向こうから挨拶をする妙齢の女性がいたから、見れば蕎麦屋のお客さんでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.