まだ続くか梅雨の中休み…

外が明るいからと、今朝は午前4時に起床の亭主。さすがにまだ日の出前なのでした。ぐっすりと眠れたらしく、寝床に未練がなかったから、蕎麦屋に行って出汁取りの準備をしておこうと玄関を出る。居間のpekoは扉を開けたゲージの中で静かに寝息を立てていました。ひんやりとした戸外は心地よく、ついでに子ども会の廃品回収の日だから段ボールを運んでこようと、車を出すのでした。鍋に水を張って昆布と干し椎茸を浸けたら、家に戻ってもまだ5時前…。

早めにこの支度を終えていれば、9時からお袋様と仕入に出かけて、女将を昼過ぎに稽古に送る前に、出汁取りの作業が終わるのです。女将の起き出す前にpekoの散歩に出掛け、昨日、店で残った蕎麦を茹でて一人朝食を食べる。腹一杯になったら、急に眠気が戻って、また寝床に入るのでした。女将は朝のヨーガの最中だから、これで今朝も平和というもの。9時前に目覚めてまた車を走らせる。空は雲が多かったけれど、今日も陽射しが強い朝なのでした。

隣町のスーパーでは、まだ品物が並べ終わっていないらしく、生椎茸やパプリカもいつもの場所には見当たらなかった。どこかの奥さんが店員に「今日はオクラはないの?」と尋ねている。「入荷待ちなんですよ」と言う応えなのでした。仕方がないから、その足で農産物直売所に寄って、オクラの代わりにインゲンを買って帰る。その他の足りない食材は、女将を送った時に、西の町のスーパーで手に入れようと、お袋様をマンションまで送ってまた蕎麦屋に戻るのです。

袋に一杯買って帰った野菜類を冷蔵庫に収納したら、早朝の計画通り、6時間水に浸けておいた昆布と干し椎茸で、出汁取りの作業を開始するのでした。一番出汁を取ったら返しと合わせて蕎麦汁を仕込み、二番出汁を取ったら天つゆを仕込む。一番出汁の残った出汁は、出汁巻き卵用で、二番出汁の残った出汁は味噌汁用。火を入れた鍋はそれぞれ水で冷やして、蕎麦汁は蕎麦徳利に詰めて蓋をする。ここまでの作業には、どうしても1時間はかかるのです。

いつもなら、定休日の二日目に作る蕎麦汁だけれど、明日は午後から年に一度の食品衛生の講習会に参加しなければならないし、夜は夜で防犯パトロールだから時間に追われるのです。昼に家に戻って女将と二人でまた蕎麦を茹でて食べ、お師匠さんの稽古場まで国道をひた走るのでした。朝よりも大きな雲がどんどん増えて車外温度は29℃を越えていたから、大気は不安定なのか。昔なら職場への通勤の距離だけれど、今は同じ距離が随分と遠く感じる。

帰り道に西の町のホームセンターに寄って台所の消毒液やトイレットペーパー、ティッシュなどを買い、隣のスーパーでパプリカや生椎茸を物色したけれど、こちらもあまり品物がない。奥にいた店員さんに尋ねてみれば、「明日が定休日なので仕入れをストップしているのですよ」と、向こうもやはり商売。三軒目は何処を回れば好いだろうかと、車を走らせながら考える。今朝行った隣町のスーパーに行ってまだ品物がなかったり、物が好くなかったりしても困るし…。

結局、団地の中にある大型ショッピングモールの駐車場に車を停めて、生鮮野菜のコーナーを見て回る。さすがに大型店だから、品揃えは好かったけれど、ひとパック50円~70円も高いので、沢山仕入れる時には出費がかさむのです。幸い、生椎茸は新鮮なものが揃っていたので、背に腹は替えられないと買って帰るのでした。平日でも結構な人出だから、世の中には値段を気にせず買い物をする人たちもいるのだと驚くばかり。午後は残り少ない返しを仕込む。

こちらもまた小一時間の作業で、5㍑の大鍋に一杯仕込んだから、これで二週間は持つ計算です。4月に1ダースも注文した減塩醤油を使い切ったから、また発注しなければならない。普通の醤油の倍以上もする値段だから、お客が増えたことで、収益にどの程度の影響が出るのか。日々の忙しさに紛れて個々の仕入れの点検を怠ると、明るい未来は見えてこない。ミニ菜園の野菜に水遣りを終えたところで、女将から迎えの電話が入った。曇った国道をひた走る。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 経営. Bookmark the permalink.