梅雨の名残りは…

久しぶりに女将のお稽古のない火曜日は、ゆっくりと朝食を食べ終えて、庭木の剪定を始めたら雨が降り出してきました。雨を口実に途中で作業を止めて、隣町の床屋の親爺様を訪ねる亭主。月末の火曜は休まずに必ず店を開けているから、客のいない朝から出掛けて行くのが密かな愉しみなのです。昨日の定休日に終日屋根に登って雨樋の修理をしたという親爺様は、全身が筋肉痛の様子。70歳を越えたはずなのに、まだまだ元気だから見習わなくては。

帰り道に蕎麦屋へ寄って庭の野菜に水を遣れば、キュウリやオクラなどの野菜がまた大きくなっている。綠色の葉に隠れているから、よく見ずに採り忘れると大変なことになるのです。店が営業中の時には蕎麦屋で使うのですが、定休日はすべて家に持ち帰って女将を喜ばせる。一日で10cmも伸びるのだとは、キュウリを育てた者にしか分からない凄さ。薹の立ったオクラも固くて食べづらいから、毎日、ちゃんと見ていてやらないと美味しい時を逃してしまうのです。

昼は蕎麦屋に置いてある賞味期限切れのうどんと、先週出し切れなかったネギや椎茸と冷凍の鴨肉を家に持ち帰って、女将と二人で鴨鍋うどん。今日は稽古のない女将もリラックスしているから、亭主も蕎麦屋へは仕事に出掛けずに、午後から駅前の巨大ショッピングモールを探検しに出掛けることにしました。平日だというのに駐車場は満杯で、6階にあたる屋上駐車場まで車で登らなければならないから、一体、どれほどのお客が押し寄せているのだろうと思う。

西の棟から東の棟まで500m近くの距離があるから、空中連絡通路を渡って、店内をぶらぶらと回って歩いただけで1時間近くもかかったのでした。ふと目に留まったのがベビー用品の店の広さと品物の種類の多さ。そして、ペットショップの内容の豊富さ。初めて見るパグ専用の餌のコーナーで、思わず「これを買って帰ろう」と意見が合うのでした。平日の午後だというのにフードコートには人が一杯で、広い通路や店内の至るところに椅子やソファーがあるのです。

よく考えてみれば、若い女性と年寄り夫婦、それに夏休みになった子どもたちばかりなのだけれど、団地の中に住む人だけではこれほどの人数にはならないから、近隣から車でやって来るお客に違いありません。魚屋や八百屋も何軒かあって、ちょっと何かを買うには車を停めるにも大変だけれど、半日がかりで買い物に来れば何でも揃う場所ではあること間違いなしなのです。しばらくの間は、この新しい街並みに人が集まるのは止められそうにないのでしょうね。

夕刻に家に戻って夕食までのひとときに蕎麦屋へ出掛け、買ってきた店の消耗品を置きながら、昨日持ち帰れなかった残りものを取ってくる亭主。残った出しや蕎麦汁は冷蔵庫に入れておいても、休みの間に悪くなるから、これも家で廃棄処分。日にちの経った鮪や蕎麦豆腐や小鉢用の切り干し大根などを、体よく女将が配膳する。今宵はこれに一番出しを使った茶碗蒸しが付いたから、我が家としてはかなりのご馳走なのです。明日はまた、仕入れと仕込みか…。

This entry was posted in 日常. Bookmark the permalink.