強風で雲一つない晴れた空だった…

5時半には目が覚めて、今朝は午前6時にpekoの散歩に出掛ける亭主。女将の稽古場の脇には団扇サボテンの花が幾つも咲き始めていました。女将は寝室で寝起きのヨーガをしている時間だから、30分ほど近所を回って来れば、朝食の支度を始めてくれるだろうという淡い期待。風が強い分、雲一つない青空で、今日も暑くなりそうなのでした。風でお客が来ないか、暖かいからお客が来るか、思案の挙げ句は、沢山来ても対応の出来る準備をしようと決める。

親の家の裏に新しい家を建てるという娘さん夫婦のお宅が、近所でも評判で、新しい時代にふさわしい団地のあり方かと思う。お袋様と自分と弟とのように、歳を取って同じ町内の近所に住んでいるというのは、何かと都合が好い。しかし、孫が小さかったりで、学童の送り迎えをしたりと、年寄り夫婦の負担が大きくなるのも、それなりに大変だと話には聞いているのです。それぞれの家族が、一番好い方法で毎日の生活を送っているから、それはそれで好いのか。

昨日の蕎麦も残り少なかったから、今朝も二回の蕎麦打ちをする。蕎麦粉を頼んでおいて好かった。お客の数が多いから、蕎麦粉のなくなるペースが少し速いのです。今朝は蕎麦打ち室の気温は26℃を越えていたから、湿度は60%だったけれど、もう、加水率は38%と決めていた。先日の丸出し、四つ出しの失敗の轍を踏まぬように、慎重に伸し広げて、切りべら27本で130g越えの綺麗な蕎麦を打ち上げる。20食もあれば、夜までもつだろうと余裕なのでした。

今朝は、思ったよりも朝食が早く出来上がったので、いつもより30分も早く蕎麦屋にやって来たから、余裕を持って二回目の蕎麦を打つ。四辺の生地の厚味を均等にすれば、当然、畳んでからも切りむらの出来ることは少ないから、多めに打ち粉を振って、トントントンとリズミカルに包丁を打つのです。やはり、加水率の加減が一番の成功理由だと思います。その日その日の温度と湿度との関係を、毎日、見ているから、それで一番好い状態で蕎麦が打てるのです。

10時前に蕎麦打ちを終えたら、葱切りをして黒豆大福を包む。天気の良い日曜日だからと、頑張って六つも包んだら、熱々の求肥で掌は真っ赤っかになる。この努力が功を奏したのか、今日はこのデザートはすべて完売なのでした。冷凍庫にあった蕎麦饅頭まで売り切れ。ヘルシーランチセットが随分出たので、野菜サラダも蕎麦豆腐もすっかりなくなったのです。開店直後から男性のお一人のお客が入って、せいろ蕎麦と黒豆大福のご注文だから驚いたのです。

それから閉店の時刻まで、お客は途切れることなくご来店で、途中で何度もただ今満席ですの看板を出す。それなのに、「ほかに駐車場はないのですか」と玄関を開けて、無理押しをするお客が現れる。「車三台で一杯なのですよ」と亭主が言うのだけれど、不服そうに店の中を眺めているから、「あとはご自分で考えてください」としか言うより他にない。静かに食事をしているお客たちの事は考えないから腹が立つ。六席あるカウンター席も満杯で皆さん待っている。

女将が言うには、「ご免なさいって言っとけば好いのよ」「どうして謝る必要があるの?」とは亭主。お客の言いなりになっていれば、いつでもその我が儘が通ると思われるのです。常連さんの一人が、「畑が一杯あるのだから、土地を借りて駐車場にすれば好いのですよ」 ぎりぎりの値段で商品を出しているから、土地を借りるだけの余裕はない。これは即却下。第一、駐車場を増やしても、この手の客は後を絶たない。違うお客が「道路に停めても大丈夫じゃないの?」

皆さんのご好意には感謝するけれど、小さな蕎麦屋は三台も車が入ればもう満席で、沢山のお客を待たせて蕎麦を食べてもらうほどの店ではないのです。片付けも終わらぬうちに、ご夫婦でいらっした最後のお客が、「洗い物が沢山あるから大変ね」と、言ってくれたのがとても嬉しかった。昼のお客で20食の蕎麦がすべて売り切れたから、午後は追いを掛け、休む間もない。夜もリピーターのお客がいらっしたけれど、こちらはゆったりと話をして行かれたのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.