雨と風と常連さんと…

ミニ菜園の茄子の花が次々と咲き続けているけれど、今年はいつぞやの大風で途中から枝が折れたからか、背丈の低いままなので、実が付くのかどうか心配なのです。南側に植えたオクラの苗は、思ったよりも随分と沢山発芽して、確実に大きく育っている。早くあの黄色い花が咲いて、実が出来ると好い。玄関脇の紫陽花も少しずつ花を開いて、色濃くなっていくのが楽しみです。濃い星形のブルーが素敵だから、鉢で買い求めたのだけれど、今年は花が小さい。

地植えにすると枝振りが大きくなるから、栄養が全体に行き渡らないのだろうか。今朝も蕎麦打ち室に入って蕎麦を打つ亭主。昨日の反省を生かして、今日は四つ出しの時に伸し棒に生地を巻いたら、角の部分が潰れすぎないように慎重に転がしていく。やはり生地が柔らか過ぎると、急いで転がして角が薄くなるということがままあるのです。今朝の加水率は38%。それでも柔らかいかと思ったけれど、湿度も60%以下だったから、これ以上水を減らすと打ちにくい。

気をつけていれば、角の厚味を潰すことはない。ただ、手加減しすぎて、四つ出しなのに角が少し丸みを帯びてしまった。これを慌てて修正しようとすると、また、生地が薄くなってしまうから、広げた生地全体を見て、少しずつ厚さを角に寄せていくのです。生地の端の影がその部分の厚味を表している。80cmまで伸したら、生地を90度回転させて、いよいよ本伸しに入るのです。今日は上下片側10回ずつ伸して、平均の厚味にならないかと試してみたけれどどうか。

単に伸す回数ではなく力の要れ具合にもよるだろうし、手元と先の方では身体の姿勢の関係で、やはり力が入る具合が違ってくる。そうすると、厚さにムラが出来るのです。だから、巻き棒に巻いて伸せば、何時も同じ位置の生地を伸せるから、一番無難なのでしょう。打つ蕎麦の量が少ないからと、その行程を飛ばして伸しているから、つい失敗があるのです。そもそもが、巻かなくても750gならば蕎麦打ちの台に広げた形で打てるからと、工夫したつもりなのです。

なんとか、慎重に伸し終えて畳んだ蕎麦は、切りべら27本で130g。最近は130g~135gぐらいで好しとしている。これだと8束取っても、最後の端切れがほとんど出ない。時間的にも短縮できるから、かなり有効だと考えているのです。これまでも最後の端切れ70g程は上手く切れば1.5倍の大盛りの蕎麦に使えるけれど、上手く切れなければ二つ合わせて賄い蕎麦にするしかない。そこに気を遣って時間をロスするのは、朝の忙しい時間にはやはり無駄かと考えた。

今日は、雨が酷く降って風も強かったけれど、常連のお客様が一回忌の墓参りの集まりで、開店時間にいらっしゃると言うことだったから、あらかじめ野菜サラダとデザートだけは人数分余分に用意して置いたのです。こんな天気の日にはお客も来ないのが普通だから、田舎道を傘を差してぞろぞろと、歩いていらっしゃったのには有り難かった。しかも、雨でお子様の運動会が中止になったとかで、急に人数が増えたとおっしゃる。テーブル席はこれで満杯なのでした。

墓参りを終えてからのご来店だったから、到着が30分ほど遅れたけれど、他にお客も来ないから、ゆっくりと寛いで頂いたのです。さすがに、女性ばかりの集まりだったから終始賑やかで、1時間余り和やかに語らい合って、最後にデザートの練り羊羹をお出ししたら、やはり女性ばかりだからか、「これは美味しい」という話になる。「お店で作られるのですか?」「どうしてこんなにしっとりとしているのですか?」と聞かれるけれど、亭主は笑顔で応対するばかりです。

閉店の時刻までに洗い物を済ませて、女将と二人で雨の中を帰宅。書斎に入ってデータ入力を終えた亭主は、女将の運んでくれるお茶と林檎を美味しく頂いたら、直ぐに横になってひと眠り。油断をしていると、雨の上がるという夜の営業に準備が間に合わないのです。果たして小降りの雨の中を、夜も、早い時間に常連のお客さんがいらっして、ゆっしたひと時を寛いでいらっしゃった。明日の仕込みをしながら、早めに暖簾を下ろして雨の中を家に戻るのでした。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.