梅雨も一休み、平日の蕎麦日和…

朝から陽射しが強いので、今日はかなり暑くなりそうだと思ったのですが、蕎麦打ち室の気温は23℃、湿度は53%だったから、加水率39%で蕎麦を捏ね始めたのです。少し硬い感じがしたけれど、じっくりと捏ねて蕎麦玉をでっち上げたら、30分は寝かせておくのです。その間に、葱切りをして、糠漬けのキュウリとカブを取り出して小鉢に盛り付ける。そうしているうちにスタッフがやって来るから、今朝も順調な始まりなのでした。一輪挿しの花瓶に多すぎる生け花。

自宅の庭に咲く花をいつも持って来てくれるから、有り難い事だとつい文句も言えないのですが、昔、亭主が惚れ込んで旅先で買い求めた一輪挿しの花瓶に、溢れるばかりの花を生ける彼女の美意識は、花瓶の中だけに止まっていてもらいたいと、思わずにはいられないのです。平屋の蕎麦屋を建てたのも、奥に二間の座敷をしつらえたのも、老後の暮らしに備えた方丈の館とまでは言わないけれど、質素な作りを基本に、簡素の美を追究したつもりなのでした。

定年後の生活に幾らかかると騒がれる昨今、収入の多い現役時代と同じ生活のレベルを維持しようと思ったら、それは大変なことなのです。世間には隠居という言葉の意味を解しない輩が多すぎるのではないかと、女将も亭主も思っている。それは実社会ではマイナーな存在の人間たちの思う事なのかも知れないけれど、都市とその近郊の生活圏以外の地方では、いまだに続いているのです。便利で快適な生活ではなく、時間を掛けてゆったりと暮らす生活。

それを亭主は「等身大」の生活だと考える。花や野菜が地面に根を張って育つように、人間も地域に根を張って、せめて隠居は昔ながらの生活をすれば好いのだけれど、それだけでは老後を送る都市生活者は満足できないのかも知れない。皆が自宅で質素な食事をしていれば、蕎麦屋にもお客が来ないだろうから、その狭間で安く食事を提供するのが霊犀亭の信条か。今日も16食の蕎麦を用意して、開店の準備をしていたら、次々ととお客が来てくださった…。

丼物とのセットメニューが次々に出て、ぶっかけ蕎麦とカレーライスやおろし蕎麦に単品でカルビー丼まで注文が入るから、厨房はずっと忙しい状態なのでした。リピーターさんがほとんどで、「店の中が暑すぎるよ」と言われて、カウンターに置いてある温度計を見たら28度。エアコンの設定温度を下げて、次のお客の注文を聞くのでした。幸いなことに、少しずつ時間がずれてお客がいらっいゃるから、洗い物も済ませるし、駐車場も時間差で溢れずに済んだのです。

ご飯を炊いた釜の飯は早々になくなったので、後から来たお客には「ご免なさい」の一言。鴨せいろの注文も相次いで、ストックがなくなったから心配なのでした。午後には業者が配達してくれることになっていたけれど、ハラハラとする一日なのでした。親子丼の具材も残り僅かになって、お客が増えると仕込みの量も当然ながら増える計算です。平日にしては多すぎるお客で、スタッフと賄い蕎麦を食べたのは2時過ぎなのでした。今日の天かすとおろしと山葵が最高。

外は真夏の陽射しで、亭主もすっかり汗びしょ。梅雨時のほんのひとときの贈りものでした。生舟にはほとんど蕎麦が残っていなかったので、明日はまた、二回蕎麦を打たなければならないのでしょう。業者が食材の配達に来るまで、大鍋を洗ったり、ゴミを捨てたり、閉店後の仕事はスタッフと分業でこなすのです。亭主は、ミニ菜園の野菜の面倒を見て、スタッフと一緒に帰路につくのでした。真夏の空が広がり、梅雨の中休みの今日はすっかり蕎麦日和なのでした。

家に戻って今日のデータをパソコンに入力したら、クーラーを入れたまま横になってぐっすりと眠り込む亭主。4時過ぎまで、二時間ほど眠ったらむっくりと起き上がり、プールに出掛けて行くのでした。さすがに女将も「よく寝るわね」とは言わずに、亭主も「先に夕食を食べていてくれ」と言って出掛けるのでした。子供たちのスイミングがあるから、泳げるコースはひとコースだけだったけれど、他の三人の泳ぎ手に気を遣いながら、しっかり四種目を泳いで帰ったのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.