穏やかな梅雨の晴れ間の定休日二日目…

今朝も5時前に目覚めて、寝ぼけ眼でpekoの散歩に出掛ける亭主。ご近所の通りに面した紫陽花が色づいて、すっかり梅雨らしい趣きなのでした。明け方まで降り続いた雨は上がって、ところどころ晴れ間が覗いていました。三日目の蕎麦の最後のひと束を茹でて、今朝も一人で早い朝食を済ませたら、まだ6時前なのでもうひと眠り。随分眠っているはずなのに、眠り足りないような気がして、次に目が覚めると、とっくに女将はスポーツクラブに出掛けていました。

定休日二日目の今朝は、時間に追われることがないので、気持ちも寛いでいるのかも知れない。さすがに、夜に6時間、朝に4時間も眠ったら、頭がすっきりとしたので、洗面と髭剃りを終えたら、蕎麦屋に今日の仕込みに出掛けて行くのです。先日来、古い家屋を取り壊していたご近所は、すっかり更地になって、裏の農家や駐車場が丸見えです。それにしても、年代物の柑橘類やすももの大木を、見事に引き抜いてしまったから、勿体ないというか、寂しい気もする。

蕎麦屋に着いたら、まずは固まるまでに時間のかかる水羊羹から作り始める。漉し餡350gに氷糖蜜350gで約600ccの分量に粉寒天5gが、亭犀亭で作る最近の水羊羹。悪くなる物は何も入れてないから、冷蔵庫に入れて三、四日は十分に日持ちがするから助かるのです。沸騰させたら氷水で冷やしてから豊缶に流し込めば、これで約6、7人分のデザートが出来る。次は蕎麦豆腐を仕込んで型に入れる。こちらは二、三日は使えるけれど、その前に売れてしまう。

女将がスポーツクラブから帰る時間を気にしながら、明日の天麩羅の具材を切り分ける。カボチャは種を取って、形を整え、端切れは、煮物用に同じくらいの大きさに揃えて、冷凍しておくのです。ここまでは片刃の肉厚なガラスキ包丁を使って切るけれど、薄くスライスをするときには、両刃の牛刀で同じ厚さに揃えて切っていく。硬いカボチャもあるから、思わぬ刃こぼれで包丁を痛めるのが心配なのです。五つに切り分けるのは、一日一つで五日の営業日だから。

一つから約八枚取って、これが大体平均して一日分の天麩羅の数となります。材料の節約なのか、生のままで揚げるからか、よく薄くスライスした天麩羅を出す店もあるけれど、揚げたほくほく感を出すにはやはり5mmほどの厚さが欲しい。火の通りが好くなるように、あらかじめレンジで茹でた状態にしておくのが霊犀亭流。椎茸とピーマン、ナスを切り分けて、午前中の仕込みを終えるのでした。女将と一緒に昼食を食べるには、ここまでの作業が限界なのです。

昼の食事は先日弟が土産に持って来てくれた長崎ちゃんぽん。野菜と肉と海老、イカなどを沢山切り足して、亭主が中華鍋を振って味付けをしたら、とろみを付けていく。久し振りに変わった物が食べられて満足と、珍しく女将も一人前を完食したから驚きでした。昨日のうちに店で沢山余ったキャベツを刻んで、挽肉と生姜を合わせて餃子を包んでおいたから、これを焼いてもらって食べたものだから、亭主もかなり満腹状態で、またもや食後はひと眠りするのでした。

三時間ほど眠って、そろそろ午後の仕込みとプールに出掛けなければと起き出したら、「また眠っていたの?pekoと同じになっちゃうわよ」と女将に笑われた。昼寝が長すぎると夜が眠れないというのが、女将の考えで、亭主は眠いときに眠るのが自然だと感じている。それが出来るのが定休日の特権だから。それで夜が眠れないということがないから不思議なのです。やはり何時も一緒にいるpekoの影響なのだろうか。そのうち永久に眠り続けるのかも知れない。

蕎麦屋に今度は車で出掛けて、キュウリとカブを糠漬けに漬けて、かき揚げ用の野菜を刻んだら、そのままプールのある駅前の高層マンション群に向かうのでした。車の中では例によって「パリの空の下」をリピートで流しているから、更衣室まで覚えたところまでを繰り返し歌い続けている。ちびっ子たちのスイミング教室でプールは一杯だから、泳ぐコースはひとコースだけだけれど、前の人に合わせてゆっくりと身体を動かすのです。夕食の時間に間に合って帰宅。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, , 運動・健康. Bookmark the permalink.