午後のひと時だけは晴れ間が覗いて…

団扇サボテンの花が少しずつ増えて、玄関脇が賑やかになった朝でした。昨夜は眠気に堪えられずに、9時にはもう床に就いてしまったから、今朝は4時前に目が覚めてしまう。亭主が居間に行くと、pekoも当然のように目を覚まして、腹が減ったと鳴くのでした。早すぎる朝食を食べて、5時過ぎにpekoと散歩に出た頃には外は雨も降り止んで、蕎麦屋まで出掛けて、昨日、持ち帰るのを忘れたご飯と新聞を取ってくる。亭主も一人早々と蕎麦を茹でて朝食を済ます。

まだ6時前だったから、お袋様と仕入れに出掛ける時刻まで、もうひと眠り。随分としっかり寝たつもりだったけれど、腹が膨れるとまた眠くなるから不思議です、じっとしていても寒い朝なので、布団の中の温もりが心地よいのです。女将の朝ドラタイムが終わる頃にまた目覚めて、洗面と着替えを済ませれば、いよいよ今日の始まり。それでもまだ寝足りないと思うのは、今ごろになって日曜日の疲れが出て来たのかも知れません。お袋様に電話をして迎えに行く。

いつもと同じように元気な姿で助手席に座るから、亭主も一安心なのでした。最近は、近所でも評判の整骨院に通って、膝の痛みもだいぶ好いらしいから何よりなのです。隣町のスーパーに出掛ければ、今日は仕入れリストに印刷した食材がすべて品出しされていたから、何時もある場所から順々に籠に入れて行けば、直ぐに仕入れは終わるのです。いろいろと品物を見ながら一週間分の買い物をするお袋様と、混んだレジに並ぶ時間は何時も同じくらいなのです。

帰り道に蕎麦屋に寄って、お袋様にも昨日の蕎麦と蕎麦汁と黒豆大福を持っていってもらう。今日一回食べたら、明日は近所の老婦人たちの集まりが終わったら、きまってお袋様の家にお茶を飲みに来るのが夕刻までになるので、夕飯の支度をする暇がないから助かると言っていた。亭主からすれば、売れ残りを消化してくれる身内がいるのが嬉しいというだけではなく、蕎麦食は血圧を下げる効果があるというので、出来るだけ残った時には持って行ってもらう。

農産物直売所に寄ったら、先週は新鮮な蕪が沢山出ていたのに、今日は一つもなかったから店主に話をすれば、今日は持って来ない農家があって、あった分は売り切れてしまったのだとか。それでも顔馴染みだから、「昨日ので好ければお金はいらないから持って行きなよ」と、三つほど入った袋を出してくれたけれど、「店で糠漬けにして出すから沢山必要なんだよ」と、礼を言って、トマトとインゲン豆だけもらって帰るのでした。地域の繋がりはとても大事なのです。

お袋様を家まで送り、蕎麦屋に戻って早速仕入れた食材を仕分けする亭主。昼に昨日残った蕎麦を茹でて女将と二人で食べ、お稽古に送っていくまでの時間が今日の午前中の仕込みの時間だから、買い込んだ食材を手際よく仕分けして、カボチャの煮物を火にかけながら、この時期の大根が、やけにみずみずしくって安いものだから、今週は珍しくなた漬けを作っておこうと考えたのです。柚子の皮は千切りにして冷凍してあるから、しばらくは使えそうなのでした。

女将を送って国道を走れば、西の方から青空が広がって、「洗濯物をウッドデッキに干してきて好かったわ」と言う彼女。室内干しでは、この時期はなかなか乾かないからなのです。今月は夏の読売展の出品準備があるので彼女も忙しい。お師匠さんのご主人が庭木の剪定中に梯子から落ちて入院したとかで、毎週のお教室もかなり大変な様子。稽古場の後片付けまで手伝って帰るから、迎えの電話が入るまで、亭主は午後の仕込みを終わらせておくのです。

定休日一日目は、午後のメインの仕込みが何と言っても出汁取りと蕎麦汁の仕込みだから、店に戻って直ぐに昆布と干し椎茸を浸しておいた鍋に火を入れる。その間に、塩漬けしておいた大根を絞って、柚子と甘酒の素と砂糖を加えてビニール袋に漬け込んでおくのです。一番出しを取って蕎麦汁を仕込んだら、冷水で冷やして蕎麦徳利に詰め、二番出汁で天つゆを仕込み、残りは味噌汁用に容器に入れて冷蔵庫で保存する。一通り終わった頃に、迎えの電話。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.