久々に平日の満員御礼、お蕎麦売り切れ…

朝焼けの綺麗な暁方、いつものように夜明け前のpekoの散歩に出掛けて、蕎麦屋の菜園に水遣りをしてくる。玄関脇においた行燈作りの朝顔が花を咲かせていました。南側の庭のフェンス際に撒いた朝顔も咲いているから、やはり植物は季節を知っている。家に戻って朝のヨーガに夢中の女将が起き出す前に、昨日も一日食べ続けた蕎麦をぶっかけで食べる亭主。2食分ずつ茹でて食べてもまだ少し残っているから、先週は本当にお客が少なかったのでした。

BSの朝のドラの時間まで一時間足らず仮眠を取って、再び蕎麦屋へ出掛けようとしたら、何を思ったのかpekoが塀の上で主人を恨めしそうに見つめているではありませんか。人の背丈以上もある塀から、落ちたら困るのでまた来た道を戻って「いい子だね、ハウスだよ」と言うと、いったんは庭の中に帰るのだけれど、また、出てきて亭主の姿を見送っている。朝ドラを見終えた女将が悲鳴を上げながら玄関先に飛び出してpekoを呼んでいる声が聞こえたから安心。

今日は平日だし、明日からが定休日なので、蕎麦打ちも少しにして、それでも15、6食分を用意したのですが、これが意外や意外。開店時間から閉店過ぎまで、お客様が途切れるこことなくご来店で、カウンターも満席で二回転ほど。12時半にはお蕎麦売り切れの看板を出す始末で、それでもお客は止まらない。生舟に残っていた予備の蕎麦も出尽くして、1時にはもう蕎麦は一つもなくなったのです。暖簾を下ろしてもリピーターのお客がやって来るから嬉しい限り。

「天せいろうどんとガレットにするから後はお任せでお願いします。」と、前回いらっした時に、次はガレットを注文するからとおっしゃっていた方なのでした。今日は奥様を連れてわざわざ随分と離れた町からのご来店。仕事場が近くなのでよく前の道を通るのだそうで、お蕎麦がめっぽう好きらしいので、申し訳ないことをしました。ガレットを焼くのに手間取っている間に、カウンター越しに色々なお話を伺って、元気をもらう亭主。今日は気の遠くなるような洗い物。

スタッフと一緒に4時近くまで片付けをして、急いで家に帰って遅すぎる昼食にまた蕎麦を食う。それでも、月曜日はいつもなら売れ残った品物を沢山持ち帰らなければならないのに、今日は冷蔵庫の中が空っぽになるほどよく売れて、新メニューのヘルシーランチセットが随分出たお蔭で、野菜サラダも蕎麦豆腐もデザートも綺麗になくなったから嬉しい限りでした。5時からは、子ども会と町を守る会の合同パトロールがあったので、気が気ではない亭主なのです。

子どもたちの夏休みの間に何日間か、こうした取り組みが地域で行われていることは微笑ましい。子ども会の役員らしい若いお母さん方と、町を守る会のお年寄りたちが、ハンドマイクで防犯の文句を叫ぶ上級生の声に呼応して、「暑い夜でも雨戸を閉めて、鍵をかけましょう」などと大声で注意の言葉を言いながら町内を練り歩くのです。汗びっしょりになりながら、とぼとぼと家に帰り着く亭主。今夜はプールはお休みにしよう。洗い物が多すぎたので背筋が攣った…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.