一日中蒸したままの陽気で…

定休日二日目の朝はやはり寝坊して、pekoの散歩は女将が代わってくれた。その分、食後の運動にと、今朝は朝顔の苗の植え付けを頼まれていたのです。ところが、南天の木があまりにも生い茂っていて、大切な金柑の木にも陽が当たらないし、肝心の植え込む隙間さえも塞いでいるから、仕方がないので南天の剪定から始めるのでした。今年はやけに南天の花が沢山咲いて、枝の伸び具合も例年以上なので、赤い実のなる花の部分を少し残してばっさりと切る。

女将が種を蒔いた植木鉢は、去年よりも一週間遅いだけだと言うけれど、やはり暖かいからか、根がびっしりと張ってしまい、ウッドデッキのポットに植え付けるのにも一苦労なのでした。取りあえず、半分ほど掘り出してポットに植えたら、明日には女将が誘引する麻縄を買ってくると言う。いよいよ次は道路に面した塀沿いのフェンスの根元に、苗を植え付けていく作業です。土を耕し、培養土を盛ったら脚立を出して、一つ一つ穴を掘って根をほぐしながら植えていく。

門の脇の木槿の根元には、真紅のミニバラが花の数を増やしているから驚きで、今年はバラがよく咲いたと言う話をご近所でもよく聞くけれど、我が家のバラも例外ではなかったのです。毎年、ひっそりと木槿の陰に隠れて咲くから可愛い。つぼみが開くに従って咲き崩れてしまうのと違って、綺麗な形のままで花が開くのが好いのです。フェンスの内側には、今年はサツキが随分と花を咲かせたから、女将が花の終わった芍薬の葉を切って見えるようにしてあった。

そのフェンスの外側の僅かばかりの隙間に、朝顔の苗を一本一本植えていくのです。次の季節の準備をするのもなかなか大変な仕事。朝の一時間ほどの庭仕事で、亭主はもう汗だくだから、今日はまた相当に蒸し暑いのでした。髭剃りと洗面を終えて、着替えを済ませたら、今度は蕎麦屋へ出掛けて、今日の仕込みにかかる。蕎麦屋の駐車場の植え込みは、先週までに少し手入れをしたから、それなりに形が整っていた。この時期は毎週、剪定や草取りです。

ミニ菜園の酢橘や胡瓜にも虫よけの薬を撒いて、いよいよ厨房に入って、まずは忘れないうちに、蕎麦豆腐の仕込みから始める。そして大甕の半分ほどになった返しを作りたそうと、調味料の準備をする。返しを火にかけながら、明日の天麩羅の具材を切り分けて、鍋やボールを洗ってまな板を消毒したら、後は、洗濯物を干して午前中の仕事は終わり。昼はまた残った蕎麦を茹でて、女将と二人で時間通りの昼食なのです。ひと眠りして亭主はプールに出掛ける。

3時前に泳ぎ終われば、子供たちのスイミング教室が始まる前なので、ゆっくりと出来るだろうと思ったら、今日は、全コース3人以上も人が入っているではありませんか。他の人の邪魔にならないように、センターコースの速く泳ぐコースに入って、ゆっくりとアップを開始したら、皆さん年配の経験者ばかりだったから、ちょうど好いスピード。すれ違うときにも両手でバタフライを泳いでいる女性はちょっと危険でしたが、そういうときには片手で泳いですれ違うものです。

そんな常識が通用しないのが年配の方の怖いところで、信号のない交差点で一時停止もせずに飛び出してくる車と同じなのです。何事にも自信のある人が歳を取ると、かなり自分勝手で我が儘になるものなのか。還暦を過ぎて生まれ変わるというのは、何事も初心者になる覚悟がなければならないと言うことなのかも知れません。今日は夜の防犯パトロールがあるので、早めに夕食を食べて一休みしたいところですが、蕎麦屋へ行って糠味漬けをしなければ…。

夕刻になってやっと青空が広がり、暑さはますます厳しい。蕎麦屋まで歩いてミニ菜園の野菜たちに水遣りを済ませ、厨房に入って冷蔵庫から胡瓜と蕪を取り出して、塩をこすりつけて糠床に入れる。今週は胡瓜も蕪も新鮮そのもので大きい。糠床ごと冷蔵庫に入れるから、漬ける時間は約16時間。明日の朝が楽しみなのです。デザートに水羊羹を仕込んでおく。漉し餡を多めに入れて氷糖蜜に溶かしたら、寒天を入れて煮立たせる。氷水で熱をとって型に流す。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.