梅雨入り前の真夏日か…

休みの日だというのに、朝は早くから目が覚めるのです。これから夏場にかけては、睡眠不足にならないように夜は早めに床に就くようにしよう。そんなことを考えながら、早朝のpekoの散歩に出れば、彼女の選択で、門を出て今朝は蕎麦屋に向かうから驚いたのです。蕎麦屋の裏の階段を登って、新しく出来た下の家との間に見えるミニ菜園には、オクラの双葉が綺麗に生え揃っているから嬉しい。夏は昼も上から陽が差すので、育たつ作物は何かと考えたのです。

駐車場の未央柳も蕾が次々と開いている。例によってpekoを玄関口に待たせて、カウンターに干したままの盆や蕎麦皿を片付けてから家に帰る。今年は春先が暖かかったからか、家の南天も随分と花を付けているのでした。懸案だったすももの木の剪定と、通りに面した雪柳や連翹や紫陽花の伸びすぎた枝を切りそろえるのは、亭主の食後の一仕事でした。家の枝切りは、切り落とした枝を女将が片付けてくれるから助かる。蕎麦屋は亭主一人だから半日仕事。

9時前にお袋様のマンションに、昨日残った蕎麦や煮物や黒豆大福を届けて、そのまま一緒に仕入れに出掛ける。「元気だった?」と尋ねれば、「何とかね」と応える。歳を取ると医者に通ったり、薬を飲んだりと、身体をケアしながら、近所で手芸や体操の集まりに参加しているらしい。近所の年寄り達がその帰りに年長のお袋様の処に来て、夕方までお茶を飲んで話をしているのだとか。この間一緒に買い物に行っばかりなのに、女将は元気かと聞かれるのです。

大体の食材を買い込んだ今日の仕入れは、スーパーで蕪やオクラがまだ入荷していないと言うので、農産物直売所へ寄ったら、採れたての蕪があったから、青い葉の部分は切り取って家で茹でてお浸しにする。オクラの代わりに、今週は天麩羅の旬の野菜のサービスにしようと、知り合いの農家で出していたインゲンを買って帰る。まだ小振りだけれど柔らかそうなのです。生椎茸は、地元の千葉県産よりも北海道産の方が、気候のせいか形も好く新鮮なのでした。

昼は亭主が蕎麦を茹でて、女将が天麩羅の残りをグリルで焼いて二人で天せいろ。デザートには昨日残った黒豆大福が付いていたから、店では廃棄の食材も無駄にせずにすべて消化するのです。昼過ぎには女将をお稽古に送って、帰り道に国道沿いのホームセンターに寄る。ラップやキッチンペーパーなどの消耗品を買って、隣のスーパーで冷凍物の豚のハラミや子供用の輸入菓子を買い込んで来た。蕎麦屋に戻れば、銀行の営業の女性が玄関前にいる。

何の話だろうかと、店に入って用件を聞けば、キャッシュレス時代に向けて、カードリーダーを店に備えないかという勧誘なのでした。いまなら無料で機器は配布しているという。このところ、こうした勧誘が多いので、「手数料はどのくらいかるのか?」と尋ねれば、売り上げの4%弱だと言う。それでは昼だけの営業の小さな店ではとても払えないと、事情を説明して帰って頂くのでした。お客に安く料理を提供しようと努力しても、更にカード会社に搾り取られる時代か。

治安の悪い海外の事情を受けて、来日する外国人のためにもキャッシュレスと騒ぐ時世なのかも知れないけれど、一体、そこで誰が儲けるのか。携帯電話がスマホに代わって、通信料だけでも毎日の新聞代を遙かに超える時代だから、こんな便利な時代に乗り遅れまいと、取り込まれていく人々の姿が目に浮かぶのです。100人に1人ぐらいは、小さな蕎麦屋でもカードを使えないのと言うお客もいるけれど、亭主は時代遅れでもいいと思わずにはいられないのです。

午後の仕込みはモズクの酢の物と切り干し大根の煮物。電話が鳴るから出てみれば、延々と早口で店の集客企画書をお持ちしたいと言うものだから、「こちらが話しても好いですか?」と断って、小さな蕎麦屋の事情を説明するのでした。沢山、お客が来すぎても、対応が出来ないから逆効果で、結局は、広告も宣伝もしない今の営業を続けるしかない。とんとんの収支で、更に儲けようという気持ちがないし、疲れすぎないよう心がける。趣味の蕎麦屋なのかも…。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 経営, . Bookmark the permalink.