朝は雨、午後から晴れたけれど…

何故か最近は、女将の目覚める時間と一緒で、朝の5時にはもう目が覚めるのです。夕べも11時過ぎまでは、夜食も食べずに起きていたのだけれど、床に横になれば直ぐ眠りに落ちる。居間に入ればpekoが目を覚まして、早い時間なのに朝の散歩の催促。煙草を一服する暇もなく、外に出てみずき通りを渡るのです。どんよりと曇った空から小雨が降り出し蕎麦屋に向かえば、そんなことはお構いなしに裏の階段を登るpeko。駐車場の未央柳が咲き出していた。

昨日沢山打った蕎麦が、まだ半分近く生舟に残っていたから、今朝はどうしようと考えていたのですが、やはり、売り切れでお客を帰すのは申し訳ないからと、500g だけ打ち足して、今日も15食を越える蕎麦を確保する。朝はかなり涼しく、雨まで降り出したし、一日中曇りだという天気予報だったから、あまりお客が来るとは思えなかったのですが、予報は当てにならないというのが、亭主の考えです。打った蕎麦が残るリスクよりも、売り切れのリスクの方が大きい。

今朝も加水率39%で、しっとりとした蕎麦を5食だけ打ち足しておく。打つ量が少ないと、短時間だけれど、それだけに集中するからか、イメージ通りの仕上がりになるのが嬉しい。葱切りも天麩羅の具材の切り分けも、昨日の夜のうちに終えているから、今朝は野菜サラダの具材を刻んで、黒豆大福を包み、糠漬けのお新香を小鉢に盛っておくだけで終わり。蕎麦の数も多いから、開店前にスタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べておく。準備万端というのが案外怖い。

開店時刻の10分ほど前には暖簾を出したのだけれど、沢山のお客が来るような日には早いお客がやって来るから、今日は通りに人の姿も見えないので、やはり、朝の天気予報どおり。涼しければまず家を出ようと思わないし、雨交じりの曇り空だと、尚更、出掛けて行く気にもならないのが人情。ところが、昼前から薄日が差して、青空も覗いてくるから皮肉なもので、近くまで歩いて出掛けていた人が、ふらりと蕎麦屋へ立ち寄るとこともあるから不思議なのです。

カウンターの椅子を横に向けて、窓の外の通りを眺めながらお客を待っている亭主。畑の向こうからリックを背負って元気に歩いてくる老人が見えると、バスの時間は過ぎているし、この昼時だから、もしかして、蕎麦屋に来るつもりなのかと思うのでしたが、こちらを横目で見ながら、蕎麦屋の前を通りすぎてそのまま歩いて行ってしまうのでした。と、しばらくして、また、戻っていらっしゃるから、やはり蕎麦屋へ寄ってみようということになったらしい。勘は当たっていた。

品の好さそうな白髪混じりの年配の男性なのでした。カウンターに座って天せいろのご注文。帰りがけに、BGMで流れていた「シャンソンは誰の好みなの?」と尋ねるものだから、ジュリエット・グレコの歌う「パリの空の下」が歌いたくってとは言えないし、「最近、私が聴いているのですよ」と、亭主が応える。蕎麦屋にシャンソンは不似合いだとでも思ったのだろうか。「いつも車で前を通るから、気にはなっていたのですよ」とおっしゃって、また歩いて帰っていかれる。

昼を過ぎてもあまりお客は来ないものだから、また、カウンターの椅子に座って通りを眺めていたのです。今度は、畑の向こうの集落を巡る道から、ご夫婦で歩いて来る姿が見えたから、やはりバスの時間も過ぎたのに、もしかして蕎麦屋に来るつもりなのかしらと思って見ていたら、真っ直ぐ蕎麦屋の玄関に向かってきたから驚いた。よく見れば、以前にもいらっしたことのあるお客さんで、ビールを頼まれて鴨葱の塩焼きと天せいろのご注文。散歩の途中だとか。

午後は皆さんリピーターのお客様で、年配の親爺様が杖をついた老母らしい女性をエスコートしながら、奥のテーブルに座るのでした。カルビー丼セットの大盛りと、天せいろを頼まれて、多いかと思ったけれどお二人とも完食されてお帰りになる。今日、用意した食材はかなり残ったから、天麩羅の具材はすべて揚げてしまう。定休日を夾んで冷蔵庫に残す物は、長芋とニンジン、玉葱ぐらいのものなのです。女将が残り物を取りに来てくれて、袋に沢山持ち帰った。

今日は、客が多かったわけでもないのに、家に戻った亭主は、データーの入力を終えたらごろりと横になってそのまま夕刻まで眠ってしまう。とうとうプーへ出掛ける時刻も過ぎて、目覚めたらそのまま夕飯の食卓に付く。ミニトマトもお新香も伽羅蕗もすべて蕎麦屋の残り物だから文句は言えない。トマトは甘く美味しかったし、お新香もちょうど好い漬かり具合で、これをお客に出したのかと思うと我ながら鼻が高いのです。外は青空が広がって夕焼けが綺麗でした。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.