夏の空…

蕎麦屋へ出掛ける道すがら、草むらで猫がじっとこちらを見つめている。アオイの葉の上でアゲハチョウが羽を広げて気持ちよさそうに日光浴。空の具合といい、どう考えてももう梅雨は明けている。ご近所の百日紅でさえもう花を咲かせているのです。それでも今朝は湿度も下がってからっとした陽気だったのです。朝晩見ているテレビの天気予報では一向に梅雨明けの話をしている気配がないから奇妙なのです。暦の上での立秋までもう十日余りしかない。

夕べ大方の仕込みは終えていたので、蕎麦屋へ着いても庭の水遣りをして跡は蕎麦打ちを始めるだけ。幟は早朝のpekoの散歩の折に立ててあったし、駐車場のチェーンポールも降ろしてあるし、郵便受けから新聞も取ってある。着替えを済ませて、アイスコーヒーを一杯飲みながら一服してから、おもむろに蕎麦打ち室に入る亭主。今朝も秋蕎麦と春の新蕎麦とを500gずつ打つだけだから、それほど時間はかからない。久しぶりの少量打ちに燃えるのです。

考えたら、一年前に蕎麦屋をオープンした時も、それまで通りの500g打ちから始めたのでした。お客が増えるに従って、何度も打つのが手間だったので、しだいと1kgを打つようになって、それに慣れてきたら1.5kgまで一度に打てるようになってきたのですが、狭い蕎麦打ち台の上では、12折の1.5kgはかなり手間取ることが分かって、1.25kgという独自の大きさで打つようになったのでした。だから、一度に500gは分量を打つのは、ほぼ1年ぶりぐらいなのでは。

それでも基本に帰れで、丸出しから四つ出しと、丁寧に生地を扱うのは小さくても同じだから、いい勉強になるのです。1kgを超える分量で丁寧に厚さを均等にすることを心がけてきたから、分量が少ないとそれが如実に見た目で分かるようになる。本伸しで力を入れすぎないのがポイントだと、少量だとすぐに分かる。畳む幅は当然1㎏の半分だけれど、生地の端まで綺麗に辺を揃えて、畳んだときに無駄が出ないように気をつけられるのも少量だからこその練習。

包丁切りも、わずか5、6人分だから、切りべらを気にしながら、リズミカルに同じ太さで切るのに集中が途切れない。結果として思ったように細く仕上がるから、これを1kg以上を打つときの参考に出来れば願ったり叶ったり。二回の蕎麦打ちを終えてまだ9時半だから、時間にも相当に余裕ある。野菜サラダの具材を丁寧にを刻んで、いつもと同じサラダを仕上げ、キュウリの梅じそ和えを小鉢に盛って、暇のあるうちに昼食の代わりにガレット焼きの練習をする亭主。

窓の外には夏の空、夏の雲。いつもより早く準備を済ませて奥座敷で休憩していたら、開店時刻の大分前に、新蕎麦の始めに食べにいらっした蕎麦好きの常連さんが、お友だちを連れてやって来た。女将が店に通して、いつもの大盛りの注文を聴く声が聞こえる。不思議なことに、こんな日には続けて何組ものお客が入るのです。天気がいいせいか、今日はほとんどのお客が大盛りのご注文だったから、瞬く間に蕎麦がなくなっていくのでした。嬉しい限りなのです。

それでも、平日並みの混雑だから、すぐに料理は出し終えて、カウンター越しにお客様の話を聴く亭主。本当にすぐご近所の方もいれば、犬の散歩でよく前を通るのだけれど初めていらっしたと言うお客さんもいる。女将の話ではレジの前に置いてある店置きのパンフレットも随分と捌けたらしい。店のあちこちでスルスルスルッと蕎麦をすする音の何と楽しいことか。明日まで、天気は好いようなので、今月最後の定休日前日に、なんとか期待したいところです…。

 

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.