梅雨の走りか、蒸した曇り空…

午前6時にpekoの散歩に出掛ければ、ご近所の紫陽花がもう咲き始めている朝。空はどんよりと曇って蒸し暑くなりそうな気配なのでした。あまりは早く起きたものだから、食後にまたひと眠りしてから、蕎麦屋に出掛ける亭主。昨日の蕎麦はまだ生舟に少し残っていたから、今日は750g を一回だけ打つことにして、加水率を39%強にして捏ねはじめれば、ぴったりの水加減なのでした。最近は包丁切りの最後に時間のかかる端切れが出るのを嫌って、一食分135g。

後は野菜サラダの具材を刻むだけだから、蕎麦打ちの回数も少ないし、金曜日は少し余裕があるのです。時間のあるついでに、明日からの週末の仕込みもしておくのがポイントで、みつせ鶏の旨搾り団子を冷凍室から出して、皿に載せてチルドモードにした真空フリーザーに移しておく。解凍してあった豚のハラミを取り出して、小さく切りそろえ、串に刺していく。そして、天麩羅の具材を切り足して、天ぷら粉を冷蔵庫から出し、油と天つゆを用意したら準備は完了。

11時になったらかき揚げを揚げて、スタッフと賄い蕎麦をぶっかけにして食べておくのです。前の畑では、毎年、落花生を作っている農家の息子さんが、トラクターで土をならしている。奥の農家の親爺様も畑に出て、草取りをしている様子。店の中では例によってシャンソンの名曲を流して、開店の時刻を待つ。昨日よりは風もあるし、曇っているから、今日はどんな展開になるのやら。蒸していたから店のエアコンを入れ、天麩羅の油や天つゆに火を入れておくのです。

準備万端でお客を待っているときは、案外、お客は来ないもので、昨日と同じように今日も出足が遅いのでした。12時をずいぶん過ぎた頃から、やっとお客がいらっして、ヘルシーランチセットを頼まれるご夫婦や、天せいろをご注文の会社員らしき男性客がご来店でした。どちらもご新規のお客様で、静かに蕎麦を啜っていらっしゃった。今にも雨の降り出しそうな空模様なのに、なかなか降ってこないから、ミニ菜園の野菜が気になるところ。風も昨日よりも強い…。

お客の途切れたところで外の様子を見に出れば、玄関脇の紫陽花が小さな蕾を沢山付けて、今年はかなり立派に咲いてくれそうなのでした。前の畑では、相変わらずトラクターで土を耕している。1時を過ぎた頃から、またぞろぞろとお客がいらっして、今度は皆さんリピーターの方ばかりなのです。鴨せいろの注文が次々と入って、冷凍室から取り出してレンジで解凍するのに時間がかかる。汁は作ってあったから、端切れを入れて温める。葱はグリルで焼いておく。

ラストオーダーの時間になってもまだお客が入るけれど、店に前のお客がいるので仕方がない。駐車場にも車が止まっているし、幟もしまえないから、大丈夫だと思って店に入って来るらしいのです。蕎麦は残っているけれど、2時には暖簾をしまって、大釜の火を落とすのでした。仕事の同僚らしい若い男女は、それでも平気で長居をするから、スタッフも亭主も片付けをし始める。大釜を洗ったり、天麩羅の油を漉したり、冷蔵庫に入れる食材を片付けるのでした。

やっと会計を済ませて店を出た二人は、今度は駐車場で随分とゆっくりとしているから、亭主が幟だけ外しに外に出る。若い男性は喫煙所で一服しているし、運転の女性は車の中で待っているのでした。会社名の書いてある車だったから、これから会社に戻るに違いないけれど、随分と遅い昼休みだから、急いで職場に戻る必要もないのかも知れない。スタッフと共にやっと蕎麦屋を出たのは2時半過ぎでした。昨日よりは少しお客も多かったから好かったのです。

スポーツクラブに出掛ける支度をしていた女将に、今日の残り物を手渡し、亭主は書斎に入って売り上げと写真のデータ入力を済ませる。女将が出掛ける頃にはひと眠りしたら、蕎麦粉の代金の支払いに郵便局に寄って、今日も空いているプールでひと泳ぎ。帰りにはスーパーで女将に頼まれた食材と酒を買い求め、彼女の帰る前に小松菜を茹でて、焼いた餃子を肴にして一献です。入浴前の計量では、体重が76kgまで減っていた。夜食を食べなくなって久しい。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.