爽やかな晴れ間が戻って…

定休日の夜更かしが祟って、今朝も遅くまで起きられない亭主でした。歳を取ると生活時間を元に戻すのに時間がかかるらしいのです。頭の隅で思い込んでいるようには、いつまでも若くはないのだと再認識する朝なのでした。女将の夢中な朝ドラの時間間際に朝食を済ませて、急いで蕎麦屋向かえば、通りに面したご近所のバラがとても綺麗だったから、つい足を止めて写真に収める。いつもご主人が丹念に手入れをしているお宅なのです。青空に映えて美しい。

家の珈琲が切れたので、外回りの仕事をする間に、蕎麦屋でモカマタリの豆を挽いて、飲む一杯が今日の始まり。BGMで「パリの空の下」の曲を流しながら、今朝の段取りを考える。まずは蕎麦打ち前に、糠床に漬けたお新香を取り出して、小鉢に盛り付けておく、米を研いで炊飯器にかけ、蕎麦玉を寝かせている間に、葱切りを済ませる。昨日の雨で、ミ二菜園の野菜はまだ水を遣らなくても大丈夫そうだから、加水率を39%強にして蕎麦粉を捏ね始めるのでした。

湿度は低く50%を切っていたけれど、蕎麦打ち室の室温は24℃だったから、そろそろ40%以下なのだろうという経験値で開始。少し硬いという感触だったけれど、捏ねているうちに段々と水気が出てくるから不思議。750g を二度打って、綺麗に畳んで包丁切りです。生地がちょうど好い硬さだから、畳むとき以外は打ち粉もほとんど使わずに、乾いた包丁の音が響きます。氷糖蜜の宅配便が届いて、外に出て受け取れば、スタッフが来てもう店に入る時間なのでした。

二玉の蕎麦を伸して畳んで包丁切りをすれば、16食の蕎麦が仕上がる。それでも二度蕎麦を打つと、時計はもう10時半を回っているのです。後は、野菜サラダを刻むだけなのですが、8時半から動きっぱなしだから、ここで一休み。天気も好いし、今日は常連さんの近所の社長もいらっしゃるかと、平日だけれども野菜サラダを四皿用意しておく。開店前はいつも緊張して時計との睨めっこ。けれども、準備万端で暖簾を出しても直ぐにお客が来ないときもあるのです。

今日も開店から昼過ぎまでは、お客がなかったから、こんな好い天気で蕎麦日和なのに、どうしてお客が来ないのかと思っていたら、12時半を過ぎて、やっと駐車場に作業用のトラックが入って来たのでした。カウンターに座った男性は、今日でこの地区の現場の仕事が終わったからと、蕎麦屋があるのを思い出していらっしたとかで、ゆっくしりしているから、亭主はミニ菜園に出て野菜たちに水遣りをする。聞けば実家は農家なのだそうで、いろいろと話を聞いた。

1時近くになってから、やっとお客が入り始めたから、今日はまた珍しい展開なのでした。皆さん見覚えのある顔だからリピーターさんで、自転車でいらっしゃる常連の男性は、カウンターのいつもの席でいつもの天せいろをご注文。職人風の二人連れのお客さんの一人は、天せいろを調理の途中で天丼セットに変更してのご注文。天麩羅は揚げていたから、直ぐに汁だけ作って対応しました。閉店間際の若いカップルは、天せいろ二つになんとカレーライスまでご注文。

さすがに食べ終わるまで時間がかかるから、亭主が暖簾をしまってゆっくりとしていただくのでした。今日は業者の配達のある日で、3時前には着くと電話があったので、洗い物と片付けを終えたスタッフには先に帰ってもらうのです。最近はお客が増えたからか天せいろがよく出ると海老が直ぐになくなるからよく仕入れている。やっと家に戻ったのは3時過ぎで、スポーツクラブがお休みだった女将は、丸一日稽古場に籠もっていたらしく、夕方から買い物に出掛ける。

女将が帰ってpekoの散歩から帰る頃に、今度は亭主がプールに出掛けて行く。今日も子ども達のスイミングがないから、夕刻のプールはがら空きで、泳ぐコースには人がほとんどいない。またもやゆっくりとバタフライから泳ぎ始めて、今日はラップタイムの時計を見ながら泳いでみたのですが、四種目100mで2分ちょっと。若い頃はその半分くらいのタイムで泳いだものだけれど、競泳はとっくに卒業したから、今は水に乗る感覚がひたすらに心地よいのでした。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.