ひんやりと曇った一日…

久し振りに夜遅くまでテレビで映画を観て、途中で眠くなりながらも、居間の椅子を立ち上がるのが億劫だったから、ついつい夜更かしをしてしまいました。その分、今朝は早くから雨が降っていたので、pekoの散歩もないから8時過ぎまでゆっくりと眠っていたのです。玄関を出れば、女将の稽古場の前に植えたニチニチソウの数が増えている。恐らくは彼女が買い足したのだろう。歩くことしか移動手段がないのに、よくぞ家まで持って帰ったものだと感心するのでした。

今朝は朝一番で駅前の銀行に行って、スタッフと女将の給料を新札にして下ろしてくる。車外温度は24℃なのに少し涼しく感じるから、随分と暑さに慣れてしまったのです。どんよりと曇った空が垂れ込めていたけれど、ステレオから流れるのは、例によって、ジュリエット・グレコの「パリの空の下」 Sous le ciel de Paris S’envole une chanson hum~hum~と覚えた6行だけを相変わらず口ずさんでいる亭主。女性の声の1オクターブ下を謳うからほとんど呟き…。

そのまま蕎麦屋に出掛けて、今日の仕込みに入るのでした。蕎麦豆腐を仕込み、粗熱を取って水羊羹を型に流し込んだら、ラップを掛けて冷ましておく。その間に、テンプラの具材を切り分けて、すべて容器に入れて冷蔵庫にしまうのです。そして、今日は小鉢の二品目に、農産物直売所に出ていた野蕗を使って、きゃらぶきを作る。伽羅の色の佃煮ではなく、薄口の出汁醤油で煮込むから、下茹でをしたら一本一本皮を剥いてから5cm の長さに切りそろえるのです。

出汁を取った後の大型の干し椎茸を冷凍してあるから、これを同じ味付けで別々に煮込み、一緒に盛り付けたらどうだろうと、新しい試みに挑戦するのでした。干し椎茸の解凍に時間がかかりそうなので、水に浸けたまま昼の支度をしに一度家に戻る。先週は二玉買ったキャベツが残ったから、肉とニンジンや緑の野菜を入れてあんかけラーメンにでもすれば、女将も食べてくれるだろうと考えたのです。野菜の多いことと隠し味に砂糖を入れることが必須条件です。

駐車場のヤマボウシもすっかり苞が白く開いて、綺麗な花のように見える。自然の配色というのはどうしてこんなに素朴なのに美しく感じるのだろうか。薄色に煮込んだ野蕗と干し椎茸もこんな取り合わせにならないかと、密かに期待するのでした。それに比べると、昼に作ったあんかけラーメンは、味は好くてもちょっと彩りに欠けたから残念。使い残しの野菜のあり合わせだから、仕方がないとは言え、プロの料理人ならもう少し工夫をするべきだったかと反省をする。

一休みしたら、プールの支度をして再び蕎麦屋へ出掛ける亭主。まずはミニ菜園に出て、南側のオクラの芽がどのくらい出ているかを確かめたら、半分ぐらいはもう双葉が出ているから安心する。ところが、昨日の強い風で、東側の菜園にあるナスの枝や葉が折れたのを見つけて、ちょっとがっかり。支柱を立ててあるのだから、伸びた茎の部分を針金で留めておくべきだったと、自分の手落ちを反省する。キュウリだけは、この間、誘引したばかりから無事なのでした。

厨房に入って蕗と干し椎茸の調理。調味料を入れた汁が沸いたら、落とし蓋をして弱火で煮込んで、今日一日の仕込みはすべて終了。後は容器の中で十分に味の染みるのを待つばかりです。野蕗は出始めの頃よりも硬かったから、細くても丁寧に皮を剥いてみたのですが、塩刷りもせずに、濃い塩水で下茹でしただけだからか、少しえぐみが強かった。それが蕗の味だと言えばそれまでだけれど、苦手なお客さんもいるのではないかと、ちょっと心配するのです。

皐の咲き始めた高層マンションの間を抜けて、スポーツクラブのプールに行けば、今週は月末だから子ども達のスイミングがお休みなのだそうで、コースが随分と空いているのでした。準備運動を終えたら、誰もいないコースで久し振りにバタフライから泳ぎ始められるのです。ゆっくりと水に乗ってメドレーで泳ぎ、繰り返し繰り返し4種目を泳げるから、リラックスすることこの上なし。早めに夕食を済ませて、蕎麦屋でお新香を浸けたら、夜の防犯パトロールに出掛ける。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営, , 運動・健康. Bookmark the permalink.