熱風の吹きすさぶ午後…

朝からやはり暑い一日でした。玄関前のミニバラも蕾が開ききって窮屈そうに咲き乱れている。pekoの散歩を7時前に済ませて、いつもと同じ時間に朝食を食べ、洗面と着替えを済ませたら蕎麦屋に出掛けて行く亭主。朝から陽射しが強いので今日は帽子を被って行く有様なのでした。美央柳も沢山の蕾を付けて、いよいよ夏の準備に追われている様子。幟を出したら、ミニ菜園の野菜たちに水遣りをするのです。やっとオクラの芽も出てきたから、夏が楽しみ。

昨日の蕎麦が生舟に一箱残っていたから、今日はどうしようかと悩んでいたのだけれど、お客の少ない月曜日なら、10人分もあれば蕎麦は足りるのです。この暑さで、外出を控えようという人が多ければ、案外、暇な一日になるし、暑いから蕎麦でも食べようという人が多ければ、とても足りない量なのです。売れのこったら、定休日にまた蕎麦を食べると言う覚悟で、今朝も蕎麦を打つことにするのでした。早い時間に売り切れになるのだけは、避けたかったのです。

蕎麦打ち室は朝から28℃もあるから、迷わずに今朝は40%弱の加水率で蕎麦を捏ね始めるのでした。ちょっと硬いかなと思ったけれど、捏ねている間にしっとりと水が回って来て、ちょうど好い具合。切りべら27本で一人前130g 越えの束をキッチンペーパーにくるんでいく。16食を越えると、さすがに定休日前の月曜日にしては多い蕎麦の数で、蕎麦汁を詰めた蕎麦徳利は沢山用意してあるけれど、果たしてどれだけ捌けるのかと、期待と不安で一杯なのでした。

やはり、これは上手く蕎麦を打てたという日には、何とかお客に食べてもらいたいというのが、蕎麦屋の亭主の心情なのです。このところ、気温の高い日が続いたから、水回しは夏のバージョンに替えて、少なめの加水にしてあるからほとんど失敗はない。気温の変わり目、湿度の変わり目が要注意で、前日までのデータが活かせないのです。週末で小鉢が出尽くしたから、今日は残った切り干し大根とモズクの酢の物以外に、何か用意しておかなければと考えた。

定休日前は、食材も尽きてくるので、すぐに出来るものはあまりない。仕方がないから、野菜サラダのミニ版を作って、本体のサラダと同じ小野隆治さんの小皿に盛り付ける。値段の高い皿だけあってか、やはり涼しい感じが素敵なのでした。デザートも昨日の水羊羹が残っていたけれど、足らなくなったら困るからと、黒豆大福を三皿だけ包んでおきました。11時過ぎにはもう最初のお客が駐車場に早々と車を止めて、見れば常連のお母様とお嬢さんなのでした。

「この間、平日に来ても凄い混んでいたから、早く来ちゃった」と言うから、ちょうど今日は仕込みも済んで、大釜の湯も沸いていたから、中に入って頂いてスタッフが注文をお聞きする。お二人とも蕎麦を大盛りで頼まれたから、よほど蕎麦が好きらしいのです。やっと開店の時刻になって暖簾を出す頃には、もう蕎麦とデザートを食べ終えてお帰りになる二人。こんな日は、案外、お客が入るのです。奥座敷で本来の開店前の一休みをしていたら、またお客がご来店。

「いらっしゃいませ」と厨房に戻って顔を見れば、蕎麦屋の下の新築に越してくる予定のご夫婦なのでした。「なかなか引っ越しが出来なくて」と、奥様がいろいろと話される。物静かなご主人は、先ほどまで庭で植えたばかりの野菜に水遣りをしていらっした様子。奥座敷の窓越しに庭が見えるから、亭主はああ来ているのだなと思って見ていたのでした。その間にも、駐車場には車やスクーターが停まって、女性のお客さんたちがお一人で蕎麦を食べに来てくれました。

閉店間際には、タクシーの運転手さんが「遅くて済みません」と言って蕎麦を食べて行かれたのです。大盛りも随分出たから、蕎麦はほとんど売り切れて、デザートは完売。亭主の予想は確かなのでした。暖簾と幟をしまって片付け物をしていたら、2時10分を過ぎた頃に、「もう終わりですか」と、玄関を開ける男性がいたので、「済みません、火を落としてしまったので…」と、お断りしました。ご夫婦でいらっしたようでしたが、蕎麦はあったのに申し訳ないことをしました。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 経営, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.