暑さも峠だと好いけれど…

今日も朝から暑いから、早めに蕎麦屋へ出掛けて、窓という窓を開け放って外の空気を入れる亭主。風が少しあったから、朝のうちは陽の当たらない部屋は少し涼しいのです。それでも、夏の野菜を植えたミニ菜園の土はカラカラに乾いているので、まずは水遣り仕事なのです。キュウリもピーマンもナスも花が咲いてきたから、成長が楽しみ。不思議なことに、種を蒔いた土や苗を植えた土の部分には、雑草が生えてこないのです。隣の農家の老人が言うとおり。

蕎麦打ち室に入れば、室温は朝から27℃で、湿度は60%。平屋の建物だから、昨日の午後のうちに暖まった建物が、夜の間に中の温度を上げてしまうようなのです。今朝は思い切って加水率を40%まで下げて、750g の蕎麦を二回打ったのです。昨日の夕刻に追い打ちした蕎麦も生舟に一箱残っていたけれど、天気の好い日曜日は、どれだけお客が来るか判らない。昨日も夜まで働いたから、身体の疲れている日曜日の午後に追い打ちをするのは嫌だった。

三年日記を書き続けている女将に言わせると、暑すぎる日にはお客が減るのだというけれど、万が一にも、昨日のように沢山のお客が来た日には、蕎麦が売り切れて、早い時間に店じまいするのでは申し訳ない。今日打った蕎麦は明日も使えるから、逆に、残っても明日打つ蕎麦の数で調整をすれば好いのです。40%の加水は大成功で、硬くもなく柔らかくもなく、丸出し、四つ出しもすんなりとこなして、伸し広げるのにもちょうど好い具合。綺麗に畳めるから最高。

切りべら27本で130g 越えだから、最近は、このくらいの太さで好いだろうと妥協している亭主なのです。切りべらが29本だと、あまり噛まなくても、するするっと喉を通る気がするのだけれど、27本だとやはり噛まないと蕎麦が飲み込めない。それが好いのか悪いのかは、お客の好みにもよるのだろうが、21本が好いなどといっていた開店当時の時代に比べれば、かなり細い蕎麦なのです。お客に聞いたところで、切りべらの2本の違いなどに拘泥する人もなさそう。

糠漬けのキュウリとカブを取り出して小鉢にも盛り付け、今日の小鉢はモズクとキュウリの酢の物と切り干し大根の煮物と三種類。テンプラの具材を切り分けて、野菜サラダの具材を刻んだら、もう開店10分前になるのでした。一昨日電話のあった年配のリピーターさんが、さらに歳を取ったお母様を連れて早くもご来店で、暖簾を出す前に、もうひと組、亭主からすれば若い中年のカップルがテーブル席に座るのでした。これは今日も相当に混みそうな予感なのです。

ヘルシーランチセットの天せいろを頼んだのが老人親子で、とろろ蕎麦の大盛りとミニ天丼とせいろ蕎麦のセットを注文するのは若いカップル。合わせてみつせ鶏の旨搾り団子の串焼きもご注文だったから、女将が野菜サラダや蕎麦豆腐を老人親子に出す間に、亭主は団子の串焼きを焼いて若いカップルに先にお出ししたら、天麩羅を揚げて四人の蕎麦をほとんど同時に仕上げるのでした。暖簾を出したら、直ぐ違うお客がカウンターに座り、せいろ蕎麦のご注文。

老人親子は最後までゆっくりとお食べになって、なんとお母様が95歳というので女将も亭主も驚いたのです。老人に元気を貰うというのはまさにこのことなのに、優しくしてもらったからとチップまで置いてお帰りなのでした。その後も、洗い物を済ませる度にお客が入って、昨日ほどではないけれど、まずまずのお客の入りなのでした。女将と二人で蕎麦屋を出たのが2時過ぎで、家に戻って追い打ちのない亭主はゆったりと、女将はスポーツクラブへ出掛けて行く。

こんな日曜日には夜のお客もあるかも知れないと、早めに蕎麦屋に出掛けて夜の営業の支度をする亭主。5時を回った頃に自転車に乗った老人が暖簾をくぐって、純米吟醸酒とせいろ蕎麦のご注文なのでした。話し相手が欲しかろうと、カウンターのこちらで立ち尽くして、いろいろな話を伺った。「今日はいろいろと有り難う」と言って帰られたけれど、直ぐにまた違うお客がご来店。こんなペースでお客が来れば、亭主も楽なのだけれどこればかりは判らないのです。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.