蒸し風呂のような暑さの中を…

今朝も暑い朝でした。5時前から目が覚めてしまったから、24時間営業のスーパーに出掛けて、昨日売り切れて親子丼の具材に使う鶏肉を買い求めてくる。ついでに蕎麦屋に寄って、昨日の片付けやら、米を研いで炊飯器にかけたり、親子丼の具を煮込んで冷凍したりと、時間をつぶしたのです。家に戻ってpekoの散歩に出掛ければ、ご近所のバラも今年はよく咲いたと見えて、見る者の目を楽しませてくれるのです。我が家のサツキもひっそりと咲き始めている。

朝食後に少しだけ横になって、いつもの時間に蕎麦屋へ出掛ける亭主。もう、すっかり陽は高くなってじりじりと熱い陽射しで、昼の暑さが思いやられるのでした。外回りの仕事を終えたら、今朝は一回だけ蕎麦を打って、昨日の残りと合わせて今日は22食の蕎麦を用意したのです。これだけあれば、夜の営業の分まで追い打ちしなくても大丈夫だろうと思っていたのでした。蕎麦打ち室の室温が26℃を越えていたから、湿度は低くても加水率を40%に押さえるのです。

蕎麦玉を捏ねあげて寝かせている間に、葱切りを済ませ、夕べ浸けた糠漬けを小鉢に盛り付けて、準備に余念はないのです。今朝の生地はいつもよりは硬めに仕上がったけれど、昨日の反省から本伸しに入る時に、伸し棒に入れる力を均等にして、厚味を揃える工夫をしてみる。やはり、昨日より生地の少し硬い分だけ、順調に伸し広げられるのです。こうなると、もう最初の水回しの段階で、その日の蕎麦の仕上がり具合が決まってしまうのではないかと思える。

四つ出しからそのまま縦に伸した生地を、90度開店させて、今度は奥行き90cmに限りなく近く伸していく。綺麗に八つに畳んだら、後は包丁切りだけ。切りべら27本で130g 越えでいつもと同じ太さの蕎麦が仕上がりました。後は野菜サラダを刻むだけだから、早起きした分だけ開店前の仕込みが楽なのでした。11時過ぎには賄い蕎麦をぶっかけで食べて、女将も準備が整った様子。亭主がミニ菜園の野菜に水を遣っていると、早々とご近所のご主人がいらっした。

「ちょっと早かったですね」と、遠慮がちに言うから、「どうぞどうぞ」と店の中に入っていただく。奥様がいらっしゃらない週末などに、最近は好くお見えになる。いつもカウンターの隅に座って静かにお食べになるのですが、今日は、せいろの大盛りとメゴチやキスや稚鮎の天麩羅をご所望なのでした。ゆっくり話をする暇もなく、早い時間から続々とお客が続いたからさすがに週末です。ぶっかけ蕎麦や天せいろが何人か続き、調理が楽だから亭主も機嫌が好いのです。

ご家族連れのお客も見えて、常連さんの中学生の男の子が今日もお父さんと二人でやって来た。天麩羅の注文が独特で、キスやメゴチや稚鮎と海老だけをいつものように沢山頼むのでした。みつせ鶏の旨搾り団子の串焼きまで頼んで、蕎麦はヘルシーランチセットの大盛りだから、決してヘルシーとは言えなくなってしまう。まあ、野菜サラダや蕎麦豆腐を食べるから、バランスは取れているつもりなのでしょうが、多すぎる。若い親子が羨ましいかぎりなのです。

今日はただ今満席の看板も出して、テーブル席も三回転。12時半前に10人が入ったところまでは覚えていたけれど、後はとにかく多すぎて女将も亭主も何人いらっしたのか判らない状態。7セットもある大盛りの蕎麦猪口と蕎麦徳利が足らなくなったから驚いたのです。気づいたら、1時過ぎには二箱の生舟が空っぽになっていました。鴨せいろをご注文のお客が入ったところで、お蕎麦売り切れの看板を出し、洗い物に取りかかるのでした。夕刻は追い打ちです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.