うだるような暑さで…

昨日も11時前には床に就いた亭主。なんとか粘って6時までは眠ったけれど、陽射しが強すぎてウトウトするばかり。最近は目が覚めたらぱっと起き上がっていた若い頃に比べると、朝の目覚めが悪いのです。7時前にやっとpeko の散歩に出掛けたら、暖かい朝だからか元気に4ブロックも歩いて家に戻ることが出来たのです。朝食を終えて洗面とひげ剃りをしたら、昼は暑そうだから半袖のワイシャツを着ようと、洋服ダンスを捜すけれどなかなか見つからない。

一年前の記憶はもう何処かに消えてしまったらしいのです。昨晩のフランス語の歌詞の勉強も、文字を見ないともう歌詞を忘れているから、発音するどころではない。ましてや歌うことも出来ないのです。蕎麦屋のミニガーデンでは先日播いた分葱の芽が出て可愛らしかった。必ず芽が出るというのが自然の力。亭主のシャンソン挑戦は、果たして芽が出てくるのだろうかと、気の遠くなるような思いで、朝の仕事をこなすのでした。今日も750g の蕎麦を二回打った。

蕎麦打ち室の室温は23℃、湿度は45%だったから、42%弱の加水で捏ね始めたのだけれど、それでも少し柔らかい気がする。丸伸し、四つ出しはし易いのだが、厚さを均等にする手加減がなかなか難しい。柔らかくて伸びやすいからこそ、伸し棒を転がす両手の力の要れ具合で、薄くなりすぎてしまう場所が出来やすいのです。畳んで包丁切りをするとそれがよく判る。切りべらの本数が同じ130g 越えでも、26本だったり、29本だったりと安定しないのです。

切りは幅はそれほど乱れているわけではないから、後は伸した生地の厚さが、場所によって違うとしか考えられない。それとやはり柔らかめの生地のは場合、後半の最後の方でグニュッという切れ方が出ることがある。包丁を研いでいないので、切れ味の悪さが原因だと思うけれど、インパクトを付けて打ち下ろしているつもりだから、ショックも大きいのです。使っている砥石がすり減って、もう買い換えなければならないと思っているのですが、来週こそはと反省。

今日の小鉢は、もずくと胡瓜と蕪の浅漬けの他に、昨日、営業中に仕込んでおいた切り干し大根。これで十分足りるだろうと思っていたら、いつもと違って今日は、小鉢の付かない天せいろが一つも出なかったから、驚きでした。開店と同時に、この間、四人でお願いしたいと電話をしたのだけれどと、見ればいつもいらっしゃる常連さんでした。亭主は「予約はやっていないから、早めに来て下さい」と言ったので、まず二人だけいらっしてテーブル席を確保するのです。

人数が揃わないからと注文を聞く前に、もう次のお客がテーブル席に座って、「今日はととろろを買ってきたかい」と、とろろ蕎麦を三つご注文なのでした。昨日いらっした工事の作業をしているという親爺様たちなのです。先の常連さんも、連れが太極拳の教室を終えてから来るので、少し時間がかかるかもと言いながら、年配の人達なのに親子丼とせいろ蕎麦のセットを四つ頼まれる。ちょうど冷凍室には親子丼の具材を煮たのが四人分だけあったから好かった。

先週は10人を超える忙しさだったから、今日は開店前にスタッフと賄い蕎麦を食べて、万全の態勢で待ち構えていたら、12時前にどっと7人のお客が入ったきりで、その後、いくら待ってもお客は現れなかった。店の中の温度が27℃になっていたから、エアコンを入れたけれど、陽射しの強い外はもっと暑いのだろう。朝出てくるときに、去年も暑すぎる日にはお客が少なかったと、女将が言っていたけれど、まさにその通り。急な暑さで身体がついて行けないのだろう。

早めに店じまいをしてスタッフと外に出れば、これがまさにうだるような暑さと言うのでしょう。肌がじりじりと焼けてくるのが判るような陽射しなのです。家に戻って書斎に入れば、南と東に窓のある亭主の部屋は、二階もないので暑くて堪らない。居間のpekoも台所の隅の涼しいところに避難していたから、エアコンを入れてやる。夕刻は、車の定期点検で、団地の中に引っ越してきたというディーラーを訪ねたら、とても立派な建物で最新の車ばかりが飾られていた。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.