真夏の陽射しが戻って来た…

爽やかな明るい朝でした。三日かかって、やっと平常の生活時間に戻した亭主は、6時には起き出してpekoの散歩に出掛けるのです。夜食を食べずに早い時間に眠れるようにもなったし、今朝は南側のミニ菜園の草取りをしよう、と考えながら眠りに就く。些細なことだけれど、目標を持った毎日の営みは、日々の原動力となる。床に入って草取りのシュミレーションをしているうちに自然と眠くなるのです。モミジの種が新芽と共に赤く色づいて今朝の青空に映える。

確か、先週も草取りをしたはずなのに、もう雑然と小さな雑草が伸びているから、これは思ったよりも大変かと軍手をはめて、鎌と小型の鍬と鋤を用意したら、キャンプ用の小さな椅子に座りながら、丹念に土を掘り返して根っこから草を取る。この間、隣の農家のお爺さんに、「根っこから取らないと、またすぐに生えてくるんだ」と言われて、その言葉通りに時間を掛けて草を抜いていくのでした。70㍑のビニール袋が一杯になるのに一時間余り。堆肥を播いて終了です。

ゴミ袋をもって裏に回れば、お隣の奥さんがちょうどゴミ捨てから帰ってくるところで、挨拶を交わす。「朝から草取りで大変だったよ」と言えば、庭に回って胡瓜とトマトの苗が育ったのを見せてくれた。いつもとても忙しそうにしているのに、今日は仕事もお休みらしかったのです。胡瓜とトマトとを同じポットに植えて茎が伸びているから、支柱で支えてやれば、「別々に植えた方がよかったかしら」と言うので、「若いうちは失敗も経験だかから」と亭主が応えるのでした。

子供が修学旅行の季節でと言う話になったから、先日、石垣島から帰った時にも、羽田で修学旅行の団体に出くわしたという話の流れで、島から贈ってもらったもずくを、気前よく分けてあげたものだから、冷凍してある新しいもずくを取りに帰らなければならなかった。短く切って塩抜きをしたら、ビニールの袋に分けて、明日使う分だけ湯がいて胡瓜のスライスと一緒に鮨酢に浸ける。この時、出汁で酢を薄めるのがポイントだとは、彼女に言ってやるのを忘れました。

蕎麦豆腐を仕込んで、今日は5㍑の鍋に返しを作る。返しが出来上がるまでに、もずくの酢の物も、蕎麦豆腐も冷蔵庫に収納する。後は天麩羅の具材を切り分けて、明日のデザートの水羊羹を仕込んでおく。粗熱を取って、とろみが付くまで冷やさないと、餡と氷糖蜜が分離してしまうから、今日は氷で冷やして丁寧に型に流し込むのでした。使った鍋や容器をすべて洗って、まな板を消毒したら今日の仕込みは終わり。午後はゆっくりと出来るのが嬉しいのです。

帰りがけに、今朝草取りをして綺麗に耕したミニ菜園に、オクラの種を播いておく。昼の陽射しが菜園を照らす。帰りの車の中ではまた Sous le ciel de Paris …。なんと、昨晩は、歌詞の三行目四行目をやっと暗唱できたから、少しは進歩している。たった四行だけでも、グレコの歌う歌詞が何と言っているのかが判るのが嬉しいのです。タイトルの「パリの空の下」のフレーズは何回も繰り返されているから、後は言葉を文字にして暗唱すれば遠い道程も見えてくる。

やはり、自分は古い時代の語学教育を受けたせいか、文字が目に浮かばないと発音できないらしいのです。それでも亭主の脳のアンチエイジングの方法だから、気長に付き合うしかない。しかし、以前、クラプトンの「レイラ」が流行った頃に、やはり紙に印刷して歌詞を覚えようとしたけれど、覚えては忘れでとうとうものにならなかった苦い記憶がある。ディランの「廃墟の街」に至っては、歌うどころか長すぎて歌詞を追うだけで諦めて書斎にいまだに歌詞が飾ってある。

それに比べると、「バリの空の下」はフレーズやメロディーの繰り返しも割と単純で、言葉も簡単なものばかり。ただ、フランス語は英語よりも学んでから長い間接する機会が少なかったから、錆び付いた記憶を蘇らせるのは簡単ではないのです。昼食後にひと眠りして、女将が美容院に行っている間に、亭主はプールへと出掛けていく。高層マンションに囲まれた外の階段を昇りながら、大声で最初の四行を謳って歩く姿は、まるで子供時代のようでどこか懐かしい。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.