何故か疲れた臨時休業…

三泊四日の石垣島ダイビング遠征も、中二日のダイビングで今日はもう帰りの移動日です。行きと帰りの移動にまるまる二日かけるのは、修学旅行の生徒よりもピンポイントの旅行です。今朝も5時過ぎにはもう目が覚めて、短い休暇だから普段の日常と同じ生活習慣時間なのです。それが好いのか悪いのか、疲れが溜まりすぎないから好いという考え方もあるし、満喫できないという不満もあるかも知れないけれど、朝食前に宿の外に散歩に出る亭主です。

宿の入口の坂道を登った道路からの入口に、海のメロディーと宿の野空海(のぞみ)の看板が白く綺麗に描かれていました。昨日、奥様がペンキで書いていたのを思い出す。この朝早くから、船長が今日のダイビングの器材を積んで、港へ向かっていく。坂の下には、伊原間湾とその向こうに太平洋が見える。島の天気は予報通りにはならないから、今朝も暗く曇っていたかと思えば、段々と青空が見えてくるのでした。関東よりは1時間も遅い夜明けだからまだ暗い。

宿の厨房では、夜が明けた頃から、奥様とスタッフの光恵さんが宿泊客の朝食と、今日のダイビングのお客の昼の弁当の準備をしているのです。大型連休が終わっても、休みがないから大変な仕事なのです。結婚したばかりの光恵さんも週末には帰っていくと言うから、生計を立てる仕事とは言え、霊犀亭の亭主の忙しさなど物の数ではないのかも知れない。いつも、家の女将が用意する朝食の時間と、同じ7時半には食事が始まる。夜明けが遅い分だけ忙しい。

昨日到着した元気なお客さんもラウンジに降りてきて、今朝の天気を喜んでいる。同じ船に乗る今日のダイビング客も到着して、にわかに賑やかな朝になる。皆さん亭主と同世代なのに、少しも疲れた素振りを見せないのが素晴らしい。二日潜っただけで、もう疲れてしまった亭主とは随分と違う気がするから、休みの取り方が拙かったのかと反省するのです。やはり、それが長年続けてきた仕事をしている強みなのかも知れない。蕎麦屋の亭主はまだ駆け出しの域。

今日のお客が皆出掛けた後で、隙間時間に忙しく仕事をこなす奥様が、亭主を空港まで送ってくれました。いつ来てもよく働きますねと褒めたら、子供が家にいなくなっただけでも楽になったのだと言うから、人生、それぞれの年代でやはり忙しさは違うものなのだろう。家の女将なども、若いうちはそれこそ毎日7人家族の世話をして大変だったに違いない。それが段々と家族の人数が減って、今はすっかり亭主と二人きりの生活に慣れてきた。その分歳も取ったのか。

空港の待合室で1時間待って、飛行機に乗って3時間、電車に乗って家まで2時間弱だから、遠い所まで出掛けてきたのです。それでも、大好きなダイビングを続けられるのは、海のメロディーの存在が大きい。週に四日もプールで泳ぐことが嫌にならないのも、水の澄んだ南の島の海の中を満喫できるから。決して儲かることのない蕎麦屋が嫌にならないのも、お客が来て喜んで食べてくれるからなのでしょう。今の亭主には、それが生き甲斐なのかも知れない…。

今回は行きも帰りもJ シートの窓際の席が取れたので、広い座席でゆったりと景色を眺めながら往復できました。以前になくなったはずの成田からの直行便も新しく出来たというので、次回は考えてみよう。でも、せっかく、羽田に好い寿司屋を見つけたから、今日も帰りに立ち食いでマグロ三昧。鮨職人の手際の好さが胸の好く思い。蕎麦屋の亭主の夢は何時かは鮨を握ることだと、最近つくづく考えることがあるのです。そして、隣の蕎麦屋で天麩羅と盛り蕎麦を食う。

さすがに、空港のカウンターで若い娘が天麩羅を揚げて、茹でる蕎麦は、霊犀亭のそれと格段に違うのですが、格段に違うというところを更に追求しなければと思うのです。団地の駅に着いたら、タクシーに乗って家まで帰り、家には入らずにそのまま明日の仕入れに出掛ける。お袋様に電話をしたら、一緒に行くと言うから、お土産を渡して今回の旅の話をするのでした。久し振りに女将と夕食を食べ、蕎麦屋に出掛けて明日の仕込み。やる気が湧いてくるのです。

This entry was posted in ダイビング, ミニ菜園, 仕込み, 料理, 日常. Bookmark the permalink.