三日目は海も凪いで…

今朝も5時には一度目が覚めました。習慣とは恐ろしいので、身体にはいいのだけれど、何せ時差があるからまだ真っ暗なのです。もう一眠りと思って横になれば、うつらうつらと微睡んで7時になってしまう。ラウンジに降りていけば、「今日は早く食べますか」と、こんな日に限って朝食も早そうです。「用意が出来たら出掛けます」と言われて、食べ慣れた和食の味わいもそこそこに、洗面を済ませてカメラのセッティングをする。まだ、身体が目覚めていないのです。

今日は他にダイビングの客はいなかったので、船長と二人で港に出かけ、凪いだ海に出たのです。ポイントに着いて、今朝はどうして急いだのかがやっと分かった。波が出てきてからはなかなか潜りにくい浅場のサンゴ礁なのでした。最後の日のダイビングにと、船長が案内してくれたのは、復活してきた若いサンゴの森。昔はこんな景色がどこにでもあったような気がしましたが、今は石垣島北部でもとても珍しい光景のようです。写真を撮るには絶好の場所です。

海底を這うように伸びる山並みは、根と呼ばれる丘なのですが、どの根にもびっしりとサンゴが育っているから驚きです。船長の話では復活したサンゴだと言うことなのでしたが、どうしてこの場所にサンゴが復活できたのかを聞くのを忘れた。おそらくは、陽の光が差し込んで、潮通しもいい場所だからだろうと思うのですが、浅場だから台風が来ればかなりダメージを受けるのではないか。それにしても、自然の営みの不思議さを感じないではいられないのでした。

ただ、根の上部が2~3mという浅場なので、多少うねりが残っているから上下左右に身体が揺られるので、さすがに波酔いをした。おまけに、やたらとウミヘビが多くて、何匹もこちらに向かって近づいてくるのが恐ろしい。光る物に興味を持つのが彼らの好奇心なのだとは、分かってはいても気が気ではないのです。いつもの半分くらいの潜水時間でギブアップする亭主なのでした。3本潜った昨日の疲れと加齢が原因かとは思うけれど、下戸の船長はお酒だと言う。

しばらく休憩をとって、船長が亭主の体調を心配しながら最後に連れて行ってくれたのは、以前にも潜ったことがあるシーストリーというリーフエッジのポイント。ここも波が高い日には潜りにくい場所だから、早く出発してきて正解だったのでしょう。経験が豊富で、いつも先見の明がある船長に感謝なのです。グルクンの大群が見上げる海を泳ぎ回り、群れたカスミチョウチョウウオやアマミスズメダイが霞んでしまうくらい。イソマグロも回遊し、ホワイトチップまで出現。

海の中の山並みは雄大な景色で、誰が名付けたのかシーストーリーという名にふさわしい。若い頃なら、近くで撮影しようと魚の群れを追いかけて行ったものだけれど、年を取ったらじっと眺めて群れが近づいて来るのを待つようになったから、好いのか悪いのか。エアーの消費が少なくて済む分、長く景色を眺めていられるのかも知れない。短かった二日間だけのダイビングもこれでお仕舞い。今日は他にお客がなかったから、じっくりと堪能させてもらったのでした。

今日は早い時間に2本だけだったので、宿に戻って奥様の作った弁当をいただく。カメラの中の写真データをノートパソコンに写したところで一眠りする亭主。ところが二階の部屋の近くでミャーオミャーオと猫の鳴き声がするようだったから、階下に降りて奥様に話せば、二階には上がれないからクジャクの声じゃないかしらと一緒に見に来てくれたのです。ベランダに出て、向かいの森の辺りを眺めていると、隣の庭から鮮やかな根の色をした大きなクジャクが走る。

最後の晩の食事は、新しくいらしたお客と一緒で、聞けば亭主より少し年上のダイバー。50代から潜り始めたという体育会系だとご本人がおっしゃる。親の仕事を継いだという実業家だというから、まだまだ元気なご様子で、少し疲れ気味の亭主は早めに晩酌と食事を終えて、部屋に引き上げるのでした。明日の荷物の整理はとうに終えて、夜は帰ってからの仕込みの品を考えているのです。小鉢も出汁もすべて明日の夕刻からの仕込みになるから、大変そうです。

This entry was posted in ダイビング, 料理, 運動・健康. Bookmark the permalink.