久々に3本も潜って疲れて…

旅先にいても、いつもと同じ時間に寝るから、いつもと同じ時間に目が覚めるのです。しかし、石垣島は関東に比べたら時差が約1時間あるので、5時ではまだ外が明るくならない。もうしばらく眠り直したら、6時過ぎには宿のテラスに出て全身のストレッチ。朝食は7時半だから、朝の散歩に出掛ける亭主。海はそれほど荒れているわけではなかったけれど、空は雲にすっかり覆われて、天気予報通りの天候でした。雨に降られないだけでも幸運と言うべきなのでしょう。

雲の切れ間から青空も覗いていると思ったら、朝食の時間には陽も差して、まったく島の天気は分からない。今朝は洋食の朝でした。サラダや肉やポテトにスクランブルエッグなど、少しずつ盛りつけてあるのが食べやすくて嬉しい。焼きたてのパンも種類が豊富だけれど少量ずつなので飽きない。スープにマンゴージュースとコーヒーを飲んだらもうお腹は一杯なのです。部屋に戻って洗面を済ませ、水着に着替えて器材を準備したら、船長と一緒に先に港へ出発。

船に乗るお客は、昨日の夜から一緒だった同世代らしいご夫婦と亭主だけなので、少しほっとするのでした。若いダイバーだと元気があるから、動き回るからこちらも疲れることが多い。じっくり写真を撮るには、やはり、あまり動くよりも魚を待ってカメラを構える方が失敗が少ないのです。耳の調子が悪いという奥様が、今日はシュノーケリングをするというので、お手伝いのスタッフが面倒を見るらしい。何度も潜っているサンゴの綺麗な浅場だから一安心でした。

ボートの下で集合というから、先に潜って船長とご主人を待っていたら、いきなりモンガラカワハギが挨拶に来てくれた。動きが速いからなかなか近くでは写真に撮れないので、やはり、待ち構えているのが正解。水温は高く25℃もあるから、ストレスも少ない。ただ、群れている小魚はいつものようになかなか撮るのが難しいのです。潮の流れが来たときに一斉に同じ方向を向いて泳ぐときがあるから、これを待つのだけれどいつも同じようには揃ってくれないのです。

海面をシュノーケリングしている奥様が手を振ってこちらを見ている。ご主人は気がついているのだろうか。ご夫婦の共通の趣味が唯一ダイビングだとおっしゃっていたから、幸せなお二人です。ダイビングをする場所まで一緒に行動を共にして、同じ出会いを共有できるから。振り返って、我が家の老夫婦を考えてみれば、女将の手伝いに来てくれる週末だけは蕎麦屋で時間を共有しているけれど、他はお互い別々の趣味を楽しんでいる。それはそれで気楽なもの。

若い頃から家族を連れてあちこちと動き回った亭主だけれど、最近は蕎麦屋一筋で旅行にも出掛けなくなった。peko がいるの理由の一つだけれど、お互いに身近な季節の推移を見て楽しんでいるといった感じ。スポーツクラブに通う道すがら、ご近所の藤が綺麗だったわよと女将が言えば、亭主もちょっと歩いて見に行ったりする。限りなく行動範囲が等身大の生活だから、お互いの思いを想像しやすいのです。女将のお稽古通いと亭主のダイビングだけが例外か。

船で一緒のご夫婦は、見かけによらず3本目を潜るのだと言う。体力がありますねと言えば、ご主人は潜った日には夜の8時には眠ってしまうのだとか。サンゴ礁の中の海でも多少うねりがあるから、船の上で待つのも辛い。いつもの自然な流れでよっこらしょと水に入れば、ラッキーなことにユメウメイロの群れが通りかかる。追いかけると逃げていくからと、じっと待っていたら再び現れたので、写真に収めることが出来ました。ウメイロモドキより少し青色が薄い。

今夜から市内のホテルに移るというご夫婦が帰って、夜は亭主一人の夕食でした。宿の奥様が、酒の肴をいろいろと作ってくださって、メインディッシュはゴーヤを皿にした肉料理。今日はゴーヤの日だからと聞いて納得する亭主なのでした。最後は果物やケーキをトッピングしたアイスのデザートとコーヒー。お互いに仕事が料理の作り手同士だから、いろいろと料理の話をするのも楽しいのです。芋焼酎を勧められたけれど、今日もお酒は控えめで明日に備えます。

This entry was posted in ダイビング, 料理, , 運動・健康. Bookmark the permalink.