臨時休業の一日目は移動日で…

休みの日だというのに、朝の5時からpekoeが亭主を起こすから、散歩に連れ出して2ブロックほどを回ってくるのでした。もう一度、眠るためには朝食を着くって食べてしまわないといけない。女将は起きてはいるけれど、朝のヨーガの時間なので、仕方がなく冷蔵庫の中にある野菜と肉とで、ナスとピーマンの肉炒めを豆板醤味で作り、卵が沢山あったから、ふんわり卵焼きを焼いて朝食を摂るのです。食後のコーヒーまで自分で入れて、再び床に入るのでした。

2時間ほど眠ったらそろそろ出掛ける支度をする時間だと、今度は女将に起こされて、急いで洗面と着替えを済ませる。いつもならお袋様と仕入れに出かける曜日だから、もしかして待っていたらいけないと電話をすれば、「聞いてなかった」というものだから事情を話して謝った。駅までは写真を撮りながらぶらぶらと歩く亭主だから、40分ほど前に出たのだけれど、お目当ての電車にちょうど間に合って、羽田までのアクセス特急の乗換駅まで楽ちんな旅なのでした。

平日の10時過ぎだから電車は空いている。乗換駅のホームに着いたらもう11時近くだったから、朝食が早かったからもう空腹を覚えたのです。ちょうどホームに昔ながらの立ち食い蕎麦屋があったので、懐かしそうに暖簾をくぐる。天麩羅蕎麦を注文すれば、麺はもう小さなどんぶりに入っているから、さっと湯通しするだけ。汁を入れて揚げてある例の丸い天麩羅と刻みネギを載せれば、はい出来上がりなのです。学生時代はこれで簡単に済ませたものなのです。

アクセス特急に乗り換えて更に1時間ほどで、羽田の国内線ターミナルに着く。さすがにミニどんぶりの蕎麦だけでは物足りなくって、今日の宿への土産を探しながら、前回、見つけておいた食堂街に足を運んだのです。大型連休の平日だからか、どの店もいつもよりはずっと空いていました。前回は石臼挽きが売りの蕎麦屋で天ざるを食べたから、今日はその二軒隣のカウンターで食べられる寿司屋に行くことに。店の前にはテーブルと椅子のコーナーもありました。

マグロづくしの一皿とビールを頼んだら、速い速い。セットメニューの寿司を注文する他の客は整理券をもらって待つのに、亭主の頼んだ頃合いが好かったのか、すぐに盆に握ったばかりの寿司を載せた皿とビールを出してくれました。テーブル席でゆっくりと食べれば、寿司の一貫が亭主好みでかなり小さめで、大トロ、中トロ、赤身に血合い、たたきで巻物と、これはすべて美味しい。ついつい、シマアジ、金目、ホタルイカの握りと、光り物の刺身を追加で注文する。

今度来るときは、ここで寿司を食べて、二軒隣の蕎麦屋でしめとするのも好いかも知れないなどと、美味しい和食の食べられる日本の空港のありがたさを、しみじみと感じるのでした。考えたら、若い頃から洋食よりはやはり和食が好きだったのか、年を取ったら尚更のこと、嫌いではないのだけれど、ピザやパスタという気になれない。美味しい昼飯のお蔭で、3時間の飛行機もゆっくりと休めて、苦にならなかったのです。ふと目を覚ましたら、機長のアナウンスが。

右手前方に白山が見えるとか、今日は気流の関係で静岡から愛知の陸側を飛んで、浜名湖の上を通るとか。そういえば高校時代の同級生は、この浜名湖にボートを持っていると言っていたっけ。上空からは初めて見たのだけど、随分と広い湖なのには驚きでした。確かにすぐ傍が海だけれど、水戸の涸沼とは規模が違う。昔は釣りに来いよと言われていたけれど、暇になる頃には、そんな遠くまでは行けなくなったから不思議です。それなのに石垣島には通う…。

ダイビングは年に何度かだから好いのかも知れない。釣りだと海が近いから、若い頃のようにしょっちゅう行きたくなってしまうだろう。それではなかなか蕎麦屋は務まらないから、ちょうど好い。沖縄はそろそろ梅雨に入るのか、低い雲が垂れ込める中を飛行機は空港に着陸するのでした。空港を出て、降車場付近で待っていたら、この3月末に結婚したはずの海メロのスタッフが車で迎えに来てくれました。ダイビングをしに来ていたご主人は昨日帰ったのだとか。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.