これはもう梅雨明けでしょう…

お袋様を連れて農産物の直売所を訪ねたら、レジの近くに西瓜が並べられていました。形のいい西瓜を叩いて懐かしそうに音を聴くお袋様が、「半分ずつ食べようか」と言うから、珍しく丸ごと一つを買って帰る。子どもの頃は夏になるとよく食べたものだけれど、家族も少なくなった今は、食べる機会も少ないのでした。普段は自転車に乗って買い物に出掛ける彼女は、「切り売りした西瓜を買う気にはならないんだよね」と言う。連日の暑さが古い夏の記憶を蘇らせた。

「雨宿りをしてたら止むくらいの雨がにわか雨なのよね」と、連日の天気予報に文句を付ける女将。そう言えば今朝も小雨の中をpekoの散歩に出掛けたのはいいけれど、蕎麦屋で出汁を取っている間に止むだろうと思ったら、ひとしきり強く降ってきたから閉口した。散歩から帰ったpekoはいつもの肘掛けに乗ってふて寝をしている。朝食に最後の蕎麦を終えた亭主が腰を下ろそうとすれば、今度は亭主の座る椅子でぐったりとしているから、やはり今朝も朝から暑い。

朝ドラが終わって、再び蕎麦屋へ出掛ければ、隣の工事現場では地面を堀り起こして、いよいよ基礎工事の始まりなのでした。朝の水遣りをしながら挨拶をして、続々と大きくなるキュウリと紫蘇の葉を収穫してくる。今週は、スーパーで古いキュウリを買わなくて済む。形の悪いキュウリは掃除をして乱切りにしたら塩で揉む。少し虫に食われたような紫蘇の葉を刻んで叩いた梅干しで和えれば、もう梅じそ和えの出来上がり。新鮮なキュウリはすぐに水が出るのです。

午前中は、親子丼の具材を仕込んで野菜を保存したらもう昼飯の時刻。外はうだるような暑さだったから、ちょうど休憩に入っていたお隣の職人さんたちに店で出してるサワーテイストを差し入れた。まだ、水場の工事が始まっていなかったから、土仕事で暑くても手や顔を洗う場所もないのでした。明日からは店の営業中に工事が進むので、気は心というつもり。天気予報などとは無関係に、これはもう今年の梅雨は明けただろうと勝手に夏を迎えている亭主でした。

廃棄処分の蕎麦をやっと食べ終えたので、昼のメニューは久々にざるラーメン・餃子。エアコンの効いた涼しい部屋で、元気を取り戻したpekoがなんで私にも昼飯をくれないのかと不満げな様子。こんな時は、決まって、しまいには吠え出すから、亭主は書斎に逃げ込んで食後の昼寝を決め込むのです。まったく、犬と人間の関係は難しい。犬という種族は食べ物を与えたらどれだけ食べ続けるのだろうか。「早死にさせないで」と言われているから逃げるが勝ち…。

午後は荷物もないので歩いて蕎麦屋へ出掛けたけれど、暑さは尋常ではないから、やはり梅雨は明けていると感じるのでした。麦わら帽子を吹く風が涼しく感じるから昔ながらの生活の知恵だと一人で感心する亭主。店のエアコンを全開にして、早速午後の仕込みに入る前に、朝買ってきた西瓜を切って一人で食べる。子どもの頃は、クーラーもなかったから、夏になると祖母の作る西瓜を苦しくなるほどたらふく食べたものだ。それにしても随分と甘い西瓜でした。

デザートの抹茶小豆や蕎麦豆腐を仕込んだら、一晩寝かせた蕎麦汁を蕎麦猪口に入れて冷蔵庫に戻す。天麩羅の具材を揃えて、これも冷蔵庫に戻し、後は、鍋釜の洗い物とまな板の消毒。毎日、毎日、こうした作業の繰り返しだけれど、よく飽きないものだと自分でも感心する。昨夜のことだけれど、梅雨が明けたら暑中見舞いでも出そうと、去年の文章を読み直してみたら、今年の生活と変わらない近況報告をしているから、一年も同じ生活の繰り返しか…。

夕食を終えて夜のパトロールの時刻を待つ間にこのブログを書いている。雨でも降り出しそうな雲行きだけれど、幾分涼しくなってきたのが唯一の救い。固定リンクの「霊犀亭のメニュー」を7月21日付で更新しました。最近、このブログを訪れる人の数が増えているので、こまめにチェックをしなければと思うのです。明日はどんなお客が来るのだろうかと、案外、このワクワクとした気持ちがマンネリ化を防いでくれているのかも知れません。また、新しい週が始まる。

This entry was posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 日常, 未分類, . Bookmark the permalink.