平成最後の日は…

朝から雨模様でしたが、庭のミニバラや芍薬の蕾が今にも花開きそうなのでした。四季咲きのバラは長女が母の日にと贈ってくれた物、芍薬は、その昔、亭主が母の日にプレゼントした物らしい。pekoの散歩にも出掛けられないので、早めに家を出て、お袋様と一緒に仕入れに出掛ける。今朝も沢山の買い物をして蕎麦屋へ戻れば、冷蔵庫の中はたちまち満杯になるのです。平成最後の日とあって隣町のスーパーも品揃えが豊富。新鮮な野菜類が有り難かった。

今日は片付けを終えたところで、そのまま床屋に出掛けて伸びた白髪を刈ってもらう亭主。連休中だからか、いつもより混んでいたけれど、上手い具合に直ぐに親爺様の手が空いて、例によって四方山話に花が咲く。小一時間掛けて散髪を済ませたらもう昼飯の時間で、家に戻れば女将は稽古場で夏の展覧会の準備をしていた。定休日には亭主が昼飯を作ることが多いので、彼女は何を食べるかを考えていない。亭主が台所で湯麺を作り、餃子を焼くのです。

昼食後に一休みしたら、眠ってしまわないうちに、蕎麦屋へ戻って今日の仕込みを開始する。先週までにカレーや親子丼が結構出たので、野菜を刻んで鶏肉を切り分け、カレーの具材を煮込むのと、親子丼の具材を煮込むのと、同時進行で準備をするのでした。ミニ親子丼とせいろ蕎麦のセットは、せいろ蕎麦が正規の一人前に、ご飯が少なめの親子丼と小鉢と味噌汁が付いて、1050円だから、かなり安く出しているつもり。せいろ蕎麦は670円で出しているので、

味噌汁と小鉢と親子丼で380円の計算だから、目ざといお客には割安感があると思われるのだろうか。もともとは、蕎麦だけでは足りない働き盛りの若者向けに用意したメニューなのだけれど、休みの日などには、いろいろなお客が注文される。一度に作るのは6~7人分ほどで、冷凍保存しておけるから使い勝手は好いのです。カレーは主にカレー蕎麦で出ることが多いけれど、若い人はカレーライスとせいろ蕎麦や天せいろを、合わせて注文することがある。

こちらも冷凍保存が効くから、常に5人分ほどは冷凍室に常備してある。濃いめに作ったカレーを解凍したら、出汁醤油で割ってからとろみを付けるのですが、これが案外時間がかかる。カレーライスは、単品で出している250円の野菜サラダを付けて750円だから、実際には500円で辛口のカレーを食べられるというのがメリット。鶏肉、カボチャ、ニンジン、ナス、シメジ、玉葱と、結構、具沢山だから、好きな方には喜ばれるのです。大盛りを頼む豪傑もいる。

蕎麦屋の駐車場のヤマボウシがいよいよ蕾を開いた。花を包んでいた四枚の総苞片が開いて、大きくなるとこれが白く花びらのように広がるから清楚で美しいのです。やはり、ハナミズキよりは時期が少し遅い。その奥にあるモミジもこれからの季節はとても元気が好く、木の勢いとでもいうのか、どんどん枝も伸びてくるのです。モミジの剪定は晩秋が好いとは名言です。厨房の片付けを終え、残ったカレーを持ったまま、朝、頼まれていたティッシュを買いに行く。

今日は一日中、雨が降ったり止んだりで、テレビも平成を締めくくる企画の番組ばかりなのでした。昭和の半ば過ぎ、田舎に住む母方の祖父が健在だった頃は、当時まだ高校生だった亭主が、毎年のように正月には老いた祖父を皇居に連れて行って、日の丸の旗を振ったものです。シベリア出兵の頃、戦艦に乗って露西亜まで行ったという話を、祖父から聞かされたのもその頃です。今は時代の移り変わりよりも、季節の自然の移り変わりに感慨を覚えるばかり。

買い物の帰りに弟の家の近くの雑木林を通れば、林一杯に野生の藤が咲いているのを見つけました。思わず車を停めてカメラに収める。その昔、東北の渓流に一緒に出掛けた職場の渓流釣りの先輩からよく好く聞かされた話が、山吹が咲いて、山躑躅が咲いて、山に藤の咲く頃が渓流では山女魚が瀬に出てくる時期なのだとか。今は渓流に竿を出すこともなく、家の近所でこうして花を眺めては季節を感じている。蕎麦屋で出す料理に季節感を出したいと思う。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.