冷たい空気が南風に変わり…

蕎麦屋へ続く道のご近所に、ハナミズキの白い花が涼し気に咲き出していました。別名はアメリカヤマボウシ。蕎麦屋の駐車場にあるこれに似た花はヤマボウシで咲く時期が少し後。白い花びらのように見えるのは、実は総苞片(そうほうへん)と言って蕾が開いたものらしいのですが、これを坊主頭と頭巾に見立てて「山法師」と名が付いたそうだから風情があります。どちらもミズキ科の木だから紛らわしい。この木を植えたから、「みずき通り」という名があるのです。

今日は一日中曇りという昨日の天気予報は、朝だけ晴れ間が出ると変わったらしく、青空が広がっていた朝でしたが、南の方から白い雲が押し寄せてきていたから、日中は曇ってくるらしい。蕎麦屋に着いたら、まず、郵便受けから今朝の新聞を取り出し、気になるミニ菜園の夏野菜を点検して、朝の寒さにやられていないか、風に茎が折られていないかを確かめるのです。ついでに菜園の南側の絹さややコゴミやタラの芽を見て、採れるものがあれば収穫しておく。

店のカウンターには、昨夜の洗い物が干したままになっているから、幟を出してチェーンポールを降ろしたら、大釜に水を張りながらこれを片付ける。外はひんやりとした空気だったけれど、夜の気温の差なのか、昨日の朝よりは少し暖かいようで、蕎麦打ち室も14℃で、湿度は48%。今朝の加水率は43%で、昨日僅かに残った蕎麦に加えて、9人分を打てば好いだろうと、800g の蕎麦を捏ね始めるのでした。水加減はばっちりで、蕎麦玉はちょうど好い硬さ。

でっち上げた蕎麦玉をビニール袋に入れて寝かせている間に、亭主は厨房に戻って糠床からキュウリとカブを取りだして小鉢に盛り付ける。昨日ずいぶん用意した小鉢はすべて出尽くしたから、今日の小鉢にはこの漬け物と菜花の辛子和えを作ろうと考えている。菜花は天麩羅で季節の野菜の添え物にしていたけれど、この二日間で、ミニ菜園で採れたコゴミとタラの芽が溜まったので、これを天麩羅にしてやろうと思ったのです。臨機応変な対応が必要なところ。

今度は蕎麦打ち室に戻って蕎麦玉を広げて丸出し、本伸し。最近は玉の大きさが変わっても、結構、自在に伸し広げられるから楽しい。生地の硬さが絶妙だったから、畳んで包丁切りをしても、イメージ通りに切りべら28本でぴったり130g の束が取れました。朝の空気も冷たく、一日中曇りだと言うから、今朝も出がけに女将が、「明日はお休みなのだから、欲張って多く打たない方が好いんじゃない」と助言してくれた。よって予定通り12食弱の蕎麦を用意して終わり。

この丸三日間、今日の朝まで、三食続けて木曜日に残った蕎麦を食べ続けた亭主を見て、きっと不憫に思ったのでしょう。元来、蕎麦が嫌いではないから、本人は美味しいと思って食べているのですが、やはり、ちょっと他の物も食べたくなるのが人情。でも、蕎麦と合う食べ物を並べないと、あまり食指が働かないのです。体重は少し減るようだけれど、総じて、タンパク質不足なのは間違いない。また、厨房に戻って今度は菜花を茹でて辛子和えを作るのでした。

野菜サラダの具材を刻んで、天麩羅の具材を切り足して、早めに開店前の仕込みは済んだけれど、スタッフと賄い蕎麦を食べる分の蕎麦に余裕がないからちょっと悲しい。開店時間まで、奥の座敷で休憩しながら柔軟体操とストレッチに励む亭主。この間、プールで泳ぐ前に、ロッカールームで血圧を測ったらいきなり100-180 と出たからびっくりしたのです。計り直しても、90-160 だったから、何処にも異常はないし、しっかり泳いで帰ったのですが、要注意です。

最近、家の体重計に乗って気になっていたのは、内臓脂肪の率が急激に増えていること。恐らく、加齢以外には夜食や毎日飲むアルコールが原因と、本人も自覚しているので、その日はまったく酒を飲まなかった。それ以来、毎日、不規則な食生活をしないように気をつけて、酒量を減らし、ストレッチに励んで、今日はやっと90-140 という数値が出たから一安心。家にある自動の血圧測定器も悪まで目安でしかないけれど、来月初めのダイビングに備えなければ。

今日は、開店前から玄関の前で待っておられたご夫婦を初めとして、僅か30分で3組8人のお客が入って、俄に厨房は忙しくなりました。用意した蕎麦がいつなくなるのかと不安でしたが、上手い具合に間が少し空いて、洗い物を片付けながら、次のお客を待って、1時ちょっと前に売り切れを看板を出す。看板を見て二組ほど帰られた車のお客には申し訳なかったけれど、サラダも蕎麦豆腐も用意した天麩羅の具材もすべてなくなって、定休日前としては嬉しい。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.