今日も朝から冷たい雨で…

朝から冷たい雨の降る週末なのでした。蕎麦屋の幟を立てていたら、金木犀の新芽が赤く初々しいのに、早めに伸びた枝はぐんぐんと背が高くなっている。駐車場の邪魔にならないようにと、去年のうちに剪定したのに、自然の勢いは凄い。ミニ菜園に行って今朝使うリーフレタスを取ってくるついでに、南側の庭にあるコゴミやタラの芽も摘んできた。毎日のように見ていないと、こちらもあっという間に葉を広げてしまうのです。これは新緑の季節のくれる贈り物。

家の女将と相談をして、今日も雨だし寒いから蕎麦は最低限度で打てば好いと考えていました。昨日残った二日目の蕎麦は、今日は店では出さないから、亭主が家で三度の食事で食べている。女将は寒い日には蕎麦は食べない。夜食にも蕎麦を茹でるほどの余りようだから、これ以上はちょっと消化しきれないのです。蕎麦打ち室の室温は店の暖房を入れる前で13℃、暖房を入れて15℃、湿度は58%だったから、加水率を30%弱で蕎麦を打ち始めるのでした。

やはり最初は硬く感じるけれど、捏ねている打ちに段々と馴染んで来る。滑らかになったところでビニール袋に入れて少し寝かせるのです。その間に厨房に戻って一仕事。女将がやって来る頃には、また蕎麦打ち室に戻って蕎麦を伸し始める。水分が少ない分だけ、丸出しにも四つ出しにも伸し棒に力が入るのです。少し硬めの仕上がりの方が、包丁切りの時にはトントントンと軽やかに切れる。切りべら28本ほどで130gを超える分量だから、ちょうど好い塩梅です。

切り幅もほぼ均等に揃って、畳むときにそれほど打ち粉も使わなかったので、今日はグニャッとすることはなかった。昨日の蕎麦と合わせて15食弱の用意で今日は開店するつもり。この天気では、10人はお客が来ないというのが亭主の読みなのでした。レインコートを来て傘を差してきた女将は、「外は寒いわよ」と言っていた。暖房の効いた店内は、まるで別世界なのです。葱切りを済ませ、水にさらして容器に入れる。休日だからと、野菜サラダは四皿準備しておく。

毎度のことだけれど、お客が来そうもない天気だからといって、仕込みをサボることは出来ないのです。10日間という大型連休の始まりも、この天候では外に出ない人たちも多いのではないだろうか。と、女将に話をすれば、成田空港は例年より混んでいるのだとか。暖簾を出して一時間ほど経った昼過ぎに、やっと今日最初のお客がご来店なのでした。年配のご夫婦だったけれど、奥様は天せいろ、ご主人はカルビ丼とせいろ蕎麦のセットをご注文なのでした。

今日はご新規のお客様ばかりで、皆さん玄関前の看板のところで立ち止まってメニューを見ている。外は寒いのに鴨せいろ以外は暖かい汁の蕎麦が出なかったから、蕎麦のお好きな方ばかりらしいのでした。若いご夫婦らしいご主人が、新メニューの中村藤娘の純米吟醸生を注文なさって、江戸切り子の猪口で、石垣島から贈って頂いたもずくを肴に美味そうに飲んでいた。いかにも休日ののどかな蕎麦屋の風景という感じで、降りしきる雨のことも忘れさせてくれる。

早めに店を閉めて、女将と帰る頃には外は明るくなっていて、雨も濡れるほどではなくなっていたのです。家に戻って女将に珈琲を一杯入れてもらったら、亭主はパソコン仕事を終えてひと眠り。30分ほどウトウトしただろうか、夕刻は出汁を取らなくてはならなかったから、4時過ぎには再び蕎麦屋へ出掛けるのでした。天気はみるみるうちに回復して、黒い雲が東の空に流されていく。ちょうど出汁を取り終えた開店の時刻に、夜のお客がいらっした。若いカップル。

蕎麦茶を出して、天麩羅の油が温まるまでと、昼に残った野菜サラダをサービスでお出しすれば、「わーっ、しっかりと美味しそう」などと女性の方が言うものだから、「当たり前…」と亭主が応える。彼女の頼んだぶっかけ蕎麦を持って行ったら、今度は「凄い」と反応するから、「メニューの写真よりも実際はボリュームがあるんですよ」と説明をする。夕焼け空を背景に、和やかな夕食のひととき。二人とも満足気に帰られたから好かった。明日はいよいよ晴れるか。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.