今日は午前中に目一杯働いて…

今朝一番の亭主の仕事は、朝食前に自宅の塀沿いに植えた水仙の葉を刈り取ることでした。花が終わっても球根に栄養が蓄えられるというので、しばらくはそのままにしておいたのですが、芍薬の季節になると外から花が見えないので、そろそろだろうと女将と話していたのです。朝食を食べ終えたら、もう直ぐに蕎麦屋へ出掛けていく亭主。家でも食後に女将が珈琲を入れくれたのでしたが、どうも自分で入れたコーヒーの方が熱くて美味しいのです。何が違うか。

店で使っている珈琲専用のポットや円錐形のドリッパーだけの違いであるのか、お湯の注ぎ方は女将も知っているはずなのに、同じ珈琲豆でも味が変わるから不思議なのです。珈琲を飲みながら、今朝の仕事の流れを考える亭主。昨日サボった糠味噌を掻き回して、少し新しい糠を足しておく。返しが底をついたから、来週用にと5㍑の鍋で調味料を入れていく。沸騰直前になるまで火にかけている間に、蕎麦豆腐とデザートのフルーツの寒天寄せを作ってしまう。

蕎麦豆腐は蕎麦粉とタピオカ粉を豆乳と水とで溶いて、鍋を火にかけるのだけれど、僅か10分足らずの間は、 ホイッパーの動きを止められない。粉が粒々になると、滑らかな蕎麦豆腐の食感が変わってしまうから、鍋の底を叩かない程度に丹念にかき混ぜるのです。アルミの鍋はあまりホイッパーでこすってしまうと、アルミの色が交じって灰色っぽくなってしまう。マヨネーズなどを作るときも、ボールの底を余り擦りすぎた時、黄色い色がグレーになるのと一緒です。

火を使う仕込みの作業が終わったら、いよいよまな板と包丁を取り出して、天麩羅の具材を切り分けていきます。カボチャは、仕入れるときからほぼ同じ大きさで、肉の厚さも同じくらいの物を選んでくる。上と下とを削いで形を整えたら、上下の切り取った部分は、綺麗に形を揃えて冷凍しておくのです。いとこ煮やカレーの具材に使うときに便利。大きさと形を揃えた南瓜の天麩羅の具材は、明日使う分だけをレンジに掛け、残りはラップで来るんで冷蔵庫に入れる。

生椎茸とピーマンとナスは、8人分ほどを切り分けて、容器に入れてラップで密封して冷蔵庫で保存しておきます。次に玉葱と人参と三つ葉を刻んで、かき揚げの材料を同じようにして冷蔵庫に入れて保存する。出た生ゴミを捨てて使った調理器具を洗い終わったら、まだ、10時半だったから、覚悟を決めてミニ菜園の草取りの続きを開始することにしました。その前に昨日植えた茄子と胡瓜とピーマンの風対策として、支柱を立てて茎を針金で緩く留めて行きます。

僅か長さ10m余りの南側の菜園が、一番距離のある難関。辛味大根がもう花を咲かせているから、次々と鎌で切り倒して、まだ食べられそうな大根だけを掘り出していくのです。半月ほど前に草取りをしたばかりなのに、もう新しい草が生えているから、鎌で根こそぎ削り取りながら進んでいく。長い時間、中腰で草を刈るのが辛いから、キャンプ用の小さな折りたたみ椅子に座って、切り倒した大根の茎と新しく生えた雑草を抜きながら、70㍑のビニール袋に入れる。

二株ほど植えてあった絹さやは伸び広がって、支柱にも絡んでいない状態だったから、綺麗に誘引してやって残りの花を救ってやる。見れば柔らかい豆が鈴なりになっているので愛おしいのです。西側の狭い庭には蕗やミョウガやパセリを植えていたのだけれど、道路に面したフェンスに、ジャスミンを絡ませて育てていたのは好いけれど、放りっぱなしだったから、この蔦が伸び広がって大変なことになっていました。鎌で蔦を切断しただけで、今日はもう降参です。

少しは綺麗になった菜園を眺めながら、やっと昼の時間になったと家に戻る亭主なのでした。午後は市の食品衛生協会に年会費を払って、年に一度の検便の申し込みをしに出掛けるのです。夕刻は歯科医の定期検診の後半で出掛けなければならす、家でゆっくりとすることも出来ませんでした。長い時間屈んで作業をして、太ももの裏の筋肉が悲鳴を上げていた。気づいたら、背中の筋肉も痛い。プールで全身をほぐしたかったけれど、まだ仕入れが残っていた。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.