定休日なのに今日もよく働いた…

庭に咲いたチューリップの間にも、遠い昔に祖母からもらった釣鐘水仙が咲いていました。ひんやりとした朝なのでしたが、7時半頃ゆっくりと起き出した亭主の朝飯には、pekoの散歩を女将が代わってくれたと言うので、簡単な焼き肉丼を所望した。鰺の開きを焼いておかずにしていた女将とは対照的で、夜食を食べなくなったから朝から空腹で仕方がないのです。昨日までの疲れがどっと出たらしく、今朝は何から仕事を始めれば好いか考えていなかったのでした。

取りあえず、洗面と着替えを済ませて、お袋様に電話をして恒例の仕入れに一緒に出掛ける。道路沿いの新緑の景色が眩しい。中学校の脇の通りには、クルメツツジがもう咲き出して、初夏の風景が辺りに満ちあふれているのでした。お客多かった週が終わると、店にストックしてあったいろいろな物がなくなるから、昨夜作っておいた買い物リストには、随分と沢山の食材が並んでいるのでした。スーパーで買い物籠に入れては、一つ一つ赤ペンで消していく。

蕎麦屋に戻って買って来た食材を整理・収納したら、まずは、水を張った5㍑の大鍋に、干し椎茸と昆布を入れ、午後に出汁を取る準備をしておく。買って来た天麩羅の食材の生椎茸を選り分けてビニール袋に詰め替える。カウンターに干してある昨日の洗い物を片付けたら、駐車場に出て草取りを始めるのでした。東側のミニ菜園の春菊を抜き取り、野菜のポットの草も取り、女将のお稽古が休みだから、午後はホームセンターで、夏野菜の苗を買ってくることにする。

昼は女将と久し振りに残った蕎麦を茹でて食べ、眠くならないうちに買い物へ。お客の数が多いと、割り箸を初めとして、蕎麦屋の食器洗いの洗剤や、まな板の消毒液なども直ぐになくなるのです。店で使う消耗品は、楊枝の類まで、すべて亭主が管理しているから、早め早めに足らなくならないように購入してくるのです。在庫を確認しておかないと、ないと思って余分に買ってしまうなどということもある。帰り道に通った公園の、銀杏や桜の木の新緑が見事でした。

団地まで戻ってみずき通りを登れば、道路沿いに植えられた白やピンクのハナミズキが咲き出している。雲の出た空の色までも初夏の景色に見えるのは、暖かな午後だからなのでしょう。昼前に石垣島から贈って頂いたもずくの塩抜きをしていたので、調理ばさみで短く切って、今日仕込む分だけを取って、ビニール袋に分けて急速冷凍しておく。まずは、軍手をはめて買って来た培養土をミニ菜園の土に混ぜ、苗を植える準備を整える。やり始めれば早い…。

と、近所に住むスタッフが今朝掘ったという筍を、茹でて持ってきてくれたから有り難いこと。昨年の11月に雨が余り降らなかったから、今年は筍は不作なのだとは、お袋様が言っていた。大根のなた漬けもそろそろ終わりにしようと思っていたので、今週は、もずくの酢のものと筍の若竹煮で小鉢を始めよう。支柱を組み立てて、キュウリの棚を造り、キュウリの苗を植え、ポットにはピーマンとナスの苗を植えたら、如雨露で水遣りをする。後は風対策を考えなければ。

去年は植えた胡瓜の苗が風で折れて半分になったから、何か風よけをしなければいけない。手を洗って厨房に入ったら、出汁取りと蕎麦汁作りから初めて、筍を取ったばかりの出汁と薄口の出汁醤油で煮込む。お袋様のところに、もらった筍のお裾分けを持って行った頃には、時計はもう5時を回っていたから、今日も朝から本当によく働いたのです。ミニ菜園の草取りも、気分転換には好い運動で、今夜はぐっすりと眠れそう。さあて、明日は何から始めようか…。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.