選挙の投票日で今日も満員御礼…

暖かな朝の6時過ぎ、珍しくpekoが蕎麦屋へ向かったので、店の玄関前で待たせて昨夜の洗い物の片付けを済ませる亭主。ついでに、米を研いで炊飯器にかけ、蕎麦豆腐を仕込んでおくのでした。今日の日曜日も蕎麦屋は込むだろうから、蕎麦は二回打ちで、とにかく仕込みの時間が惜しいのです。女将が早く用意してくれた朝飯も早々に食べ終えて、8時過ぎには再び蕎麦屋へ出かけるのです。ミニ菜園で絹さやとタラの新芽を収穫して、厨房へ入るのでした。

蕎麦打ち室の室温は19℃、湿度は48%だったから、加水率は44%で1kgの蕎麦玉を二つ捏ねる。少し柔らかめだけれど楽に打てるから、あえてちょっと多めの加水なのでした。わずか5gの余計な加水でも、微妙に生地の硬さが違ってくるから、柔らかすぎないのがポイント。丸出し四つ出しに支障のない範囲で、加水をしてあまり力を使わないようにと工夫しているつもりなのです。この三日程1kgで打っているから、慣れてきたのか今日は時間がかからなかった。

八つに畳んで50cm幅の生地を包丁打ち。切りべらは28本で130g強。11食取れれば好いと思っているから、つい多めに束ねてしまう。それでも80gほどの端切れが出るから、シビアに包丁を打てば12食取れるのかも知れない。しかし、端切れも同じ太さで綺麗に切れれば、大盛り用に使えるので無駄にはしないのです。二玉目の生地は、同じ加水率なのに、どういうわけか少し柔らかかった。100cmに広げる幅が、5cmほど余分に伸しすぎたけれど、誤差範囲です。

無事に二回の蕎麦打ちを終えて、今日は23食の蕎麦を用意して開店に臨むのでした。途中で珈琲の配達が届いたので、待っていたとばかりにコーヒーブレイク。いつもの通り、野菜サラダの具材を刻んで、金柑大福を6個包んだら、もうお客の車が駐車場に入って来ているではありませんか。二台も続けて来たものだから、女将も亭主も少し緊張気味で、「準備が遅くで済みません」と、謝って店の中に入っていただく。今日は出だしからどっとお客が入ったから大変。

テーブル席は直ぐに満杯で、カウンターにも二組のお客が座ったから、直ぐに満席の看板を出す。調理は手際よく順番にこなすしかないけれど、幸いにも、簡単なせいろ蕎麦やぶっかけ蕎麦、とろろ蕎麦という注文なのでした。女将の知り合いの女性が玄関を開けて、「6人入れる?」と聞くものだから、「ちょっと無理です」と言えば、「じゃあ、先に選挙に行ってくるわ」と、さすがは常連さんの有り難い心遣いなのでした。それでも、今日も次々とお客がご来店で満員御礼。

結局、先ほどの女性が投票を終えていらっした頃にも、まだ店は満員でカウンターに二つだけ席が空いていたから座っていただいたのです。お子様たちは帰られたとかで、ご夫婦で並んで座って早く出来るからとせいろ蕎麦のご注文。それでも、先にいらっしたお客の注文の品を調理しているから、亭主は必死でスピードを上げている。「ビールを頼んだんだけれど」と蕎麦を運んだ女将が言われて、待たされたお客が蕎麦湯も飲まずに帰られたのは、本日の大失態。

それでも、金柑大福をお持ち帰りになるお客がいたり、キュウリとカブの糠漬けをこれ美味しく漬かっていると褒めてくれるお客がいたりで、悲喜交々(こもごも)。ヘルシーランチセットを注文なさって、「美味しかったけれど、蕎麦が細すぎるよ」と自信ありげに言うお客もいらっして、対応に苦慮。何処かの蕎麦屋のご主人なのだろうか。でも日曜日は休みの筈もない。1.3mmで細いと言うのは出した束に切りむらがあったのか、ちょっと反省材料にすべき出来事です。

夜の営業分を残して、早めにお蕎麦売り切れの看板を出したら、女将の古くからの友人が現れて、「いつものでお願い」と言うので暖簾をしまわせてもらってお出しする。2時過ぎに片付けを終えて、女将と二人で近くの小学校まで選挙の投票に出かける。二人とも腰が痛いと言いながら、家に戻って亭主は遅い昼飯に餅を焼いてもらって、ひと眠り。夜の営業でもまたお客が続いて、昨日今日で一週間分のお客が入った計算なのでした。ちょっと疲れすぎた週末です。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.