澄んだ青空の朝は…

今朝はなぜかpekoよりも亭主の方が早く起き出したのです。あまりにも気持ちよさそうに、亭主の布団の中で寝息を立てているから、起こす気にもならずに居間に入ってお茶を飲んでいたら、女将が食事の支度を始めているようだったので、もう一度様子を見に行ったのです。名前を呼べば目が覚めたらしく、ゆっくりと伸びをしたのだけれど、まだ起き出さない。朝食の前に散歩に出掛けないと、朝ドラや後の仕事に差しつかえると、やっと外に連れ出したのです。

澄んだ青空が広がって、もう陽は高く昇っていたけれど、今日はゴミ出しの日なのに、通りには人影もないから、どこのお宅も朝食時なのかと公園まで歩いて行く。花を咲かせた山桜の木の間に有り明けの月が白く見えた。裏の幼稚園のソメイヨシノも、やっとちらほらとつぼみが開いてきたから、今週末は佐倉もあちこち花見で賑わうのだろうか。家のコーヒーが切れていたから、朝食後は早めに着替えて蕎麦屋へ出掛ける。食後のコーヒーで一日が始まるのです。

午前中の仕込みを始める前に、夕べ石垣島から贈られて来たもずくを、お袋様の所に少しだけお裾分けして、その足でまずは床屋へ出掛ける。車で10分足らずの国道沿いにある店は、開業してもう40年ほどになる。昔は随分と混んでいたのですが、最近は安い床屋が増えて、客足は減っているのだとか。頭を刈ってもらいながら、床屋の親爺様と世間話をするのが、亭主の月に一度の息抜きでもあるのです。いつも元気な親爺様に励まされて、蕎麦屋に戻る。

蕎麦を打たなくていいいのが定休日の気楽さ。昨日、綺麗にして新しい焼き糠を加えた去年の糠床から、試し漬けをした蕪を取り出して、今日は少し安くなってきたキュウリを漬けてみる。白菜の季節の終わったこれからは、何と言っても糠漬けが小鉢のベースなのです。大根のなた漬けも、そろそろ柚子の季節も終わるから、いつまでも同じ物に頼ってはいられない。念のために、今週はカボチャと小豆の従姉妹煮を作っておこうと、カボチャと小豆を煮始める。

両方共に弱火でじっくり煮ないと、カボチャは崩れやすくなるし、小豆は張りのある仕上がりにならない。その間に明日の天麩羅の具材を切り分けておくのです。今週の生椎茸は栃木県産だったけれど、ちょうど市場から入ったばかりらしく、なかなか新鮮で好かった。ピーマンもばら売りで大きめの物が出て来たので、やはり季節は移り変わっていると感じるのです。ナスを切り終えたら、天麩羅の具材はラップを掛けて冷蔵庫に入れる。次に進む前にコーヒーを一杯。

玉葱と人参を刻んで、三ツ葉を切ったらかき揚げの具材は出来上がり。こちらもラップで密閉して冷蔵庫に入れるのです。蕎麦豆腐を仕込んだら、そろそろカボチャが煮えている。小豆は豆が柔らかくならないと、砂糖を入れられない。250gの小豆に砂糖を同量用意して、何回かに分けて味付けをする。最後に塩を足して味の加減を見るのです。これで今日の仕込みは終了だけれど、小豆の冷めるまでは容器に入れられないから、午後からまた蕎麦屋へ来なければ。

家に帰ればちょうど女将がスポーツクラブから帰る時間で、亭主が手際よく先日のシチューを作り足して、カレー炒飯を炒める。食休みには北欧のテレビドラマを一本見て、午後のプールに出掛けて行く亭主。風が強くなってきたから、いつもは階段で外から四階まで昇っていくのだけれど、今日はエスカレーターも使って昇る。振り向けば吹き抜けの天窓から光が差して、椅子やテーブルの置かれたロビーが、いつもと違う景色に見えた。これも時代の移り変わりか。

若者や子ども達の多かった昔は、本屋や文具店などが所狭しと商品を並べていた場所が、今は市の出先機関が入って、その前の通路を広く綺麗に作り直してあるのです。スポーツクラブの更衣室も、お年寄りばかりが目に付く。いつものようにゆっくりとアップを終えて、帰りはまた蕎麦屋へ行って、午前中の小豆を容器に分けて入れ、冷蔵庫と冷凍室に入れておく。ついでに、懸案だったグリストラップの掃除をしてしまう。始めてしまえば訳はないのはいつものこと。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 運動・健康. Bookmark the permalink.