昼過ぎまでは雨の定休日だったけれど…

昨夜は、早めにブログも終わったので、風呂に入って焼酎の炭酸割りを飲みながら、NHKでブループラネットの第三集を見ました。世界中のサンゴ礁の海が見られて、懐かしい海も沢山あったから、昔を思い出したのですが、多くの時間を費やして撮った映像は、私たち個人が短期間訪れて出会う光景より遙かに密度の濃い内容なのでした。眠るには早すぎたので、BSでギタージャンボリーという番組を見たけれど、歳を取った陽水以外は、あまり魅力がなかった。

早く眠ったから、今朝も早く目覚めて、pekoと公園の散歩。辛夷の花が咲いていたので、カメラに収める。確かに花びらは6枚で、その根本に葉が一枚出ている。朝食を終えて仕入れに出掛けるのにお袋様のマンションに寄ったら、今度は白木蓮が満開なのでした。確かに花びらは9枚で、それぞれ近くで見れば辛夷と白木蓮の違いは明らか。今年は佐倉は随分と寒い日が多く、ソメイヨシノはまだつぼみが膨らむ程度なのです。週末には一斉に開花するのでしょう。

仕入れて帰った品物を厨房に広げて、何を何処に収納しようかと考えるのも一苦労。午前中に出来る仕込みは、椎茸をパックから取り出して袋に入れ替えて、大根のなた漬けの準備の塩漬けにすることと、出汁取りの準備に昆布と干し椎茸を水を張った大鍋に入れておくことぐらい。月の終わりの週は、女将のお稽古も休みの筈なのに、今月は月初めが休みだったからと、昼から送らなければならないのです。お蔭で亭主は月末に床屋へ行けなくなるのでした。

天気予報は見事に外れて、朝から雨が降っていたから、のんびり床屋へ行くのが一番なのでしたが、家に戻って亭主が昨日店で残った蕎麦を茹でて、女将と二人で食べるのです。女将が二階の君子蘭が咲いたと言うものだから、昔息子がいた部屋に行ってみると、手入れもしないのに、今年も綺麗に花を咲かせていたから嬉しかったのです。株分けした鉢が増えすぎたから、随分と沢山処分したつもりだったけれど、女将が幾鉢かは残しておいたらしいのです。

雨の降る中を国道をひた走り、お師匠さんの稽古場まで女将を送り届けたら、帰りには国道沿いのホームセンターに寄って、蕎麦屋で使う洗剤や消毒液等を買い込んで、ついでに隣のスーパーで家で食べる林檎や亭主の好物の豚のハラミを買って帰る。小さく切って竹串に刺してグリルで塩焼きにすれば、酒の肴には絶品。亭主は東京の下町育ちだから、子どもの頃から家族でもつ焼きを食べに出掛けたものです。親爺は毎晩、近所のもつ焼き屋に通っていた。

蕎麦屋でもみつせ鶏のつくねと合わせて、このハラミ焼きをいつかは出したいとは思っているのだけれど、週末の夜のお客の口に合うかどうか。たまに準備だけはしておくのだけれど、結局、お客に出す前に、家で自分が食べてしまうのです。開業して五年目の終わる今年は、少し宣伝をしてみようか。ちょうど冬のメニューから夏のメニューに入れ替える時期。鍋焼きうどんや温かい肉蕎麦を止めて、新しいものに変えなければならないから、ひとつ挑戦してみよう。

蕎麦屋に戻った午後は、出汁を取って蕎麦汁を仕込み、二番出汁で天つゆと温かい蕎麦の汁を仕込んでおく。5㍑ずつの量だから、鍋も入れ物も大変。店が混めば2、3日でなくなってしまうのですが、温かい蕎麦が沢山出る時は蕎麦汁が残るし、冷たい蕎麦が沢山出れば温かい汁が残るのです。だから、一度に全部を返しと合わせないで、出し汁のままで容器に保存しておく。そうすれば、他の料理にも使えるから好いのですが、そのバランスが難しいのです。

女将から随分早く迎えの依頼があったから、出し汁を冷やしたまま、直ぐに車に乗って出掛ける亭主。遅い午後から陽も差してきて、隣町辺りのソメイヨシノも花を咲かせているではありませんか。佐倉はよほど寒いのでしょう。家に女将を降ろしたら、そのまま蕎麦屋に戻って仕込みの続き。夕刻に帰宅したら、pekoの散歩に出掛けると言っていた女将は長電話中。四国の書の知り合いらしい。夜は石垣島からもずくが届いて、またもや女将は石垣島に長距離電話。

This entry was posted in 季節, 料理, 日常, 未分類, . Bookmark the permalink.