寒い朝から暖かな午後へ…

晴れた朝は放射冷却で気温の下がる季節です。今朝もジャージの上にジャンバーを羽織ってpekoの散歩に出掛けました。加齢のせいか、最近は、遠くまで行きたがらないのだけれど、蕎麦屋までぐらいなら、たまには行ってみようと思うのだろうか。みずき通りを渡って蕎麦屋への階段を登るのにも、ヨイショという感じで、以前の勢いはないのでした。それでも玄関口で亭主を待っているから偉い。日の出が随分早くなり、昇る位置も森の北側に移っているのでした。

家に帰ってもまだ6時過ぎだったから、女将は寝床で朝の体操の時間。夜も早く寝て朝も早く起きた亭主は、pekoに朝食を与えて自分も朝の食事の準備を始めるのです。定休日前の今日だけでは使い切れない肉や野菜の残り物を、蕎麦屋から持ち帰ってきたので、シチューと茄子とピーマンの炒め物を作って、一人で食べ始める。仕上げにコーヒーを入れて居間の椅子に座って寛いでいたら、いつもの時間に女将が台所に入って来るのでした。まだ7時前だった。

BSで早い時間に朝ドラを見終えた亭主は、一足先に洗面を済ませ、もう蕎麦屋へ出掛ける準備をしている。女将が朝食を終えて朝ドラを見る時間には、「行って来ま~す」と、家を出るのです。日曜日の夜のうちにあらかた仕込みは終えているので、月曜日は特に忙しいわけではないのですが、家の庭から切ってきた水仙と雪柳と連翹を一輪材の花瓶に挿して、気分を落ち着かせる。週末が雨や寒さで意外とお客が少なかったから、暖かくなるという今日に期待。

昨日の蕎麦が生舟に一箱残っているので、蕎麦打ちも一回で済むからわけはない。気温も低いし、湿度も36%しかなかったから、今朝の加水率は44%。捏ねた生地の表面がつるりと滑らかになったら菊練りに入って、でっち上げて蕎麦玉を平らに潰すのです。今朝は蕎麦粉の量も少なかったから、そのまま地伸しに入って、丸出し、四つ出し、本伸しと、じっくり丁寧に作業を進めるのでした。八つに畳んだ生地は、いつもと同じ切りべら28本、130g の太さの仕上がり。

気分転換に外に出て、ミニ菜園で今朝のサラダに使うリーフレタスを採ってくる。ひんやりとした外気は北風が吹いている証拠で、これが昼からは南風に変わると言うのだけれど、最近の天気予報はあまり当てにならないのです。青空も広がって晴れているから、暖かくなればお客も増えるのだけれど…。蕎麦屋の前を、いつものように下の集積所までゴミ出しに行くご近所が通る。向かいの畑にはいつものように親爺様が出て農作業をしている。のどかな光景です。

若い頃から、じっとしている質ではない亭主なのでしたが、蕎麦屋を始めてからというもの、滅多に他に出掛けて行かなくなった。いつもと同じように蕎麦を打っていないと、営業が成り立たないからなのですが、あまりにものどかすぎる風景の一部にでもなったようで、退屈と言えば退屈なのです。久し振りに変わった小鉢を作ろうと、今朝はインゲン豆の胡麻和えを作ってみました。香りの強い黒ごまを使い、胡麻と砂糖は2:1、出汁醤油を混ぜればはい出来上がり。

昼になるに従って、段々と暖かくなって、お客もちらほらといらっしゃる。常連さんがほとんどで、いつもと同じご注文。「暖房が暑すぎるんじゃない?」と言われて、南風に変わっているのに気が付いたのです。鴨せいろをご夫婦で頼まれるお客もいたりで、結構、厨房も忙しくなるけれど、平日はやはりお一人のお客が多いのです。一度に洗い物をする数も少ないから、閉店後の片付けも早く終わった。女将が店の残り物を取りに来てくれたけれど、今週は少ない。

2時半には亭主も家に戻って、一休みしたらプールに出掛ける。月曜日は子供たちのスイミングが休みの日だから空いているかと思ったら、春休みとあって幼児のスイミング教室。それでも、速く泳ぐコースが設定されていたから、誰もいないコースでゆったりとアップが出来ました。蕎麦屋での仕事と違って、短時間でもやはり水の中で身体を動かすのは気持ちが好い。クイックターンを繰り返しながら、今日は調子が好いぞと、つい水を掻く腕に力が入るのでした。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.