花曇りどころか、寒い雨の一日…

このところ暖かくなったからと、pekoと一緒に寝るのを止めたら、亭主は朝までぐっすりと眠れるのでした。昨夜も10時半に床に就いて、今朝は5時半の起床。7時間の睡眠時間はちょうど身体にも良いらしい。pekoに早めの朝食を与えて、小雨の降る外に連れ出したけれど、やはり途中で自分で家に引き返すから、これは堪らんと判るらしいのです。あまりにも時間が早いので、一人で茄子とピーマンと葱と豚肉の炒め物を作って、朝食を済ませる亭主なのでした。

今日は天気は悪いようだけれど、休日でしかも昨日も蕎麦が売り切れだったから、亭主は8時前に家を出て蕎麦屋に向かうのでした。耕作放棄地の菜の花畑が半分だけ手入れされて、今年は土地の持ち主のお爺さんも頑張っている様子。花が咲いて種がこぼれるまでに、根こそぎ抜いてしまわないとまた来年も同じになるから、他に田畑が沢山ある農家も大変なのです。店に入る前に、今朝のサラダの仕込みに使うだけのリーフレタスを、ミニ菜園から採って行く。

天気は悪くても休日だからと、750g の蕎麦玉を二つ練り上げて、寝かせている間に厨房に戻って、米を研いで炊飯器にかけて、昨夜作った高野豆腐の煮物を小鉢に盛っておくのです。これからの季節の絹さやを茹でて彩りを添えてみました。蕎麦打ち室の温度は15℃、湿度が40%だったから、今朝は加水を43%まで戻したのだけれど、まだ少し硬いので、両手を水で濡らして捏ねたのです。これでちょうど好い具合。地伸しが均等な厚味で丸く仕上がると後が楽。

丸出しも、地伸しが綺麗な形だと楽に出来る。均等な厚味で仕上がったこの段階で、四つ出しの成否はほぼ決まってくるから、蕎麦打ちは、本当にどの行程もおろそかには出来ないのです。四つ出しが上手く出来れば、その後の本伸しも角が綺麗に取れて、均等な厚味で生地を広げられるし、畳んで包丁切りに入っても、スムーズに均等な幅の蕎麦が取れる。今朝も切りべら28本で130g の蕎麦が取れたから、二玉を合わせて17食の蕎麦が仕上がったのでした。

昨日医者に行って、膝の具合が完治したと告げられた女将が、雨の中を元気にやって来て、洗濯物を畳み、店の掃除を始めてくれる。亭主は金柑大福を包んで、天麩羅の具材を切り分けていきます。昨日のうちにやっておけば好かったのだけれど、昨日は閉店過ぎまでお客がいたし、女将を医者に送っていかなければならなかったので、今朝になってしまったのでした。そんな事情をすべて勘案して、今朝は早く家を出たのです。次に野菜サラダの具材を刻む。

キャベツ、赤玉葱、ニンジンと刻んで笊に乗せていると、11時前だというのにもう駐車場に車が入って来るではありませんか。とてもじゃないけれどこれは受け入れられない。早お昼を食べ帰った女将が来て、「お父さんがサラダを盛り付けたら中で待っていただくわね」と言うけれど、大釜の湯も沸いていないし、ご飯も炊けていないのでした。それでも遠くからいらっしたお客かも知れないと、暖簾はまだ出さずに中に入っていただいてお茶だけお出しするのでした。

聞けば遠い町から城址公園の桜を見に来たのだとか。毎年この時期に佐倉を見に来るのだと言うけれど、今年は、佐倉ではソメイヨシノはまだ咲かないから、結局、霊犀亭に寄っていくことにしたのだとか。若いカップルで、今日しか日にちが取れなかったのだと言うのでした。そうしている間に、常連さんがいらっして、カウンターに座っていつもの天せいろ。いつもの土曜に比べたらお客少ないのだけれど、雨中を来て下さる方もいるから有り難い。暇な時間が長い。

手持ちぶさたな女将は店の新聞を読んでいるばかり。外は雨が降り止まず、気温も低かったから、店の中は昨日と違って暖房を入れている。赤ん坊を連れた父親とそのお母様らしいお客が最後で、ヘルシーランチセットと天丼とせいろ蕎麦のセットをご注文でした。昨日一昨日と随分とお客が入って忙しかったから、のんびりとしたこんな日があっても好いと思ってしまう。早めに家に戻って、女将は美容院に出掛けて行く。亭主は夜の営業まで一休みなのでした。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.