そよ風の吹く午後…

昨夜は夜の9時に眠って、今朝は7時過ぎに目が覚めたから、定休日明けの混んだ祝日はやはり疲れたのです。昨日いらっした東京下町の料理屋の主人は、昼から夜までぶっ通しで店に出ていると言っていた。地域事情も違うけれど、歳を取ってから店を構えた亭主には、到底、無理な仕事ぶり。趣味の蕎麦屋と言われても、仕方のないのが霊犀亭の実情なのです。それでも、今朝も早くから蕎麦屋に出掛けて、洗濯物を干したり、蕎麦汁を仕込む亭主です。

昨日も蕎麦は売り切れたから、今朝も二回の蕎麦打ちをしなければならないのでしたが、加水も42%のまま、二玉を捏ね上げて綺麗に畳んで包丁切り。切りべら29本でひと束130gを越えたから、同じ条件で同じ蕎麦を仕上げられた嬉しさのある今朝の喜び。天気予報では曇りの一日のはずなのに、青空が覗いて気温はぐんぐん上がるばかりで、店の暖房も入れないのに朝から20℃を越す暖かさなのでした。蕎麦打ちを終え、野菜サラダの具材を刻む亭主です。

やはり暖かいからか、開店前から常連さんたちがもうご来店で、いつも辛味大根蕎麦の注文をする親爺さんは、来週からまた海外へ出掛けるからと、日本の本当のシンプルな蕎麦を食べておきたいとせいろ蕎麦の大盛り。亭の蕎麦をこよなく好いて下さるから、今週はもう二回目のご来店なのです。同じカウンターに座られた親爺様は、スクーターに乗っていつもいらっしゃる。今日も、カウンターに座って天せいろの大盛りのご注文で、平日なのに幸先が好い。

平日の今日は、野菜サラダを三皿用意したのだけれど、女性客が来ないとなかなかサラダは出ない。金柑大福も平時は四皿作ると決めているのだけれど、天せいろの大盛りを注文した若い男性客が珍しく単品で注文したっきり。それにしても、今日はやけに蕎麦の大盛りのご注文が多かったのです。暖かくなって蕎麦好きは沢山食べたいと思うのだろうか。ご夫婦でいらっしたご新規さんは、天せいろと天丼とせいろ蕎麦のセットで、やはり天麩羅が人気でした。

たった二日間で、もう天麩羅の具材が残り少なくなっているから、天麩羅油もみるみる減っていく。蕗の薹の天麩羅のサービスが終わって、菜の花の天麩羅をサービスで添えているのですが、やはり葉物類はかなり油を使うから要注意なのです。蕎麦粉の次に仕入れ値の張るのは、胡麻油と綿実油を合わせた天麩羅油だから、調子に乗ってどんどん使うと食材の仕入れが売り上げとの原価率を押し下げるのです。ぎりぎりの値段で出すのはなかなか辛いのです。

1時を回ってお客が途切れたので、外の様子を見ようと表に出れば、暖かな陽気でそよ風が吹いていた。今年は春の訪れが早いという気がする。と、車のウインカーを出して常連さんが駐車場に入る。「暇なのですか?」と好いながら若いご夫婦が店に入って、またしても大盛りのご注文だから、今日は蕎麦のなくなるのが早い。これで最後のお客かと思っていたら、まだご新規のご夫婦がいらっして、鴨せいろを二つのご注文なのでした。閉店まであと僅かの時間。

先のお客が帰られて、無口なお二人は黙々と蕎麦を啜る。ご主人が蕎麦をもう一皿もらえないかと言うので、売り切れの看板は出したのだけれど、賄い蕎麦にとっておいた最後の一束を茹でて出す。鴨せいろの汁も蕎麦湯も綺麗に飲み干して閉店過ぎまでゆっくりとなさっていた。それでも一言も口を利かないから、こんなお客もいるのだと亭主とスタッフ。満足そうにお帰りだったから、それはそれで嬉しい限り。洗い物を済ませてスタッフと共に蕎麦屋を出るのです。

家に戻って門の脇の階段を登れば、雪柳の白い花が綺麗に咲き出していた。周りを見渡せば、庭の連翹もすももの花もすっかり咲き始めているのでした。今日は女将が通院する日だったから、医者の始まる時間に間に合うようにと、その足で、車を出して駅前の高層マンションの駐車場に向かう亭主。女将が医者にかかっている間に、亭主が地階のスーパーで夕食の買い物をする。ついでに足らなくなった蕎麦屋の食材も仕入れておくのでした。今日も疲れた…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.