朝から雨が降り続いて…

今朝はpekoも亭主も早くから目を覚ましていたけれど、雨が降っていたので散歩にも出られませんでした。年老いたpekoも玄関までは出てみるものの、雨だと分かると家の中に戻ってしまうのです。女将の朝食の準備が早かったから、亭主が蕎麦屋へ出掛けるのも早かった。暖かい雨の中を傘を差して歩くのもまた一興と、春の近づいているのを身体で感じながらも、昼も気温が上がらずに、寒くなるのではと心配されるのでした。客足は当然落ちるから尚更です。

幟を立てて、チェーンポールを降ろしたら、まずは米を研いで炊飯器にかける。漬けもの器に入ったお新香を取り出して、小鉢に盛り付けたら、いよいよ蕎麦を打ち始めます。蕎麦打ち室の温度は13度、湿度は50%だったから、今朝は43%の加水率で、蕎麦を捏ね始めたのです。季節の移り変わりと共に、加水の量も少しずつ変えていかなければならないのが、よく分かる。今朝もちょうど好い硬さで蕎麦玉を二つでっち上げて、ビニール袋に包んで寝かせておく。

伸して畳んで包丁切りに入れば、これがまたちょうど好い具合で、トントントンと綺麗に切れていくから、切りべら28本で、何回切ってもちょうど130gになるから、かなり調子が好いのです。最後の方になって、切りベラの本数が増えたのは、やはり生地の厚味が均等に伸せていなかったからだろう。生地の薄い部分があると、当然のことながら本数が増えてくる。ここがまだまだのところ。それでも、750gと500gの蕎麦を打って14人分を取れたから、まずまずの出来。

本降りになった雨の中をスタッフがやって来て、店の中の掃除を始めてくれる。亭主は、野菜サラダの具材を準備したところで、奥の座敷に入って一休みする。開店前の仕込みも、2時間に一度ぐらいは休憩をしないと、後が辛くなるのです。畳の上で前屈をすれば、背骨がボキボキと音を立てる。猫のポーズで腰や肩まわりをほぐしたら、また厨房に戻っていくのです。日に何回かこうして身体のメンテナンスをして、立ち仕事の疲れを溜めないようにしているのです。

野菜サラダの具材を刻んで盛り付けたら、薬味の葱切りをして、金柑大福を包む。二回蕎麦を打った割りには、開店前の仕込みが珍しく早く終わったのですが、賄い蕎麦を茹でて食べるだけの時間の余裕はない。仕方がないから、5分前には暖簾を出して、冷たい雨の降る中を今日も営業を開始するのでした。やはり昼になっても気温は上がらなかったけれど、寒い時期に比べたら朝のうちに入れた暖房もすぐに効いて、店内の室温は20℃を越えているのでした。

果たしてお客は来るだろうかと心配していたけれど、昼前からご新規さんのご夫婦がいらっして、お二人ともヘルシーランチセットの天せいろのご注文。次にいらっした若い女性の二人連れは、天せいろと野菜サラダの付いたカレー蕎麦の注文だったから、三皿用意したサラダはもう売り切れてしまうのでした。雨の降る日でも、風の強い日よりは結構お客は来るものだと、経験から分かってはいても、こんな雨の日に蕎麦屋に来てくれるお客にはやはり感謝なのです。

閉店15分前のラストオーダーの時間になっても、お客はなかったから、早めに暖簾を下ろして片付け物に取りかかりました。お客が多くても少なくても、大鍋を洗ったり、天麩羅鍋の油を漉したりと道具の後始末の量は変わりないのです。雨の中を家に戻って書斎に入り、早速、パソコンに向かって売り上げと今日撮った写真のデータを入力する。2月としては、前年比1.6倍と順調な売り上げの伸びで、赤字の額も約三分の一に縮まっているから、この春が楽しみです。

天ぷら粉を届けてくる業者を蕎麦屋で迎えて、そのままプールに出掛ける夕刻。雨はいっこうに止む気配がないから、気温はどんどん下がっている様子なのでした。ちびっ子のスイミングが始まっていたけれど、時間が早かったからか、今日は3コースが一般用に空いていた。歩くコース以外には、誰も泳いでいないので、準備運動を終えてゆっくりと無理をせずに、泳ぎ始めるのでした。ちょっと水が重く感じられるのは、まだ十分に昼の疲れが取れていない証拠。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.