久々の夜なべ仕事で…

昨夜は久し振りに夜遅くまで確定申告の書類作りをしていました。書斎にあるディスクトップのパソコンが設定をいじってしまったからか、国税庁のホームページから申告書の作成画面が読み込めずに、ノートパソコンでURLを捜してやっと記入に取りかかったのですが、最後までたどり着いたときに、女将の年金の源泉徴収書をもらっていないことに気が付いたから大変。何処にしまってあるのかも判らないから、未明の夜食に蕎麦を茹でて食べたら寝床に入る。

朝食後の隙間時間で、もう一度申告書を作り直して、9時過ぎには市役所まで出掛けて、やっと確定申告の受付に提出したのです。女将は大事な書類だと思って保管していたらしいのですが、この時期に亭主が申告書作成に四苦八苦しているのを知っていながら、言われるまで気づかないからいかにも女将らしい。去年までは遠方の税務署まで出掛けていたけれど、車で15分の役所で提出が出来ると知って、帰りがけに仕入れの残りや銀行に寄って来られた。

そのまま蕎麦屋へ直行して、昨日の仕込みの続きを開始する亭主。大根のなた漬けを漬け込んで、空いた漬けもの器に、今度は大樽に塩漬けしておいた白菜を漬け直す。今回の白菜は大きかったせいか、水が上がって萎んだはずなのに容器一杯になったから、食べ応えがありそうなのです。次に蕎麦豆腐を仕込んで、天麩羅の野菜切り分けて、収納容器に詰めていく。明日の天気も気になるところでしたが、天気予報は何度見ても頭に入らない年齢になった。

その分、仕込みにかかる時間が早くなったから、最近は、二日目の定休日は午後にゆとりが出来てきた。家に戻って、久し振りに女将と二人でラーメンと餃子で昼を済ますのでした。あっさりとした醤油味に、厚切りの豚肉の香りと野菜の彩り。ラーメンそのものをあまり食べなくなったから、亭主も自慢の自家製餃子を、近ごろは滅多に作らなくなった。その代わりに既製品を買い求めるのだけれど、なかなか美味しい餃子がない。手間と味との微妙な関係です。

午後は、しばらくは書斎でパソコンに向かったかと思えば、昨夜の睡眠不足が祟って、一挙に眠くなって横になったら、そのまま夕刻まで眠ってしまったのです。目覚めればもう日の暮れ時で、女将が台所で夕飯の支度をしているではありませんか。昨日に続けて米沢牛のすき焼きだったから、女将の大好物とは言え、二日続けて食べるのは珍しいと感心する。亭主は元来、美味しく食べたものは随時繰り返して作る調理人だから、話をしながら楽しい夕食のひととき。

昨日は久し振りだったからか、大きなすき焼き鍋で作ったのに、今日は一回り小さな鍋に変わっている。家族の多かった時代から二人だけの生活に変わったのを思い出したのだろうか。一休みしたら亭主は夜のプールに出掛けていく。この時間帯は随分と空いているので、ゆっくりと泳ぎ続けるのでした。蕎麦屋の去年の売り上げは、前年比13%増で、大型ショッピングセンターが出来て売り上げが落ちたのもやっと回復して、やはり、お客は確実に増えている。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営. Bookmark the permalink.