曇り空も夕刻からは晴れて…

いつものように6時過ぎには目覚めて、pekoの散歩に久し振りで蕎麦屋まで出掛けました。昨日の朝とは違って、今朝はどんよりとした曇り空。吹く風も少し冷たく感じられました。昨日、カウンターに洗って干したままの盆や蕎麦皿を、片付けてまた家まで戻れば、まだ女将が朝食の用意を始めたばかりの様子だったから、一足先に朝食を食べ終えたpekoを膝に乗せて、テレビのニュースをぼうっと眺めている亭主。手持ち無沙汰な朝の隙間時間、改善の必要有り。

8時半には再び蕎麦屋へ出掛け、先週までに使って足りなくなった食材を確認して、お袋様を迎えに行く。近所の友だちとお稽古事に出かけたり、自宅に招いてお茶を飲んで話をしたりと、毎日が結構忙しい80歳半ばの彼女も、週に一度は亭主と車で、隣町のスーパーまで買い出しに出掛けるのです。そして団地の中の農産物直売所にも足を運んで、一週間の主な食材を買い入れてくる。近ごろ客の多くなった蕎麦屋の亭主も、客の増えた分だけ仕入れが多い。

仕入れた食材を冷蔵庫に収納したら、生椎茸をパックから採りだしてストレスを解消してやり、ビニール袋に入れて野菜室ではなく、冷蔵庫に保存しておきます。残った大根は、丸ごと一本を切り分けて、なた漬け用に塩で押し漬けにしておくのです。次に、白菜一把を切り分けて、塩をしながら大樽に漬け込んでいく。これで午前中の仕込みを切り上げて、10時半には月待つ恒例の床屋に出掛けていくのです。上手い具合にお客がいなかったので、直ぐに散髪できた。

40年近く通っている床屋のマスターとはすっかり馴染みで、昔は一緒に房総まで釣りに出掛けたもの。亭主よりも一回り近くは年長のはずなのに、いつも元気を貰って帰るから不思議なのです。店の忙しいと時には脇に息子さんが控えているから、羨ましい限り。最近、蕎麦屋が忙しくなったと言えば、早く弟子を育てなければ駄目だと今日も言われた。蕎麦屋を始めて僅か5年で、もう後継者を育てなければならないのかと、つくづくと商売人の大変さを思い知る。

家に戻って女将と昼飯を食べたら、亭主はパソコンに向かって、今日の仕入れのデータ入力。女将は稽古場に入って、次に出品する作品の撰文をしているらしかった。亭主も、隙間時間の使い方を上手い女将を見習わなければと反省して、確定申告の書類を仕上げようと国税局のホームページから申告書をダウンロードしようとするのでしたが、何度やっても読み込み中とばかり表示されて先に進めない。全国の申告者がアクセスするから、混んでいるのだろうか。

午後になってマイペースの女将はさっさとスポーツクラブに出掛けて行くし、亭主もごろりと横になったものの、まだ今日の仕込みは残っているからと三度蕎麦屋へ出掛けて作業を開始するのです。朝のうちに出汁を取るために浸けておいた昆布と干し椎茸を入れた鍋に火を入れて、一番出汁、二番出汁を取りながら、自宅で取れた今年最後の金柑の種取りを開始するのでした。売っている大粒の金柑は値段が高いけれど、今年は自家製金柑が豊作で助かった。

自宅の金柑も大粒の品種だから、市販のものとそれほど遜色はないけれど、ひとパック400円もするのを一回分の甘露煮を作るのに3パックは使うから、金柑大福も決して安い原価ではないのです。お客の人気があるからと、今年は連日のように作り続けていたけれど、本当に有り難かった。最後の金柑だからと、念入りに煮込んで瓶詰めにしておきました。三月半ばまでは店で出せるだろう。蕎麦汁も冷やして蕎麦徳利に詰めていく。出汁も容器に入れて冷蔵庫に。

5時半を過ぎて女将から電話が入って、「何処にいるの?蕎麦屋?」と言われて、「お前、随分帰りが早いね」と言えば、「今日は出るのが早かったでしょ」ちょうど仕込みも終わって洗い物を終えたところだったから、急いで家に戻るのでした。今夜は久々のすき焼きの晩だったから、やはり一緒に食べなくてはと、亭主は赤ワインを開ける。ワインも米沢牛の肉も、溜まっていたあちこちのポイントで送ってもらった品物だったけれど、久し振りに贅沢をさせてもらいました。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.