幸運にも晴れて暖かな一日で…

午前中は雨という予報だったから、降り出す前の早朝にpekoの散歩に出掛けたのです。ところが、陽の昇る東の空は綺麗な朝焼けで、どう見ても雨が降るとは思えない。雨ならば蕎麦屋のお客も来ないだろうから、今朝の蕎麦打ちはどうしたら好いだろうと考える亭主なのでした。昨夜の営業のために追い打ちを掛けた蕎麦が、生舟にまだ半分ほど残っていたけれど、今月の月曜の来客数は、一週目の0、二週目の1、三週目の7と芳しくないから、果たして今日は。

結局、傘も持たずに蕎麦屋へ出掛け、朝の仕事を片付けたら、蕎麦打ち室に入って今朝の蕎麦打ちを開始するのでした。6人分は確実に取りたかったから、550g という分量にして、加水率を掛けて、蕎麦の捏ね方を始めれば、44%でもちょっと柔らかい感じでした。やはり、気温が高いと生地は緩むという傾向には要注意なのです。それでも無事に捏ね終えて蕎麦玉を寝かせている間に、厨房に戻って今日の小鉢に白菜のお新香を切り分けて、小鉢に盛り付ける。

ちょうど最後の日に、上手い具合に漬け込んだ一把の白菜がなくなるのも嬉しい。昆布の旨味が利いて一番美味しい時期に終わるのも、また格別の味わいなのか。後は、昨日のうちに漬けた大根のなた漬けが6鉢ほど出来るから、十分に足りる量だと考えたのでした。天せいろには小鉢は付かないから、天せいろ以外のメニューがそんなに出るはずもない。蕎麦打ち室に戻って、生地を伸して行けば、今日もなかなか好い感じで、切りべら29本で130gを越える。

野菜サラダの具材を刻んで、金柑大福を包めば、開店前の仕込みは終わり、天汁や油に火に掛ける。開店五分間前に暖簾を出してお客を待てば、早い時間に車が駐車場に入ってくるのでした。お客の注文を聞くか聞かないうちに、もう次の車が…。リピーターさんやご新規のお客様が次々といらっして、12時半にはもう生舟の蕎麦が残り僅かになっていたのです。外は雨などまったく降らずに、むしろ晴れてやけに暖かい陽気なのでした。これはラッキーな月曜日か。

さすがに1時を過ぎると客足も落ちて、賄い蕎麦でも茹でて食べようかと思っていると、見慣れた黒いSUVが軽やかに駐車場に入ってくる。すっかり常連さんになった中年の女性客は、いつも一人で天せいろを食べる。それでもヘルシーランチセットも気になるようだったから、亭主が「天せいろにしないで、せいろに海老だけでも天麩羅をお付けできますよ」と助け船を出す。野菜サラダも量が多いから、蕎麦豆腐にデザートまで、女性客にはなかなか食べきれない。

菜の花を枕にして、海老の蕎麦の実衣揚げと普通のエビ天をお出ししたら、これは美味しそうに召し上がっておられたのです。天気が好くて良かったですねと言えば、家の方では朝から雨が降っていたとおっしゃるから、「どちらからいらっしゃるのですか」と尋ねれば、高速を使っても車で40分ほどの遠い町なのでした。どうやら仕事がこちらで、昼の休みに蕎麦を食べに来るらしいのです。いらっしゃる度に少しずつお互いの会話が増えてゆくから、それもまた嬉しい。

1時半近くにご夫婦のお客が見えて、注文の品をお出ししたら、今日はこれで終わりだろうと片付けに入ったのですが、お袋様の住むマンションの方から、見覚えのある老人二人が歩いて来る。つい先日もいらっしたのに、酒を召し上がる男性達たちだから、これは閉店時刻を過ぎるだろうと、女将に電話をして残飯を取りに来るのは少し後にしてと言っておく。案の定、ビールに日本酒を飲み始め、鴨せいろに鴨南蛮のご注文だったから、有り難いやら遅くなるやら。

午前知勇は雨という天気予報の外れが幸いして、陽の差す暖かい午後でした。平日の10人越えは、月曜日では珍しい。お蔭で蕎麦はすべて売り切れて、スタッフと亭主は昼飯を抜く。これが蕎麦屋本来の姿なのでしょうが、3時には家に戻って一人で昼飯を食べ、今日のデータ入力にパソコンに向かえば、何時の間にか眠りこけている。夕刻になってやっと疲れも癒えて、プールに出掛けてひと泳ぎ。帰りに地階のスーパーに寄って、家の肉や魚を買い求めてくる。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.