風も冷たく、晴れたりくもったりの陽気で…

暖かい朝なのでしたが、風がとても冷たく感じられました。お隣の庭ではピンク色の梅の花が満開で、今朝の曇り空に明るく映えていました。長年手入れを繰り返し、何十年もの月日が経って、始めて味わいが出てくる。それに引き替え、我が家は本当に梅の花とは縁がないのです。若い時代だったからか、枝に付くアブラムシの退治もこまめに出来なかったし、磯辺の梅園から買って来た紅白の梅の苗木も、三歳程だった息子が庭で遊んで枝を折ってしまった。

女将の出番の週末は、亭主は早い時間に蕎麦屋に出掛けて、平日にはスタッフがしてくれる仕事をあらかじめ片付けなければならない。その分洗濯物を畳んだり干したりと、女将は細かなことに気が付いてくれるから、どっちもどっちで有り難いのです。沢山浸けたはずの大根のなた漬けも、お客が多いと三日で終わってしまう。大根は沢山買っておいたから、朝のうちに次のなた漬けの準備を済ませておく。それからやっと蕎麦打ち室に入って蕎麦を打つのです。

店の暖房を入れた後の蕎麦打ち室の室温は、真冬の頃とは違って、14℃もあったし、湿度も40%を越えていたので、今日の加水率は、このところちょっと柔らかめなのを勘案して、45%強にして捏ね始めたら、それでもやはりまだ若干だけれど柔らかい。この感覚は、蕎麦を打つ者にしか判らないだろうけれど、丸出しや四つ出しで伸し棒で生地を巻いた時、生地に多少の皺が寄るか寄らないかの程度の差なのです。修正は十分可能で問題はないけれど気になる。

それでも何とか生地を伸して畳んで、今日は800g の蕎麦から9人分強の蕎麦を取って、昨日の蕎麦と合わせて14人分強の蕎麦を用意するのでした。週末にしては少ない量だけれど、今朝の冷たい風と曇り空が、ちょっと気になっていたのです。風が強いとだいたいはお客は来ないし、万一、予想が外れて足らなかった場合でも、夜の営業に向けては、追い打ちを掛ける方が、残った場合に明日の蕎麦としてより状態の好いものを提供できるという気がするのです。

果たして、昼前にはご新規さんばかりが続けてご来店だったけれど、いつもの週末の混みようではありませんでした。やはりその日の天気は来客数に相当に影響するのです。時折、雲間から太陽が現れて、向かいの森を明るく照らすのだけれど、風は強い北風でまだ春の手前。盆や器を片付ける女将が、「こんな日に来るお客は、よほど蕎麦が好きなのよ」と、蕎麦湯の容器も蕎麦徳利も全部空になっていると言うのです。1時前に亭主がまかない蕎麦を食べる。

休日は、ゆっくりと朝を食べた人たちが、遅れてやって来るのがいつものパターンだから、もう何組かは来るだろうと思っていたのです。案の定、遅い昼を食べにいらっしたお客がご来店で、お蕎麦が残っているかと電話まで入る始末。電話に出た女将は、「大丈夫ですよ」と言うだけで、人数を聞いたり、閉店の時間も告げなかったから、厨房にいた亭主が文句を言う。閉店間際に来られても、お蕎麦は残っているけれど、夜の営業の仕込みにも支障が出るのです。

このところ毎週末に二日続けていらっしゃる団地の中の常連さんが、今日は見えていないから、もしかしてと思ったのですが、やはりそのご夫婦で、閉店10分前にいらっして、済みませんねと言いながら、しっかりとヘルシーランチセットのご注文なのでした。聞けば、弁当を持って休日出勤をしたのに、早く帰れるからと奥様に言って急遽蕎麦屋へ向かったのだとか。そこまで聞いたら怒る気もなくなって、のどかな会話を交わす亭主。よほど蕎麦が好きな方らしい。

結局、夜の営業分の蕎麦が足りなくなったから、家に戻って1時間ほど休んだら、早めに蕎麦屋に戻って追い打ちを掛ける亭主。お客の来なかったのを好いことに、予定通り、白豆の皮むきを終わらせて、明日のデザート作りのために白餡を作るところまで終わらせて、家に帰るのでした。明日は今日よりも穏やかな陽気だと言うから、また沢山のお客が来るのかも知れない。今年は、去年までに比べてお客の数が増えているのが、嬉しいけれど心配なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.