ひんやりとした空気の一日で…

暖かな朝なのに、何故か空気がひんやりとしていました。青空が見えているのに、薄雲がかかっているのです。毎日見ている蕎麦屋のたたずまいも、裏の広い敷地に新しい大きな家が建って、逆に新鮮な風合いを醸し出している。平屋なのが却って印象に残るのかも知れない。どんな色合いのお宅になるのやら。蕎麦屋の奥座敷は、眺望も悪く、陽も当たらないけれど、店の外観は落ち着いて見えるのでした。開店して五年目の春はどんな季節になるのだろう。

今朝はいつもより少し早く蕎麦屋に着いて、店の中に入る前にチェーンポールを降ろしたのです。今までなら、早く暖房を入れて店内を暖めておかなければと考えたのに、それだけ、暖かくなってきたと言うことなのでしょう。厨房は11℃、蕎麦打ち室は9℃もあったから、直ぐに蕎麦を打ち始められました。加水率は46%弱で、今朝も絶妙の水加減なのです。生舟に昨日打った蕎麦が少し残っていたから、750g を一回打って、合わせて13食の用意をしようと考えました。

蕎麦打ちも一回で、時間と心に余裕があるからなのか、包丁打ちも丁寧に、均等な間隔で蕎麦が切れるように意識したら、いつもより切りむらが少ないので驚きでした。これを毎日繰り返さないといけない。切りべら27、8本で130g ± 3g 程だから、いつもと同じ太さのはずです。蕎麦が上手く打てた朝は、いつもながら清々しい。金柑大福を作るのに、金柑を包む白餡が切れたから、今朝は蕎麦饅頭を作る予定で、小麦粉と蕎麦粉を計量して、氷糖蜜で捏ねていく。

しばらく作っていないと、重曹を入れるのを忘れたり、氷糖蜜の分量を間違えたりと、過去にはいろんな失敗を繰り返したけれど、今日はイメージ通りの蕎麦饅頭が出来ました。蕎麦粉と小麦粉は80g、氷糖蜜は100g、漉し餡は30gでちょうど8個出来るのです。蒸かした饅頭が暖かいうちに、デザートの付くヘルシーランチセットの注文が入れば、美味しい饅頭を食べていただける。四つだけいつもの更に盛ってカウンターに並べ、残りはしばらく蒸かし釜に入れておく。

風が冷たいから、今日はお客が来るかと不安なのでしたが、昼前から続けてお客が入ったから、蕎麦が足りなくなったらどうしようと心配したのでした。しかし、混んだのは一時だけで、週末ではないから、やはり後半は客足が途絶えます。それでも駐車場は満杯になって、皆さんご新規のお客様なのでした。注文も多岐にわたって、せいろ蕎麦や鴨せいろから、ヘルシーランチセットやミニ親子丼とせいろ蕎麦のセットなどと、厨房の亭主も退屈しないから嬉しかった。

客の来ない時間帯には、スタッフがひたすら白豆の皮を剥いてくれている。亭主はその脇で、天麩羅の具材を切り分けたり、次の調理の仕込みに余念がないのです。1時を少し回った頃に、亭主が油が冷めてしまわないうちにと、かき揚げを揚げ始める。お客の来る気配がないことを確かめて、端切れの蕎麦を茹でてぶっかけの賄い蕎麦をスタッフと食べる。端切れとは言っても、130g が取れない最後の蕎麦の束だから、熱々のかき揚げで美味しく食べられる。

「ああ、美味しい」とスタッフが隣で声を上げる。お客は来ないけれど、これがまた蕎麦屋の至福の一時なのです。今日は、せいろ蕎麦を頼まれたお客様に、「お蕎麦の香りがして美味しいわ」と言われたので、じっくりと味わってみたけれど、亭主には蕎麦の香りが判らなかった。よくお客様には言われるのだけれど、せいろ蕎麦で蕎麦だけを食べないと判らないのか。家に持ち帰った時に食べても、そんなに香りがあるとは思えないのは、慣れ過ぎてしまったからか。

午後は女将がスポーツクラブに出掛け、パソコンに向かっていた亭主はひと眠りする。夕食は亭主一人で焼き肉丼と味噌汁を作って、食べ終えた頃に女将が戻る。pekoの散歩に出た女将を待って、蕎麦屋へ出掛けて明日以降の蕎麦汁を仕込んで、そのままプールに出掛けて夜のひと泳ぎ。これだと夕食は少量だけれど、しっかりと食べて酒も飲まないから、案外、身体に好いのかも知れないと、体重計に乗れば少し減量です。安心して寝酒を飲む亭主なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.