晴れて暖かな一日…

風はちょっぴり冷たかったけれど、陽射しも強く暖かな朝なのでした。いつもの時間に蕎麦屋へ出掛ければ、店内の気温はもう10℃を越えていたから、やはり暖かい。幟を出したら、二回の蕎麦打ちを始める前に、米を研いで炊飯器にかけ、コーヒーを入れて今朝の段取りを確認する。天候は晴れだけれど、風がどのくらい強くなるのだろうか。タブレットで天気予報を見るけれど、こんな陽気だからと、750g、500gで14人分の蕎麦を打っておこうと決めるのでした。

蕎麦打ち室の湿度は45%、室温は14℃まで上がっていたので、加水率は46%弱にして、まずは蕎麦を捏ね始める。ちょうど好い硬さで、しっとりとした生地が仕上がりました。でっち上げた蕎麦玉をビニール袋に包んで、寝かせている間に厨房に戻って白菜のお新香を切る。大根のなた漬けもあるから、小鉢は合わせて8人分ほどで足りるだろうと、また蕎麦打ち室に入って、蕎麦を打つ。切りべら28本で130g のいつもと同じ蕎麦が仕上がった。打ち終えて10時20分。

再び厨房に戻って、野菜サラダの具材を刻みながら、ブロッコリーとアスパラを茹でるのです。その日の野菜の太さや大きさによっても茹でる時間は違うけれど、包丁打ちに夢中になって、茹ですぎて使い物にならなくなることもたまにあるから、少し硬めで火を止めて笊に揚げるのがちょうど好い。野菜サラダの盛り付けが終わるのが11時。天麩羅油を鍋に入れて、天つゆの鍋を用意したら、金柑大福を包む作業に入る。開店の10分前にはすべて終了して一休み。

今日は、農産物直売所で、蕗の薹が安く手に入ったから、天せいろのお客には季節の特別サービスで菜の花と蕗の薹を揚げてお出しするつもり。とは言っても、一つ25円ほどの食材だから、またしても天せいろは原価率を更新することになるのです。でも、季節を感じさせる一品は森や畑の自然の中にある霊犀亭では、作って嬉しい食べて美味しいひと品だから、この時期は毎日が春を待つ記念日なのです。暖簾を出せば、すぐにお客様の車が駐車場に入る。

木曜日の常連さんである習志野のご贔屓さんではないとはすぐに判ったけれど、よく見れば、なんと、石垣島から「海のメロディー」のご夫婦がお母様を連れて突然のご来店なのでした。いつも事前に連絡がないままにいらっしゃるから、何のおもてなしも出来ないことが多いのだけれど、今日は時間が早かったから、ヘルシーランチセットも数があって好かったのです。昨年の秋以来、積もる話は尽きないけれど、お互いにFacebookやブログで近況は読んでいる。

今日のニュースは、10年来、海メロに通い続けたお客様と、長年のレジェンドスタッフの結婚話でした。お似合いの二人だとは昔から皆が思っていたけれど、ついにその日が来るのかと春から縁起か好いのでした。北風も収まり、蕎麦日和になって、次々とお客がいらっしたので、お見送りも出来なかったけれど、爽やかな春風が吹き抜けたという感じなのでした。常連さんやご新規さん、平日だというのに10人を越えたのは、やはり春の陽気のお蔭だと思います。

洗い物を溜めずに給仕が出来たから、最後だったお客の若い女性たちが、閉店時間を過ぎても話に夢中になっているのにも、寛容になっていたのです。さすがに、閉店後にデザートを注文しようとしたので、「ラストオーダーの時間は過ぎて、2時で閉店なのですよ」と亭主が一言。家に戻って、今日のデータをパソコンに入れたら、暖かな午後の陽射しを浴びながらひと眠り。夕食後、遅い時間にプールに出掛け、ゆったりとひと泳ぎ。夜まで暖かな一日なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.